千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

来る道、行く道

先敬後慈    養眞-11  長文

私の母上が狂っていってしまった。そのきっかけは、どう見ても私が母との約束を破ったからです。 施設に入れられた母のただ一つの望みは自宅に帰ることでした。母から「守っていてね。花を手入れしてね、金魚も」といわれ「今度はいつ連れて帰ってくれるの」…

竹はサワサワ、柳は緑

朝日で目覚める心地よさ これぞ闇夜の贈りもの 新居あたりは、もと竹林が続く原野でおましたベランダから日ごと増える竹の子達がおはようさん きのうは小学生の兄弟が撫でましたわ ひときわ若芽が輝く柳の木がすうーぅと一本、雀たちがさえずり、カラスが舞…

 お芋はおいしいなぁ!

父と母がよく懐かしんでましたわ。 「あんたら芋くったら、嬉しげにゆうてたよ、 “お芋はおいしいなぁ! ” って」 マ「へぇ~、今でもうまいよ」 「そしてね、公園にふかし芋が一切れ落ちてて “ おいも、おいも ” と指さして動かなかったわ」 と目を細めてま…

あっさりこだわりは新誕生へ

ゴミ出しの時に近所の子らのお母さんから声がかかった 「マルコいつもありがと、うるさいでしょ」 マ「いえ~エ、子らの歓声が何よりです」 「いつも会いに行ったり、金魚を見たりするのを楽しみにしてます」 マ「それはそれは・・・ そろそろ遠くに引っ越し…

若い人々よ、可能性を大空へ   養眞-10

可能性を開くやかた 学生の時熱心に読んだ書物で、今なおよく覚えている言葉があります。 九大・池見酉次郎先生の『本来の自己に戻る』同様に別の本で『広々した真心で、よく生きる』というのもありました。 当時は何のことか分かりませんでした。 半世紀ほど…

すうっーとやる :北陸

“単純なことをすうっーとやるんだ” 鈴木大拙の教えである。 鈴木大拙館の壁に掲げてある書 “ 常行直心 ” の意とするところ。 これが凡人の私どもにはなかなかできないことだ。あれこれ考えあぐね、心配したり、人の目を気にしたり、いい格好の欲、損得が出た…

 単純な事が実行できない:ハワイ

チャイナタウンの禅寺での 難しい漢字 大阪弁でまとめてみたらなんやら、迫力がのうなった・・・ わぁるいことはしなさんな よいことをやりまひょ こころきよめてなぁ 釈尊のさとし この世は大変簡素です 簡素だけど、実行はほんま!! むつかしゅうございますわなぁ …

世を支えるオウムの涙

市の『生活支援活動』の交流会へ雪ん中ゆきましてん。 ついでに、母の口座の手続きしに金融機関に寄ったんで、“ 疑い面 ” のマニュアル対応で、爆竹パチンとはぜましたわ 修行未熟でんねん・・・・ このサイコロトーク いろいろ応用できまっせ 市の交流会ではワールドカフェ ( …

 人は変わり難く、同じ事をくり返す :ハワイ

ネクタイの高僧 バフェットどん アメリカのウオーレン・バフェット( Warren Edward Buffett)にして、こんなことを言わしめています。 ∞ 「あなたは他の人達から多くのことを学ぶことができる。 実際もしあなたが他の人たちから根本的なことを学べるなら 自分で多くの…

高齢銘記術

このところ 、いつでも思い出せそして意識できるようにする銘記術を工夫しておりまする もともと暗記物に不得手なマルコですから普通のやり方では20分後にはすべて忘れておるんですわ 初心に戻ることもあって、新しいものを心の奥深く明記 方法です まず自分…

初心に戻る

昨年は 脚下を看よ つまり、足元を見なさい自分を知れということでした。 今年は 初心に戻る です 正直に誠実に発心する初心は単純明快で清々しいものです。 思い起こしますと先人たち祖父母、両親、兄弟、友人、教え育んでくださった先生方、上司の賜物が現…

勉学修行三昧

正月からTVも電話もラジオ、来客遮断して、 食事の時間も勉強修行してますねん あと時間が限られているからでっさ 40-50年前よりも、頑張ってる 養眞(マルコ戒名)に沿う修行、ほんま、理屈やないもんで悔いばっかしや 千年構想の種まきも、視点まるきし変えました…

 カメどん :ハワイ

カメの楽園 ハワイのコーヒー かめどんはうさやんからからかわれてお山の麓まで競争しました うさやんはマルコのように昼寝をして負けました 気を許して油断したら負けまっせと人々はいいまする うさやんが負けてしもうたのはカメドンをいつも見ていたからで…

父たちよ母たちよ-Ⅱ :ハワイ

そんなこんなで、今回の米国出張には母との約束を少しでも果たすのがありま してん。 かって、「母を楽園ハワイ堪能」企画をしたんです。なぜなら、ハワイだけは行ってなかったからですわ母「お父さんがねぇ、“あんなとこ!”ってバカにして連れってってくれ…

父たちよ母たちよ-Ⅰ :ハワイ

子を護る ハワイ大学の近くの宿舎で朝食を作って食べてましてん。大きな大きなマグカップにふと目がいき、そこに天使と英語の詩があるのに気づいたんです。 」 Guardian Angel Angel of God, my Guardian dear,to whom His love commits me here,ever this d…

投資の落とし穴を越えましょう:タカタから学ぶ

ご存知タカタは最大の負債1.7兆円(見込)を抱えて民事再生法適用となりました。事業も投資も、人生も突き詰めると全く同じです 米国ADRのタカタ株の凋落・・・・60$→0.48 人それぞれの学びがあるのでしょうが、マルコの半世紀の反省をこめた見方をご披露します。 そ…

慎み  養眞-8

たとえそれを 神とよぼうとも 天といおうと 自性とみつけようと 大いなるものを感じて 素直な心で、身を慎む姿は きよらで美しい 名づけなくても美 http://sizenmusa.hatenablog.com/

涙の海を舟進む  養眞-7

心は大切ではないです 厄介者です。 古来、 http://yaemugura.hatenablog.jp/entry/lateautumn と懺悔に詠います ために、目をそらそうと享楽に逃げたり薬物など数あるアラカルトメニューの依存症を選び採ります。 “ 心はものにしたがいてうつりやすし ・・・ …

幸福の深み アインシュタイン  養眞-6

ついこないだ、アインシュタインがドイツ語で書いたメモが1.6億円で落札されました。 https://www.washingtonpost.com/news/worldviews/wp/2017/10/24/einstein-scribbled-his-theory-of-happiness-in-place-of-a-tip-it-just-sold-for-more-than-1-million/…

 帰りなんいざ  養眞-5

歸去來兮 http://bdshirt.hatenablog.com/entry/2017/09/24/081103 学生時代、高名な医学博士が “本来の自分に帰る”といった。 ?でした 千七百年前、五柳先生は歸去來兮 (帰りなんいざ) と品格深い詩を詠った 戦乱時代の勤め、富貴・毀誉褒貶を捨て故郷に戻…

ほらそこに青い鳥

おお昔はたべ物でもササーと食べた。いまでは「マルコぉ、一口一口味わってまんなぁ」といわれる。 そやねん、味わい深くなってきましてん。 こないだ、メーテルリンクの「青い鳥」みたんですわ。 エエ物語ですわなぁ チルチルミチルの素直さも頬が緩むしク…

まくら

これも枕 http://www.kikuchi-okashi.com/room/cn19/ousamanomakura.html 電車の中も面白い 夕方、隣のボンが吾が細ひざに覆いかぶさって眠てしもた 母親があきれていた こんなと間違えたのか? ヤフオク ベトナムのバスで隣の娘が肩にしなだれて眠ってしもた 向…

「自分を愛する樹」の実二つ  養眞-4

滋澍 https://amanaimages.com/info/infoRM.aspx?SearchKey=32017000030&GroupCD=0&no=74&brandrm=True&brandrf=True 弓の倶楽部でとても巧みな男がいました。その友人がマルコの枕元に訪ねてきてくれたのは、そう三十年も前のありがたい想い出ですねん。 友は…

 すなお 

素のままが直に出たらすなお 本来の自分が出たらすなお 素材の味わいがすなお すなおな味わい http://osuzu.ja-miyazaki.jp/201506035981.php すなおな人よ尊きかな 自性を尊ぶは幸いなるかな 生の道すがら 失敗は悲嘆と恐れの糸を成功は驕りと無謀の糸を 貧…

 芽ぐみ  養眞-3

仕合わせは、きっかけとか条件ですねん。 他の何ものかに命を与えたり 命の成長を助けることが『 (春の)芽ぐみ 』 それを素直に受けとめて活かすかは本人次第。 ほんま・・・・天はもれなく恵み もれなく見てはりますなぁ 養眞

そりゃ、気が違ぅてる

人知に長けた友人が マルコを開眼・開放してくれはった。 六月七日に記したように大昔、「アンタが死ねばよかったのに!」と云われたことを告げると・・・ 眼をくるくると巡らせてたあとやんわり確信に満ちた言葉一つ。 「そりゃ、気ぃ違ぅとるで!」 「はぁ?」…

 人生の摂理  養眞-2

春は美味 思春甘く 夏苦し 思秋からく 秋渋し 冬いたりなば ダイヤモンドダスト (細氷) 味ぞよし 口を開けるだけ https://blogs.yahoo.co.jp/kankitiao/8169338.html 暑い日々、写真で涼しゅうなって 養眞

無為無難

いつも野菜を交換する近所のご婦人にオクラを届け、音楽会へと向かおうと、急な坂道で向きを変え損なってこけた。 スクータの下敷きになってヒーヒーゆうた。アァ~ぁとつぶやき、音楽会へ直行をやめて自宅に戻って大きな絆創膏を貼った。寛ぎの音楽会へと再…

真珠貝のひと 養眞-1

目だたない貝 http://www3.famille.ne.jp/~ochi/shinju/01-akoya-karada.html 佐藤真珠より 世に真珠を抱く人あり あこがれる 養眞

仲良し肝炎

若い頃にC型肝炎に導かれ、河のほとりまで行き、脱衣婆に追い返された。 肝硬変→肝がんコース ♪ 生んのもしんどいなぁとお医者さまに冗談メールをおくりましてん。∞ 拝啓 ----マルコは20年以上前から肝炎ウイルス達と和解協定を結んでます。「あんたら、ギョー…