千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

ESTA苦手 ・ Fiesta好み

ちょっと米国へ渡航することとなりましてん。ほんと久しぶりの出張渡り鳥なんです。 テロが怖いもんで、ずーっと行かんかったんですけど渡航も複雑になりましたわ。 アメリカ電子渡航認証システム ESTA(えすた) 認証がいるんやて。 強権の女神 あれやこれや…

花梨ジャム 柿ジャム

今年はちっさな、花梨カリンがたんと実ったんです (^<^) で、酒ばっかりにすると肝臓にようないんで ジャムにした 初めて作るは 花梨ジャム ♪ 嵐で転げたカリンちゃん 木にへばりついてるカリンちゃん やんわり採って、たわしでそろそろ洗います 数日お陽ぃさんにひなたぼ…

涙の海を舟進む  養眞-7

心は大切ではないです 厄介者です。 古来、 http://yaemugura.hatenablog.jp/entry/lateautumn と懺悔に詠います ために、目をそらそうと享楽に逃げたり薬物など数あるアラカルトメニューの依存症を選び採ります。 “ 心はものにしたがいてうつりやすし ・・・ …

素材の味

秋晴れの日でした・・・・・ 近所の若夫婦がお茶をしにきましてん ま、喫茶去 近所のお屋敷茶室 気分だけはここ 友人の栗の渋皮煮をもぐもぐお点前サラサラ 「わたしゃ、澱粉系が好きで」と旦さん マルコも、「そうでんなぁ、飯だけでうまい! ちかごろ調味…

音と文字の橋渡し <賢いAI>

スマホで気づきましてん 話しかけると、ほとんど間違いなく聴き取り、検索し、機械語がしゃべってくれます。 今まで間違いは5%以下だったかいな それに感心したもんで、パソコンでも音声入力ありますかいなぁ???って捜索しましてん そしたらGoogle Chrome…

幸福の深み アインシュタイン  養眞-6

ついこないだ、アインシュタインがドイツ語で書いたメモが1.6億円で落札されました。 https://www.washingtonpost.com/news/worldviews/wp/2017/10/24/einstein-scribbled-his-theory-of-happiness-in-place-of-a-tip-it-just-sold-for-more-than-1-million/…

青天井 :若い人へ

売買をする色んな金融商品で節目とか、しこりほぐしはとても大事です。 先ほど話した1990年のバブルで、個人は高値で買いつき苦虫顔で塩漬けしていました。 サソリも苦い 最近ようやく笑顔が戻って、やれやれの売りが大量に出ています。 次の図を見て下さい。…

 帰りなんいざ  養眞-5

歸去來兮 http://bdshirt.hatenablog.com/entry/2017/09/24/081103 学生時代、高名な医学博士が “本来の自分に帰る”といった。 ?でした 千七百年前、五柳先生は歸去來兮 (帰りなんいざ) と品格深い詩を詠った 戦乱時代の勤め、富貴・毀誉褒貶を捨て故郷に戻…

ヒョウタンなまずの楽しみ

よう昼食時に電話勧誘が来ますわ 瓢鯰図 「マルコ宅でよろしかったでしょうか?・・・」「さよです、K証券さんでよろしかったでしょうか」「お時間よろしかったでしょうか?」「あんまし、よろしおまへんかったけど3秒なら」 ・・・「このたびぃ ~長々クドクド~ 」「…

北朝鮮に学ぶ

衆議院選挙の耳だけに響く演説、美辞麗句の練習となりまんなぁ 関西生まれの維新の会、身を切る改革、隗より始めよ・・・を実際やってはるんで そりゃみごと! そやけど、まだ甘い、あまーぃ! 北朝鮮見なはれ、演説中に眠りこけると銃殺刑やで マルコは初日で…

ほらそこに青い鳥

おお昔はたべ物でもササーと食べた。いまでは「マルコぉ、一口一口味わってまんなぁ」といわれる。 そやねん、味わい深くなってきましてん。 こないだ、メーテルリンクの「青い鳥」みたんですわ。 エエ物語ですわなぁ チルチルミチルの素直さも頬が緩むしク…

バブル宴への往復切符 : 若い方へ

≪ お若い人への贈り物でもあり、 日本国の資産防衛術です ≫ ☆☆☆ 歴史は螺旋階段のようにくり返す・・・ 丁度、30年ほど前に吾が世代は平成の大バブルに酔いしれ浮かれておりました。 マルコもヨロヨロしながらも大借り入れして東京の不動産を購入しまくり悦に入…

まるこりゅう 黒枝豆飯

二年ぶりに高熱を出して寝込みました。 仕事のしすぎ で快気祝いに試みた、うまーぃ素食レシピをご紹介。 材料:米と黒枝豆、塩少々 丹波黒枝豆 http://www.hosominouen.com/item/edatuki/?FC=02 イ.黒枝豆を鋏で枝から両端を切り落としまっさ ♪お豆はん、ご…

自然投資

マルコは投資歴だけは長くて半世紀でございます。 浮き沈み大で、ため息吐息嫌気がさしております。 投資ならずとも、人生の中からも、本質は一緒だなぁとため息。 外を見る目と、内を見る目の“鱗”を落とさねばと吐息。 こんなのが張りついてござる http://www.…

中秋のお使い

お使いで来てくれるんは、ええんやどね、 困るなぁ 「一体どないしょ?」 どこからともなく、「まぁ、まかしといて、ヘビ」とご託宣・・・・・ 実は、秋雨後のみごとな中秋名月の日珍しいお方が訪問した。 今日は新米炊くぞと友の玄米を精米しに一階に降りた。 「…

富の托かり方-45 岩井勝次郎              本(もと)立って道拓く

☆君子は財を愛す、これを取るに道有り 財を愛すとは、大切にし生き金として遣うという意味である。 普通は財にとらわれ、貪り貯めこんだり無駄遣いで終わることが多い。 先人には沢山の優れたお人がいて、智恵の限りを尽くし汗水垂らしてきれいに稼ぎ、見事…

まくら

これも枕 http://www.kikuchi-okashi.com/room/cn19/ousamanomakura.html 電車の中も面白い 夕方、隣のボンが吾が細ひざに覆いかぶさって眠てしもた 母親があきれていた こんなと間違えたのか? ヤフオク ベトナムのバスで隣の娘が肩にしなだれて眠ってしもた 向…

平和のユーモア

ある転業農家の奥さんが笑いながらゆうた 『男のロマン、女のフマン』 四五年前に村上ジュンコ女史が云いまんねん 『男捨離』 男と女は別の生きモンだからそれでよろしおまっさ ほいでも、このユーモア オモロイですわな 平和な日本・・・・・・ 動乱・千六百…

天界の花

彼岸花が咲いた 紅と白、くっきり咲いた 赤は天から喜びを 白は見る者の悪業を払いながら 舞いおちる 吉兆の花 MANJUSAKA 中山寺でも芙蓉が咲いた

Crostata di all'albicocca 杏菓子

クロスタータという焼き菓子があると聞いて手にいれましてん。 なんと杏ジャムのタルト。350グラムの重さ。 ♪ 重さで買うマルコ向きです o(^ヮ^)o イタリアからの輸入で直径28センチのでかさ。 ほんのりと酸味がほのぼのやけど、相変わらず隠されず塩あじ。ほら…

あんたも雑種?

秋の七草も http://yaemugura.hatenablog.jp/entry/fullautumn 台風一過とはよういったもんだ。 これ程も輝くんやなぁと感じる朝日のもと散歩 その道すがら中型の犬連れおじさんと挨拶した マルコ「わんちゃん、好奇心一杯ですな」 「ええ、散歩に行くと、草食…

一献 深き秋

♪ BGMは虫の声 ♪ http://yaemugura.hatenablog.jp/entry/fullautumn 死王あす訪ねてこようとも “ そりゃそうとして まあ一杯 ” と 盃酌みかわし 待ってまっせ 王さんこれから大忙しやなぁ とねぎろうて わしゃ、後でもいいワイとごまかして さいならしたい た…

「自分を愛する樹」の実二つ  養眞-4

滋澍 https://amanaimages.com/info/infoRM.aspx?SearchKey=32017000030&GroupCD=0&no=74&brandrm=True&brandrf=True 弓の倶楽部でとても巧みな男がいました。その友人がマルコの枕元に訪ねてきてくれたのは、そう三十年も前のありがたい想い出ですねん。 友は…

バブルの先駈け 暗号通貨

軒先に巣を作ったのは春そのツバメも九月ともなれば電線に寄り集まって相談している そろそろ南にゆきましょか http://kawasemi134.cocolog-wbs.com/kawasemi_no_hitorigoto/368/index.html 野のススキも時計を持たずに秋を感じ穂を立てる 近ごろ巷の話題暗…

秋はゆべしか羅臼のこんぶ

“ ア!マルコさんやぁ! ” と歓声が上がって、なだれ込む子供達 ヒィ、フゥ、みィ・・・六人がヒィ、フゥ、みィ・・・の五匹の金魚とヒィ、フゥ、みィ・・・の五匹の仔金魚をつついたり、餌をやったり 「アア、指かまれた」「なにゆうとん、吸われただけや」「僕が餌やる!」「…

毒消しマレーシ

病院はやまいの院である。長らく観ていると、色々なこころ模様が見えてくる。 病の痛みにのたうつ人、病のすごさを自慢しあう人、病をパスポートにねぐらとするちゃっかりおじさん、盲目になってもこっそりと酒を飲む糖尿はん、夫の浮気妄想でヒステリー入院する富豪…

へちま野郎!

もたもたしていると、自動車から「ヘチマ野郎!」と怒鳴られた。 フン、誰が危なっかしいことするか、と近ごろ思う。 西宮に住んでいた頃、私も幼かった。 南の縁側の棚に、ヘチマ(糸瓜)がぶら下がっていた。 丁度今頃だったろうか、収穫が終わったヘチマを…

肝冷やし

もう涼しくなりましたけれど 冷やす話を・・・ ∞学生時代に、北海道へ行った。 遠路コトコト列車にのり、若者の巣ユースホステルに泊まった。 当時、「○△ユースホステルどっち?」とおじさんに聞きますやろ、返事はきまって、「え?○△ユースホステス?」と鼻下のびてましてん…

 たんぽぽコーヒー

コーヒーを飲み尽くしたので 「よおし、茶を飲み尽くそう!」 と一念発起 探索衛星マルコ号は見つけた・・・ 煎茶各種、粉茶に抹茶、白茶、紅茶にウーロン茶 発見ギムネマ、アンティチョーク茶に柿の葉茶ドクダミ、びわ茶、生姜の茶麦茶、ココア、わからん茶 さ…

 すなお 

素のままが直に出たらすなお 本来の自分が出たらすなお 素材の味わいがすなお すなおな味わい http://osuzu.ja-miyazaki.jp/201506035981.php すなおな人よ尊きかな 自性を尊ぶは幸いなるかな 生の道すがら 失敗は悲嘆と恐れの糸を成功は驕りと無謀の糸を 貧…