千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

来る道、行く道

素直にいきたい

友達が苦労して作った新米を遠路届けてくれた。玄米と白米二つに分けて心遣いが感じられる。 早速白米を炊いたところ、これぞ香ぐわしい匂いと言うにふさわしく、少し蒸らした後は美麗に光っている。 友は海苔の佃煮を乗っけていう ト「今年初めての新米や。…

なさけと愛とを知りぬ   :金沢 

☆ 犀川 ☆ 室生犀星 うつくしき川は流れたりそのほとりに我は住みぬ 春は春、なつはなつの花つける堤に座りて こまやけき本のなさけと愛とを知りぬ いまもその川ながれ美しき微風ととも蒼き波たたへたり 犀川から西を臨む ∞ かそけき音をたてて恵みの水を満々…

イチジク

マルコが 竹林爺様の イチジクを 一つもいだ。珍しい黄緑色イチジュクだ。 爺様は知らないが、神様や天はちゃんと見ている。 マルコには父や母がいて、吾が都合で産まれたのではない。父も母も同じだ。そしてその父母、つまりマルコの爺様も婆様もそういうことだ。 今いる…

マヴィレット体験記 服用を工夫 八週間目

みまいに来たぞ 目がすぐに疲れる、呼吸が浅くなる、脳みそに霞がかかったよう、足が重くて、よーっこらしょ!といわなくては立ち上がれない。 そう、マルコの現状は20才ほど老けたようなのです。 もともとマルコは病気ではなく、ヨタヨタする性格だと思ってました…

 真理(まこと)と慈しみの絆  :養眞13

真理 美しい写真は 真島氏撮影 一隅を照らすもの これくにの宝なり ---寄り道、迷い道の中でマルコは感慨深い縁(えにし)を見つけた・・・ インド洋の真珠と謳われ美しい島国といえばセイロン。今はスリランカ。 サンフランシスコ講和条約時に日本四分割占領案が…

マヴィレット体験記 癌の芽  七週間目

朝靄 肝炎を発症したときと同じくらい しんどいです。 専門用語で「副作用等発現状況」中3%の人に倦怠感がでるというけれど、毎度のことマルコに当てはまった。 やたらとだるい、眠い力が入らない、やるきがおきないのです。 折り返しの今週、尋ねました。 「Dr…

 マヴィレット体験記・便利な服薬サポート 六週間目

副作用の方がしんどいのには恐れ入る。肝炎そのものはなにも差し障りがないのですけどね。 体が重くてだるい。立ち上がるとき「よっこらしょ、ああしんどぉ」頭痛的なボーッとは、ペパミントを嗅ぐと一時だけだがしゃきっとします。 お医者さんは当然肝癌の…

マヴィレット体験記・常識は変識  五週間目

頭痛的なものは軽くなったのか、それとも慣れてきたのか気にならなくなってきました。 しんどさは続く。だるい、気力がまるきり湧きませぬ。食後眠くなり、横になるとうたた寝で風邪を引き、すぐに治る。 注意力がなくなりっぱなしで擦り傷、打ち身が増えて…

 マヴィレット体験記と薬局選び 四週間目

あおぞら薬局 若草店入り口 マルコは軽量級のためか、薬はとても効くのです。 頭痛的なものに加えて、だるくてしんどい日々が続きます。インターフェロン療法に比べるとはるかに楽なのですがいわゆるQOL(生活の質)はまるきりあきません。 腹はとても空きま…

マヴィレット体験記 三週間目

頭痛とだるさは続きます。それが深まるので、慣れ親しもうとは思ってますがしんどいです。 よく分かるよ 眠る前に風呂に入るのがおっくうになり清拭で済ませ、歯磨き中うつらうつらとしコテンと眠ってます。 最初にお伝えしたとおり、寝覚めが早くなり4-5時…

動物的教育 :金沢

魚は? 危いっ!! https://www.makodesign.com/blog/2017/06/28/mechanical-engineering-firm-nature-inspiration/ 神戸の話題としてブログしたことがある。 園児達を二列にして歩ませこうべ保母さんが「はい、信号が青になってから渡りましょう」と仰せなの…

み手の神

手をとりてかさねる吾が掌のつややかさ 骨折に涙する ははゆびの老いは美しく http://tsukitominori.com/antenna/491/ そう、そのてわが身けずる十字の架 ほら背まげて路たどる人々の御手に神やどる

み手のほとけ

施無畏の手 手をとりて重ねる吾が掌のぶこつさよ をんな指は やわらかく ぬくもりなつかしく そう、そのて やくし如来が あの御みの手 施無畏印 奈良美術館 ひとたび触れなば やまいさり 悲しみも癒えゆく ひともいきものも

マヴィレット体験記 二週間目

でかい錠剤を目を白黒させながら2週間飲み続けました。 見ているだけでホット 頭痛やしんどさを感じており、午後はボーッとしついには食後になると眠くて仕方ありません。 もともと、居眠りは得意なのでこっくりと舟を漕いでます。 といいながらも、インターフ…

生活は小さく夢は大きく

都会化すると、人の結びつきが薄くなる。 すると、最終すがるよすがが金にゆきついてしまいます。 ここ金沢は適度の都会で田舎だから過ごしやすいのです。 この地にうまれ育った鈴木大拙師は子供にこんな智恵を伝えていますよ。 大拙先生の “ わしがいう貧乏…

 精一杯     養眞-12 :金沢

会社で席を長年温めたせいもあって、マルコは効利的に生きてしまっている。 効率を求めるため短い時間と少ない資源でできるだけ成果をあげることに専念したのだ。 格好いいなぁ トテモトテモ及ばん・・・ あるときは睡眠時間を削り四時間にしてたくさんの仕事をこなす…

 マヴィレット体験記 7日目

毎朝、お医者の指示通り大きな錠剤を三粒呑み込んでます。 http://yaemugura.hatenablog.jp/entry/lovelykittens 文字と錠剤はマルコ加工です 軽い頭痛がする。いつもだけれどそれが、気温急降下によるものか薬のせいなのか分からない。 倦怠感が少しあり、…

さらば肝炎君

マルコの人生で長いつき合いだった肝炎君と別れが近づいてきたようだ。 吾が日本国では例がないらしいジェノタイプⅢ-a、bとレッテルがつくへんてこ、珍品、国宝級のタイプだ。 (ジェノタイプ=遺伝子型 Ⅲ-a、bは変人型 Oo..... ) どんな治療もこのウイルス君に…

先敬後慈    養眞-11  長文

私の母上が狂っていってしまった。そのきっかけは、どう見ても私が母との約束を破ったからです。 施設に入れられた母のただ一つの望みは自宅に帰ることでした。母から「守っていてね。花を手入れしてね、金魚も」といわれ「今度はいつ連れて帰ってくれるの」…

竹はサワサワ、柳は緑

朝日で目覚める心地よさ これぞ闇夜の贈りもの 新居あたりは、もと竹林が続く原野でおましたベランダから日ごと増える竹の子達がおはようさん きのうは小学生の兄弟が撫でましたわ ひときわ若芽が輝く柳の木がすうーぅと一本、雀たちがさえずり、カラスが舞…

 お芋はおいしいなぁ!

父と母がよく懐かしんでましたわ。 「あんたら芋くったら、嬉しげにゆうてたよ、 “お芋はおいしいなぁ! ” って」 マ「へぇ~、今でもうまいよ」 「そしてね、公園にふかし芋が一切れ落ちてて “ おいも、おいも ” と指さして動かなかったわ」 と目を細めてま…

あっさりこだわりは新誕生へ

ゴミ出しの時に近所の子らのお母さんから声がかかった 「マルコいつもありがと、うるさいでしょ」 マ「いえ~エ、子らの歓声が何よりです」 「いつも会いに行ったり、金魚を見たりするのを楽しみにしてます」 マ「それはそれは・・・ そろそろ遠くに引っ越し…

若い人々よ、可能性を大空へ   養眞-10

可能性を開くやかた 学生の時熱心に読んだ書物で、今なおよく覚えている言葉があります。 九大・池見酉次郎先生の『本来の自己に戻る』同様に別の本で『広々した真心で、よく生きる』というのもありました。 当時は何のことか分かりませんでした。 半世紀ほど…

すうっーとやる :北陸

“単純なことをすうっーとやるんだ” 鈴木大拙の教えである。 鈴木大拙館の壁に掲げてある書 “ 常行直心 ” の意とするところ。 これが凡人の私どもにはなかなかできないことだ。あれこれ考えあぐね、心配したり、人の目を気にしたり、いい格好の欲、損得が出た…

 単純な事が実行できない:ハワイ

チャイナタウンの禅寺での 難しい漢字 大阪弁でまとめてみたらなんやら、迫力がのうなった・・・ わぁるいことはしなさんな よいことをやりまひょ こころきよめてなぁ 釈尊のさとし この世は大変簡素です 簡素だけど、実行はほんま!! むつかしゅうございますわなぁ …

世を支えるオウムの涙

市の『生活支援活動』の交流会へ雪ん中ゆきましてん。 ついでに、母の口座の手続きしに金融機関に寄ったんで、“ 疑い面 ” のマニュアル対応で、爆竹パチンとはぜましたわ 修行未熟でんねん・・・・ このサイコロトーク いろいろ応用できまっせ 市の交流会ではワールドカフェ ( …

 人は変わり難く、同じ事をくり返す :ハワイ

ネクタイの高僧 バフェットどん アメリカのウオーレン・バフェット( Warren Edward Buffett)にして、こんなことを言わしめています。 ∞ 「あなたは他の人達から多くのことを学ぶことができる。 実際もしあなたが他の人たちから根本的なことを学べるなら 自分で多くの…

高齢銘記術

このところ 、いつでも思い出せそして意識できるようにする銘記術を工夫しておりまする もともと暗記物に不得手なマルコですから普通のやり方では20分後にはすべて忘れておるんですわ 初心に戻ることもあって、新しいものを心の奥深く明記 方法です まず自分…

初心に戻る

昨年は 脚下を看よ つまり、足元を見なさい自分を知れということでした。 今年は 初心に戻る です 正直に誠実に発心する初心は単純明快で清々しいものです。 思い起こしますと先人たち祖父母、両親、兄弟、友人、教え育んでくださった先生方、上司の賜物が現…

勉学修行三昧

正月からTVも電話もラジオ、来客遮断して、 食事の時間も勉強修行してますねん あと時間が限られているからでっさ 40-50年前よりも、頑張ってる 養眞(マルコ戒名)に沿う修行、ほんま、理屈やないもんで悔いばっかしや 千年構想の種まきも、視点まるきし変えました…