千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

変人寄人さあ大変

 マルッ粉

おなじみキナコ マルコには妙な行動が数多くみられる。 晩方九時あたり、部屋は間接照明だから暗がりの中ぶつぶついう “ 父・母からの丈夫な歯よ、きょうも元気にありがトー 足の指も、頑張ってくれた、 手の指も問題起こさず活躍だ そやそや、目玉君も運転…

 成就のお裾分け

近頃マルコは--- 怒ることがへった。 “ たちばな家 ” 伝来の“かんしゃく玉”が湿ってじいさまの武勇伝を継げそうにない すみませぬ それでも分からぬか!!! 聡明な尊者が、しずかに口を開いた。 “あなたの思い通り(のぞみ通り)いかないと怒りが生まれる”…

カボ花サラダ :金沢

もらったプチプランターにせっせと生ゴミを「ご馳走やで」と入れていたら、何とカボチャが芽を出して蔓が伸び広がった。 葱、パプリカ、パセリ、ジャガイモ、花、杏・・押し合いへし合いのプランター 朝カボチャ蔓をみると、見事な花が咲いてる。 ちょうだいね…

徳あるベンチャー魂

マルコがそのベンチャー魂と和やかな人柄を尊敬する人がいる。 かって、パソナグループ南部靖之さんとか、ソフトバンクの孫さんとかと同列に讃えられた大きな人だ。 そのKさんからは独立心旺盛なベンチャー魂を吹き込まれた。 Kさんは正真正銘のベンチャー…

一舌 二頭 三体

★舌で食べる 普通、家庭習慣とか好き嫌いで好みが決まるものだ。グルメを遍歴する人はほとんどこれ。 人ならではの味覚、視・触覚に心地よい食べものを選ぶ。先味、中味、後味があるそうだ 財布勝負のところもある。 ★頭で食べる 科学も素晴らしい成果を上げ…

大周天の祈り

だいぶ前から、祈りの研究もしている。 さる高齢のシスターは、いつも祈って下さる。ありがたいことだ。 ☆マザーの祈り☆ 広大な宇宙は不思議に満ちみちている。 若い頃、マルコに気功を勧めてくれた道修町の社長さんは肝炎で逝かれた。 以来長年にわたって気功…

思い切りの切れ味

カニよ、蟹さんよ チョキン チョキンと きり上手 いまの友人には、けっこうカニ友がいる 思いっきりがいい 加えて、ほかに責任をなするのではなく、どんなに被害があろうと、自らの決定結末として受け入れる。そういう“潔さ”にはすがすがしさを感じて、マル…

いくらでも機会があったのに

学生時代の友人がしんみりいうのにマルコはずきんときた。 「マルコなぁ、おまえいくらでも結婚する機会があったやろに、 あぁァ~~独りはさびしいでぇ」 人の心まで見通す慧眼の持ち主にしんみりひとりごとされると、どう応えてよいかまごまごして、返すことばも…

 毎日が誕生日

掃除は心を清めるもの 整理は心を調えるもの 「ロサンゼルス・こんまり(KonMari)」 金沢へ来てからというもの、毎朝早く起きて付近のゴミ拾いをしている スクワットになるし心を清める呪文行動となるし色んな人と知り合いになれる 心が白紙になると新しく誕…

イタリア国旗食事  ベトナム&オリエンタルホテル東京

豆腐の上に青ネギをのせるその上にケチャップかけて イタリア国旗豆腐 よくやるのがねぇ、イタリア国旗ソフト! 中華料理レストランでイタリア・・・・・ ビュフェでソフトクリームをにょろりと巻いて、上に真っ赤なミニトマトをのせるミントを添えたらいいのだけ…

 マーケットの収奪師

アメリカという国の底力をヒシヒシと感じている。 その国の投資家に人気だった “マーケットの魔術師” という本は十回以上読んだが、身につかない。受けた教育が違うこともある。 現代の市場は戦場だから、余程装備してないとコテンパにやられる。すでにマルコはデリバ…

発想の泉わく、こんこんと カントー/ベトナム

東南アジアではようやるわ!というほど、柔軟だ。 金融広報中央委員会の世論調査にると、老後の生活について心配している層は83.1%もあるとのこと。 その理由は「十分な金融資産がない」が圧倒的で金をよすがとする姿が浮かぶ。 日本では金融庁の公式見解で、…

不要な冷却サービス  マラッカ/マレーシア

“クシャン”が長引いてしまった。 食い過ぎだけ注意すれば腹は快調、中毒しらずの マルコの大敵、頭暑足冷 で不調となった、今回は長く不調でしたワイ 厚い上着、セーター準備万端で防御してもね、バス・ショッピングセンター・飛行機・銀行・ドメトリー宿で冷房にやられる…

 医・薬を知ろう

もしもわが身を大事にしようとおもうなら大まかな先端医療や医薬へのアンテナを磨かないかんなぁと意を強くした。 金沢医科大学の学長補佐の医師と金沢大学副学長の医師が目の覚める講演をしてくれた。 マルコの昼寝時なのに眠気などまったく感じなかった。 人…

四人の来た道

少年時代におなじ中学校へ通っていた同窓生が三人いました。 どうしてか分からないですが、卯月桜の朝、め醒めたらその情景が浮かびました。 きっと呆ける前に記しとけとのお沙汰でしょう。 ∞ 負けず嫌いのKI君、いつも和やかなU君、ユニークなKU君、そしてケロリの…

時は熟成、手順は交代

誰かから聞いた、「パスタは水に浸けてから」というので半年ほど実験してみた。 試行錯誤して、一時間以上水に浸けて柔らかくなったら上げて沸騰した湯にほぐし入れると、すぐにゆであがる。 その味たるや打立て生麺の感触で、パスタのみならずウドン代わりに…

宝物生ゴミ :養眞-16

マルコは生ゴミを大事そうに集めています。 少し貯まったら、早朝の散歩時に花壇に埋めますねん。 ゴミ収集車は助かり、燃やす燃料も減る 何よりも花壇のミミズ君も微生物達も大喜び。 おまけにね、草花や野菜の肥料代が要らないもんね。 アパートの人がよく声か…

泥棒も兄妹

近ごろ、若い異国の人が訪れきて、「やぁ、マルコ兄弟!」って握手してくれる。立派な体格のブラジル系米人と顔色よい米国人青年達でまことににこやかだ。 話は昔に飛んで、地震で神戸の垂水で避難暮らししていた頃 聴いた話---- 竹林と落葉の樹々に囲まれた家…

恋人・夫婦・連合

旅夫妻 Pinterestに、なかなかいけてる画像があった。 「ある母が娘に示した恋人と夫婦とは」というもので皆さんに人気があり、マルコも感心した。 で、それに連れあいを加えてみた それがこの画像 若い頃、“はいそれまでよ!”と別れていろいろ縁を育てようとし…

楽しい黒髪の道連れ

白竹 金沢へ住まいを移したからかよく分からないが、新鮮に啓発される。 今までのつき合いを清算したことも大きいだろう。 先頃、母上を見舞いに神戸を訪問したので、阪神間で昔の友人達とお別れ会をした。 食うのが趣味の人達なのでビュッフェで会った。 これよ…

 気にせん洗濯  :金沢

宝塚では洗濯は二週間に一度ほど。汚さんように脂っ気ひかえたからゆけた 金沢では一ヶ月はたんまり貯め込む ひぇー といわれそうだけど仕方ない てんきご機嫌伺いでそうなる 一日の内にね、曇り-快晴-雨-曇-快晴-雪だからねぇ数日前の真夜中、天地がわれる…

 世界人への道 :金沢

☆ 鈴木大拙師は ! 磨き上げた自由な世界人 ! だから“世界はわが家”と気づいて そないして後・・・ 解き放たれて“世界人”となったそれも自由な世界人 ! “みずから”をたどると人などの根源はつながっている 太古からの贈り物 “おのずから”をたどると 大宇宙の…

ほかほか箱

マルコ式 保温箱を作った。 フライパンが入る大きさの丈夫な箱と内側に貼る断熱プラスティックで完成 ! エネルギー五分の一 マルコ保温箱 上下で一体 中はふんわり温巣 玄米を土鍋でグツグツするとね、火からすぐに下ろして、マル保箱に入れる。放っておくだけで、柔らかく煮終える…

不便よこんにちは

父と母の家を出て金沢に住まいしている。時折母お見舞いがてら手入れをかねて父母のいた家に泊まる。 友人が「俺んとこに泊まれ」と言ってくれるのもありがたいが、誰もいなくて電気やガス水の来ない家はサバイバル体験ができる。 明るくなったら起きて、日…

古いまな板

友の古急須父の古着や子への書母の古まな板やふる飯碗 いく100萬の豪華なものよりゆたかな愛しさあり 美麗の裏に潜む下心高価の裏に潜む欲心 古びた父母や友のものから無私の知恵光無私の慈しみ温もり ふんだんと 新しいすまいを満たしてる 近所の公園に咲く

素直にいきたい

友達が苦労して作った新米を遠路届けてくれた。玄米と白米二つに分けて心遣いが感じられる。 早速白米を炊いたところ、これぞ香ぐわしい匂いと言うにふさわしく、少し蒸らした後は美麗に光っている。 友は海苔の佃煮を乗っけていう ト「今年初めての新米や。…

スマホ 様、様

『スマートフォンのヘビーユーザーは、スマートフォンなしでは、10分以内に不安に苛まれるようになる。ローゼン氏によれば、もしスマートフォンを取り上げられたなら、ほとんどの人が1時間以内に不安になる』という。 米国の話だけれど、日本でも同じだろう…

ガマも一緒   :金沢

牢屋みたいだわん (普通のガマ) 八月、蟇(ガマ)の姫が訴えた 「今年は日照り続きで元気がないわ」 マルコ「そういえばあんた痩せてるなあ」 ガ 「よろよろしてたら、溝にはまって 出れなくなっちゃった ガマ」 ふーんと納得、手にガマをのせて草の茂みにおいてや…

マヴィレット体験記 服用を工夫 八週間目

みまいに来たぞ 目がすぐに疲れる、呼吸が浅くなる、脳みそに霞がかかったよう、足が重くて、よーっこらしょ!といわなくては立ち上がれない。 そう、マルコの現状は20才ほど老けたようなのです。 もともとマルコは病気ではなく、ヨタヨタする性格だと思ってました…

Googleアシスタント

将来人は何をするのだろうか??? 実は戯れにGoogleアシスタントアプリをスマホに入れてみた。 古いスマホ 「はい、どんなご用ですか」 マルコ「金沢の天気は?」「今日は穏やかで現在32度、ずっとかわりません、・・・」 マ「なにができんの?」「こんな事が出来ます。例えば、電話…