千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

毎日が誕生日

ひよこ    Vinh(ヴィン)/ベトナム

ヴィンは建国の父・ホーチミンが誕生した所で、廟にお参りするため滞在した。 駅から近くのホテルから早朝散歩する。あちこち回って地元の人々とかかわって歩いているとピーピーと音がする。 みると、黄色いひよこが黄色い声で鳴いている。 鶏のひよこよりで…

いくらでも機会があったのに

学生時代の友人がしんみりいうのにマルコはずきんときた。 「マルコなぁ、おまえいくらでも結婚する機会があったやろに、 あぁァ~~独りはさびしいでぇ」 人の心まで見通す慧眼の持ち主にしんみりひとりごとされると、どう応えてよいかまごまごして、返すことばも…

ジョーク  :犬型と猫型

犬: ワン! わん!この家の人たちは、餌をくれるし、愛してくれるし、気持ちのいい暖かいすみかをくれるし、可愛がってくれるし、よく世話をしてくれる・・・。この家の人たちは神に違いない! https://dog.benesse.ne.jp/lovedog/content/?id=16611 猫: …

 毎日が誕生日

掃除は心を清めるもの 整理は心を調えるもの 「ロサンゼルス・こんまり(KonMari)」 金沢へ来てからというもの、毎朝早く起きて付近のゴミ拾いをしている スクワットになるし心を清める呪文行動となるし色んな人と知り合いになれる 心が白紙になると新しく誕…

Tradeからtra道へ

ハワイ ビッグアイランド ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード学校を出て就職し、社会をきょろきょろ観察して決めたことがある。 一生懸命仕事に打ち込んで、腕を磨く。 それに加えて、貯金したものを金融資産に換えて増やすというあくまでも生活の経済面での方針だ。 祖父…

マヴィレット体験記・最終回 :服用終了後六ヶ月目経過ウイルス検出せず

Y(^^) 肝炎治療の報告を忘れておりました (^^)Y マヴィレット服用が終了して半年は治ったかどうか判定できない、ということでずっとおとなしく過ごしていました。 服用終了後、六ヶ月経ってウイルスが検出されないなら一応晴れて治ったとみなされるとのこと。…

さぎ繁殖

ブラジルでは穀物もコーヒーや砂糖が豊作で、ながらく値が下がっている。 日本では詐欺師がたんと繁殖しているようで身近な人々が被害に遭っている。 Kさんは経理社員に億単位持ち逃げされたという。シスターMさんは幼稚園を任せ、猫ばばされたと嘆いてる。事…

マルコの無分別

人間の世も奥深いなぁ 日本国内でさえ、多くのことがあって マルコには分別できない。 またまた食のことだけれど、 むかしからウナギのひまつぶしって何やねん??? と無知さをさらしていた。 *1 https://lowch.com/archives/9232 そうか・・・庶民的鰻重か…

 ラジカル<radical>への憧れ  :養眞-19

世界中のあちこちで、「ああだ、こうだ」「それはおかしい!」「いやもっともっと」と騒ぎ立つ。 皮相的ですぐに移ろい変わる事柄や言葉に目くじらを立てたり動揺したりする それが世間というものだ。 鈴木大拙館でとても学ぶことがあった。 エーリッヒ・フ…

お気に入りの豪華な安宿

大昔にパック旅行に参加して、その忙しさに目が回った。じっくり過ごしたい所でも、サァーっとみて次に行く。 こうした勤勉観光をやめて、一箇所にずっとおって人々の生活を見るぐーたら出張をしている。 ある若者がいった「マルコ、僕はね そこにいるだけで…

春そこかしこ   :金沢

暑くなったと厚着をやめたら 急速冷凍であられが降った。 同じ所によく来るオナガドリ三羽は風邪もひかず 早朝元気にマルコを見下ろしている。 苔にも花さく あかんぼう芽 高貴な木蓮 近くのじいさまも、竹林の手入れを始めた。

 愛とお金が欲しい

関東の友人が電話で力を込めていった 「愛とお金が欲しい!」 事業で成功したお人だ。 ------大拙の世界----何と 世界は広く 心は深く 智慧の高みは限りないことか ------現実---------何と 目先狭く 心の闇深く 愛執は限りないことか 訪問して教えてくれる…

 仮想通貨のコールド・ウオレット

半年余り前から、試みに仮想通貨を積み立てしている。 毎月17日に定額の購入だ。 さて仮想通貨はマスコミで散々叩かれたから、着服とか流出を防ぐコールド・ウオレットを申し込んだ。 よう分からんが、どうやら次のようなものらしい。 ・atmカードのようなもの…

 医・薬を知ろう

もしもわが身を大事にしようとおもうなら大まかな先端医療や医薬へのアンテナを磨かないかんなぁと意を強くした。 金沢医科大学の学長補佐の医師と金沢大学副学長の医師が目の覚める講演をしてくれた。 マルコの昼寝時なのに眠気などまったく感じなかった。 人…

時は熟成、手順は交代

誰かから聞いた、「パスタは水に浸けてから」というので半年ほど実験してみた。 試行錯誤して、一時間以上水に浸けて柔らかくなったら上げて沸騰した湯にほぐし入れると、すぐにゆであがる。 その味たるや打立て生麺の感触で、パスタのみならずウドン代わりに…

恩返しから恩回しへ

昔から不思議に思っていた。 何かというと、ギブアンドテイクの煩わしさと陥りがちの卑しさである。 よろしゅう 会社にいた若い頃だった、ある上司が嬉しそうににたっと笑った。 「マルコよ、これ結婚祝いや、ええやろ 倍返しやでぇ!」 金一封をくれたのは…

桜    :金沢

くいしんぼ、マルコ もうすぐさくら咲く 知人と犀川で弁当ぶら下げて、ハナミ予定 霊峰白山は白雪化粧

鳥や草花 :金沢

朝体操しているといつもキジバトやらカラス、尾長鳥が見ている https://green.ap.teacup.com/wbsjkyoto/1322.html ことばなくても虫も草も朝の挨拶をしている 帰宅するといつも数少ない花が出迎えてくれる 満開セントポーリア 犬っころを飼いたいなぁ ご近所さんか…

めぐみあるもの

いまあるものを、なんでもいただく話です。 久しぶりに近江町市場に出向いたら若い衆と目があって 若「おっさん、半額でどうだ!」マ「もらいまっさ」 でアジを手に入れた。 寒い中64匹のかわいい三円豆鰺がぶら下がった。おまけに、二匹のイワシまで肩身せまげ…

 わらい届く :金沢

天使は笑わんそうな・・・ 悪魔は口であざ笑う 大人は顔で笑う 幼な子は身と心一如で笑いこぼれる いきとし生けるもの天地とともに深々笑う 陽差しの春をめざとく感じた白山連峰 “やま笑う”と昔の人が感じた。 https://profile.ameba.jp/ameba/wishofmat や…

干し柿と爺さま語り部 :金沢

隣の大家さん爺様に干し柿を持って行った。小さな小さな5個で、白い粉を吹いている。 ちょっと背を曲げながら 出てきたじい様がゆう J「前に頂いたはっさく、酸味だけじゃのうて 甘さもたくさんあって美味しかったよ」マルコ「そりゃよかった 今日はじい様の竹…

 なじみ :金沢

雪見しながらお茶をいれる ふと、急須の移ろいに気づいた。 器用な友人がマルコ用にくれた手造りの焼き物だ。 Y「きみはひとりもんやから、これがええわ」 マ 「なんと安定感のあるかわいい急須!」 Y「これはな、お客さんが来たとき用」 マ 「なんと握り具合の…

楽しい黒髪の道連れ

白竹 金沢へ住まいを移したからかよく分からないが、新鮮に啓発される。 今までのつき合いを清算したことも大きいだろう。 先頃、母上を見舞いに神戸を訪問したので、阪神間で昔の友人達とお別れ会をした。 食うのが趣味の人達なのでビュッフェで会った。 これよ…

 山椒酒

睦月は如月へとバトンを渡す 屠蘇器と大・中・小の三つ重ねの盃マルコの昔から花筏の塗り器を箱に収めた。 いいものだった 屠蘇も屠蘇気分もしみじみと。 屠蘇散にはみかんの皮や山椒、クローブ、シナモンなどが含まれている。 屠蘇の味からヒントを得たのだ…

 気にせん洗濯  :金沢

宝塚では洗濯は二週間に一度ほど。汚さんように脂っ気ひかえたからゆけた 金沢では一ヶ月はたんまり貯め込む ひぇー といわれそうだけど仕方ない てんきご機嫌伺いでそうなる 一日の内にね、曇り-快晴-雨-曇-快晴-雪だからねぇ数日前の真夜中、天地がわれる…

振るまい福袋

正月に不思議なことが起きた。 映画を見に図書館にでむいた。 宝塚のおばあちゃんからいただいたホカホカの耳当て白帽子を被ってハデハデ格好だ。 その図書館で「本の福袋」を発見した。 売ってるのかいなぁ?と思えるほど立派。 にこやか職員に聞くと「いい…

今年のもくろみ

いのりあれこれしてしまうマルコの今年は的を絞る。 もちろん父からの遺言 “ 養眞 ” をいつも意識しながらだけど。 前回投稿した“世界人”となるために ◎足腰尻鍛え 筋トレ ◎根っこ日本人 毛筆・茶点 ◎羽を手入れし渡り鳥 千年構想種まき なんのことやら分からな…

 世界人への道 :金沢

☆ 鈴木大拙師は ! 磨き上げた自由な世界人 ! だから“世界はわが家”と気づいて そないして後・・・ 解き放たれて“世界人”となったそれも自由な世界人 ! “みずから”をたどると人などの根源はつながっている 太古からの贈り物 “おのずから”をたどると 大宇宙の…

地震雷火事親父

年末に友人のソレイユ尊者が金沢竹林亭に泊まった。 ちょいと早い、お屠蘇気分で ソ「今年はね、マルコ 地震カミナリ火事オヤジ・・」 マ「え?」 ソ「茨木は地震やし雷は鳴る、こないだ家の近くで火事、 百五才の父は手術なんかでテンヤワンヤ」 マ「ファヒャ…

 よしのとし

<写真は追って加えます> 新年おめでとうございます。 元日は朝5時から目が覚めて外は足跡一つない雪景色でした。 28日 この残り雪 竹林を巡り朝の体操を終えてから年の初めのマルコ金沢雑煮をいただきお屠蘇もたっぷりと飲みました。 八時過ぎ金沢で初めての初…