千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

渡り鳥がゆく

古都  花筒

梅雨空は緑の趣を味わえる 嵐山を歩いていてふと目にしたのが民家の玄関 丁寧に 雅心で 外国人が観光で道に溢れているが少し離れると閑かで落ちついたたたずまいが、千年の歴史の洗練が、ここかしこにある ここは民家です、玄関で座りこまんといておくれやす…

ちゃらんぽらんとマニュアル行動

アジアの柔軟さに触れたら、肩の荷が下りますなぁベトナムのことですわ ーーー 歩道をトコトコ歩いてたら、 おや、まあぁ!!! 歩道上をバイクの列が向かってくる! 目を丸くしてたら、何と器用な うまく避けてくれ走り去った。 赤信号でバイクの大津波をク…

陛下&ミッチーと大使

招待状が来たから、あわてて東京出張を手配しましてん。名にしおう代官山にある、デンマーク大使館へ直行!夕刻、大使のMr.Svaneが出迎えてくれた。 Wellcome!「遠くからようこそ」(日本語で助かりました)「おたく、日本語うまいでんなぁ」「インド語、ドイ…

聖地

夕闇に凍える南禅寺スギゴケ岩の向こうには多くの塔頭(たっちゅう*)軒連ね障子の灯火ひとつ明るく温かく若き日、父や母住み夢育んだ聖地の道辿るああ、なつかしく、なつかしく *塔頭:大寺院の中にある、記念塔や庵などの小院 本堂 道場 疎水道 また散策し…

寄り添う若者達

京都嵯峨野へ墓参りに出かけた。極寒が少し緩んで、うららかなお日より。お参り後、岡﨑公園のロームシアターへ行くため、93系統のバスに乗った四十分ほどのバス中で地元の生活が見ることが楽しみだ。車椅子の人を乗せるとき、ワンマンカーの運転手どんがどんなに奮闘するか…

冒険少年のほのぼの

父が残した高枝切りバサミを担いで山に入り、渋柿を28っこ採ってきた。珠々だけど、皮むきついでにTVをつけたらおもろうて、そっちに集中し最後まで見てしまった。 冒険少年 脱出島 in インドネシア! http://www.tbs.co.jp/iamboukensyounen/2対2のタッグ…

歴史を乗り越えた髭 

ベトナムの保養地で有名な“ ダラット DaLat ”。ハネムーンに人気があるという。高原で程よい気温、満瑠壺好みの場所だ。テーブルに南国の果物とホー(ベトナム麺)、左手にバンミー(ベトナムサンド),そして右手には桑の実(マロウ)も混ざった葡萄酒。最高のひと時現地の酒…

渡り鳥がゆく < シンガポールモデル > シンガポールの国土は東京23区と同程度で、人口も日本の4%弱と国力としては決して恵まれてはいない。けれど、日本より国民所得は大きい。2015年で、シンガポールは三位、日本は十七位。 故リークァンユー首相が構想を植えた以下…

渡り鳥がゆく < 蟻と人 5/27;マレーシア > お茶を飲みつつ、何もしない足元に蟻がいた。眼鏡がないと見過ごす小ささだ 1ミリ以下の小ささ せわしく駈け回っているオリンピックなら金メダル級のスピードだ目を向こうに転じると、人が歩いてるゆったり左右に…

渡り鳥がゆく < 美しい大和撫子:マレーシア > 声さえ やまとなでしこだま仕草の美しさ所作の柔らかさアジアに特長だその中でも秀でて日本の女は美しい。 帯は渡り鳥 派手さはないけれどおくゆかしさを秘め相手をふんわりつつみこむそんな日本のおなごはみんな…

渡り鳥がゆく < カヤ(KAYA)ジャム : シンガポール> スプレットの1種という緑色の「カヤジャム」。ココナッツミルクに卵と砂糖をこねこね混ぜて、“パンダンリーフ(ニオイタコノキの葉)”という香りや色つけに使用されるハーブを炊き込んだジャムです。パンダン…

渡り鳥がゆく < ガリバー線香6/22 : シンガポール> 宿泊所のすぐ横に、禅寺か密教寺か念仏寺のようなものがある。なんと、ブータンでは普通のマニ車まである。 まわるまわる マニ車 ケチ満瑠壺は無料の長い線香を奉納した。有料のは太めの三本仕立て、高額のは長…

毎日が誕生日< ATMは満瑠壺カードがお好き:シンガポール > パスポートだけで出金出来る!これは驚きだった。∞2年ぶりにATMカードを使った。 ほとんどが同じ格好 機械が生意気に英語で、expireなんとか記しカードを返してくれなかった。余程マルコのカードがうまか…

渡り鳥がゆく < Dream Lodge 小指の思い出 : シンガポール> 大昔、伊東ゆかりが悩ましげにうたった『小指の思い出』マルコは悩ましげに反省する『小指のうずき』宿泊所の階段で滑った。アッと左手を手摺りに、とバランス感よいマルコは手を出したが、間に合わ…

渡り鳥がゆく <三色丼6/19 : シンガポール> ジョホールバル-から陸路シンガポール入りした。なんと、ホテルから4分のところからバスに乗るだけ。慣れれば簡単なことだ。慣れなくても人の後をついて行くとすぐ分かる。宿に着いたら、シャワーを浴びてお茶を飲み昼寝した。ロ…

渡り鳥がゆく < みんな家族さ 6/19 :マレーシア ジョホールバル > アジアの先端を走るシンガポールを目指して渡り鳥満瑠壺は飛んだ。直接行くと高いので、マレーシアのジョホール/バル(Johore Bahru)Senai International Airportにバタバタ飛んで、そこで一泊してから陸路…

渡り鳥がゆく < 特別扱い :ベトナム > 特別お気に入り 水 「貴女だけに、特別・・・」これは、殺し文句の一つである貴女だけを愛してる貴女だけ、今だけ、残り一つだけ思い込みをつくり上げられた後裏切られたときは惨めである『特別扱いを期待してはなりませぬ…

渡り鳥がゆく <再見Myさん 再見Vietnam :ベトナム> アーティチョークのお茶 ホーチミンの郊外に住むMyさんに電話した。「バイクにぶつかったよ」「マルコ、痛かったろう」「うん、でもね生きてるから又会える」「フライトは?」「明日朝の8時なんよ」「そうか、体大事になさ…

変人寄人さあ大変 <Visa PayWave:マレーシア・シンガポール> マレーシア銀行のATMデビットカードがVisa PayWave化した。なんと有効化したクレジットカードにもあった。MasterCardだからPayPassというらしい。シンガポールでもだった。なんやろ??特徴は二つ・コンタクトレス(非接触型)…

毎日が誕生日 < 初恋の精算 :ベトナム Tay Ninh > マルコには変な癖があって、病気で苦しんでいるとき、昔や前世が蘇る。少年時代高熱が出ると夢にでる光景は決まって“それ!進めぇ!!!”と馬にまたがって敵を攻めている光景だった。 もののふは死を恐れず …

毎日が誕生日 < ベトナム Visa-2:ベトナム ホーチミン > さて本題のvisa 入国許可証明Visaについてである。昨年初めにベトナム入出国の決まりが変わり、複雑になった。最も訳の分からんものは、入国の際「往復航空券又は、第三国への航空券が必要です」の部分。マル…

毎日が誕生日 < ベトナム Visa-1:ベトナム ホーチミン > ベトナムでは15日以内の観光、業務目的だったら、査証ナシで入国できる。四週間ほどは滞在したいのでビザ取得はどうしたらいいの?とホテルの受付に聞いた。しばらくして、受付がいった「いま、サイト見て…

渡り鳥がゆく < ステーキを売るな :ベトナム ホーチミン > 部屋に西洋のお人が大勢入ってきた男達は肉付き素晴らしく、女達は脂付き素晴らしかった。中国の若者と顔をみあわせた。女達のしゃべり声のけたたましいことと。若者は出て行ったマルコは耳栓をしたしゃ…

来る道、行く道 < 見守りと行動のありがたさ :ベトナム> 高みの見物いらない! おしん すずは「同情するなら金をくれ!!!」と吐き捨てるように言った。全くその通りである。「大丈夫ですか」ともよく聞く 大丈夫じゃないから、へたり込む。見たら分かるは…

渡り鳥がゆく < あめふりホテル6/16 :ベトナム ホーチミン > 田舎の酷暑からたどり着いたホーチミンがなんだか涼しく感じる。午後には宿舎に戻って、シャワーを浴びてくつろいだ。英国の若いカップルは先ほど起き、これから市内見物だとか。きしくも黒雲湧き上が…

渡り鳥がゆく < さよなら、アンノンテイ 6/15 :ベトナム An Nhon Tay > 空はうろこ雲で美しい気功をしてますます爽やかになった。今日はね、最後の滞在日。ようやく地元になれて、多くの人々と知り合いになったのにね。馴染みの店にバンミーを買に行ったら、お姉ちゃ…

渡り鳥がゆく < 続・訳の分からん商売 :ベトナム > 現代風アオザイ あれは一体いつ頃だったろうかベトナムのタンソニアット国際空港へいった帰り、バスの中でボツッっと「暑ぅ!」と呟いたら、後ろの初老の人が嬉しそうに「日本人ですか?」と話しかけてきた。あ、やっかい…

渡り鳥がゆく < 訳の分からん商売 :ベトナム An Nhon Tay アンノン亭> 安穏亭銀座で、早朝ご飯を楽しんでいた。すると、バイクに乗ったおじさんが一番の目抜き通り交差点で停まるや、マイク片手に歌を歌い始めた後ろに積んでいるスピーカーから流れる歌に満場の拍手…

渡り鳥がゆく < 結婚式 :ベトナム An Nhon Tay アンノン亭 > ベトナムで多くの結婚式の二人に会いました。いいなぁ 夢ある若者は、とうらやんだのです。こんな田舎の安穏亭でもみごとな車が停まってる。シルボルレットの車なのです。 愉快 大都市ホーチミンでも緑の公…

渡り鳥がゆく < 怒りの布施 :ベトナム An Nhon Tay アンノン亭 > 宿泊所の女将をどやしつけた。これは満瑠壺家のわるいくせ一年ぶりだ夫ウエルナーは「わしが、ここの主だ」と断言し、早口英語で疲れるが、いい人だ。妻は口うるさい西洋崇拝のベトナム人だ。だから…

渡り鳥がゆく < 海外医療-2 > 160630 渡り鳥がゆく <最新医療体験>での 医療費請求について追体験談です。 海外での医療費請求についての現時点でのまとめ①市の海外医療費請求書類を数通持参する②実際医療機関にかかったら、①に記入してもらい 同時に交…

変人寄人さあ大変 <ステテコ一番:ベトナム An Nhon Tay アンノン亭> 夏にはもってこいのステテコ、下着シャツにもこの生地は快適だ。 名前も愉快なひびきだし特に東南アジアでは、これに限ると実感している。汗かくときも快適、洗ってもすぐ乾くからね。ステテコ…

渡り鳥がゆく < 笑顔の違い :ベトナム An Nhon Tay アンノン亭 > 自転車に乗った兄弟のベトナム少年が、「ハロー」と無理して英語で挨拶してくれる。日蔭のカフェのおばさん達が手を振ってくれる。95才のお婆ちゃんが歯がないのか、しぼんだ口をもぐもぐさせて握手…

渡り鳥がゆく < サインは?M 6/13:ベトナム > カオダイの礼拝で、ごまめのようなやせぎすの子が、父の真似をしていた。父親も私以上に痩せていた頭を下げたとき、ちっさな尻が丸見えだった蒙古斑があった。一昨日、食事をしているとき、隣の家族の子のひと…

渡り鳥がゆく < ステレオ消え、好意生ず :ベトナムAn Nhon Tay アンノン亭 > 今は雨期 完璧な田舎 アンノン亭 昨日6/13早朝に、スタスタと向かいの豪邸へ向かった。「誰かおりまへんかぁ!!」と関西弁で怒鳴る。何しろ朝6時から、甘いベトナムの歌曲を、数百メート…

変人寄人さあ大変 < おねしょの行く末 :ベトナムAn Nhon Tay アンノン亭 > おねしょの名人だった。恥ずかしながら、小学校高学年まで続いたのではなかろうか。母上は懐かしんでのたまう。「あんたおねしょをよくしてね、 赤い手して、洗らわされてたんよ」笑い顔…

渡り鳥がゆく < 渡り鳥生き返る6/12 :ベトナム An Nhon Tay アンノン亭 > クチン近くの、An Nhon Tayとい片田舎で憩うこととしたよく頑張ったものだ暑さと寒さに耐えた訳の分からん状況をもストレス半減で対処した半減は、何も考えないということ・ベトナムに入国するの…

来る道、行く道 < 世界の次元転換:金沢 > 東洋の智慧を探る旅はまだまだ続く七月中旬には金沢に行き鈴木大拙館の主催、岡村美穂子氏(鈴木大拙館名誉館長)の講演を拝聴する。一私がいただいたもの- という題であるが、おおよそ見当がつく。岡村氏は少女の…

富の托かり方 40 <スティーブ・ジョブズと安藤百福> マレーシアの宿舎で、スティーブの本を見つけました。6センチと分厚くて重し替わりによい立派な本なのです。それをマレーシアのピリ辛インスタントラーメンをすすりながら見ました。 スティーブ・ジョブズ Steve Jobs自宅からスター…

来る道、行く道 < 22 カオダイまとめ:ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 > 七夕のこの日、10日足らずの礼拝参加調査できづいたことをまとめておきます。①柔軟性の拠ってくるところ システム設計と同じで、より機能が高いところを目指しているのではないか。つまり、…

来る道、行く道 < 21 拈華微笑 :ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 > この十日弱の間、ほとんど言葉を発しなかった。 目と目で、指で掌で腕で、コウベと胸で・・・通じ合えた。一番はカオダイの印を結んでの礼だった。かれらの厳粛な態度と、恭しい仕草を見習った。…

来る道、行く道 < ⑳ 好意の法衣に包まれて:ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 >--- 辛いことは、さながら、 ひとつまみの塩のごとくして 私どもの行く末を甘くするのであります ---トウックさんとの固い握手で、この調査も終えたかに思えた。午前の暑くないうちに…

来る道、行く道 < ⑲記念サイン6/11 :ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 > いつもの穏やかで、恰幅ある司祭のお人が朝の礼拝のあと、握手を求めてきた。「明日は、帰りますねん」と言った「あえてよかったぞ。異国のお人よ」と応えつつ慈愛深い眼差しを向けた。 そ…

来る道、行く道 < ⑱ 礼拝一筋 :ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 > 朝陽とともに起きた。雲をあかね色に染めいづる。鶏が高らかに鳴く。 今日も酷暑 ふっくら屋は開いていて、ご飯をしこたま食って、昼飯用にバンミーを買った。夏眠中の食料だ。 日本人は、ベトナム…

渡り鳥がゆく < ビール・ケーキ 味比べ :東南アジア> 少し息抜きタイムとゆきましょう 世の中いろいろ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪ ケーキ *マレーシア:いつも食べた後、「ん~ん、からいな」と舌がいう 結構材料はいいんだけど 450g 200円 *ベトナム :すべて日本…

来る道、行く道 < ⑰ 言葉は要らない :ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 > 気づいたことがある。それは、聖堂にも礼拝にも言葉が少ないことだった。普通なら、教義の書かれたパンフレットやら本があるけれど、カオダイにはない。前に画像を載せたけれど、入り口正面にある…

来る道、行く道 < ⑯ 命の宣言(のりごと) :ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 >日々思っていることが祈りだと聞いた。能力開発の視点からもね、そうだとおもう愚痴を言ったり、思ったりするとますます愚痴を漏らさざるを得ないことが起きる金儲けにあれこれ労する…

渡り鳥がゆく < 思いやりの深さ6/8 :ベトナム Tay Ninh > マンのさりげない気遣いに、異国の地元人の、温かさが身に染み入った。タニンの最新病院『Benh Vien Dakhoa Le Ngoc Tung Hospital』 http://bvlengoctung.com/about-us/へ連れて行ってくれた時のこ…

来る道、行く道 < ⑮ 喜びの時 :ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 > 床について休んだ後、夕刻の礼拝には痛さを道連れに参加した。カオダイ聖堂では普段通りの礼拝が、淡々と執り行われていた。 大鐘のゴーンという合図とともに、ひれ伏す動作が痛くて仕方がない…

渡り鳥がゆく < 最新医療体験 :ベトナム Tay Ninh >翌日午前のフロントで、マンの母上にメモを差し出した。『マン、右胸が相当いたいので、時間のあるときに病院に連れてってください』母上は身振りで、マンは勤務中で今いないという。仕方ない、夕方勤務が…