千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

渡り鳥がゆく

渡り鳥がゆく < 怒りの布施 :ベトナム An Nhon Tay アンノン亭 > 宿泊所の女将をどやしつけた。これは満瑠壺家のわるいくせ一年ぶりだ夫ウエルナーは「わしが、ここの主だ」と断言し、早口英語で疲れるが、いい人だ。妻は口うるさい西洋崇拝のベトナム人だ。だから…

渡り鳥がゆく < 海外医療-2 > 160630 渡り鳥がゆく <最新医療体験>での 医療費請求について追体験談です。 海外での医療費請求についての現時点でのまとめ①市の海外医療費請求書類を数通持参する②実際医療機関にかかったら、①に記入してもらい 同時に交…

変人寄人さあ大変 <ステテコ一番:ベトナム An Nhon Tay アンノン亭> 夏にはもってこいのステテコ、下着シャツにもこの生地は快適だ。 名前も愉快なひびきだし特に東南アジアでは、これに限ると実感している。汗かくときも快適、洗ってもすぐ乾くからね。ステテコ…

渡り鳥がゆく < 笑顔の違い :ベトナム An Nhon Tay アンノン亭 > 自転車に乗った兄弟のベトナム少年が、「ハロー」と無理して英語で挨拶してくれる。日蔭のカフェのおばさん達が手を振ってくれる。95才のお婆ちゃんが歯がないのか、しぼんだ口をもぐもぐさせて握手…

渡り鳥がゆく < サインは?M 6/13:ベトナム > カオダイの礼拝で、ごまめのようなやせぎすの子が、父の真似をしていた。父親も私以上に痩せていた頭を下げたとき、ちっさな尻が丸見えだった蒙古斑があった。一昨日、食事をしているとき、隣の家族の子のひと…

渡り鳥がゆく < ステレオ消え、好意生ず :ベトナムAn Nhon Tay アンノン亭 > 今は雨期 完璧な田舎 アンノン亭 昨日6/13早朝に、スタスタと向かいの豪邸へ向かった。「誰かおりまへんかぁ!!」と関西弁で怒鳴る。何しろ朝6時から、甘いベトナムの歌曲を、数百メート…

変人寄人さあ大変 < おねしょの行く末 :ベトナムAn Nhon Tay アンノン亭 > おねしょの名人だった。恥ずかしながら、小学校高学年まで続いたのではなかろうか。母上は懐かしんでのたまう。「あんたおねしょをよくしてね、 赤い手して、洗らわされてたんよ」笑い顔…

渡り鳥がゆく < 渡り鳥生き返る6/12 :ベトナム An Nhon Tay アンノン亭 > クチン近くの、An Nhon Tayとい片田舎で憩うこととしたよく頑張ったものだ暑さと寒さに耐えた訳の分からん状況をもストレス半減で対処した半減は、何も考えないということ・ベトナムに入国するの…

来る道、行く道 < 世界の次元転換:金沢 > 東洋の智慧を探る旅はまだまだ続く七月中旬には金沢に行き鈴木大拙館の主催、岡村美穂子氏(鈴木大拙館名誉館長)の講演を拝聴する。一私がいただいたもの- という題であるが、おおよそ見当がつく。岡村氏は少女の…

富の托かり方 40 <スティーブ・ジョブズと安藤百福> マレーシアの宿舎で、スティーブの本を見つけました。6センチと分厚くて重し替わりによい立派な本なのです。それをマレーシアのピリ辛インスタントラーメンをすすりながら見ました。 スティーブ・ジョブズ Steve Jobs自宅からスター…

来る道、行く道 < 22 カオダイまとめ:ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 > 七夕のこの日、10日足らずの礼拝参加調査できづいたことをまとめておきます。①柔軟性の拠ってくるところ システム設計と同じで、より機能が高いところを目指しているのではないか。つまり、…

来る道、行く道 < 21 拈華微笑 :ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 > この十日弱の間、ほとんど言葉を発しなかった。 目と目で、指で掌で腕で、コウベと胸で・・・通じ合えた。一番はカオダイの印を結んでの礼だった。かれらの厳粛な態度と、恭しい仕草を見習った。…

来る道、行く道 < ⑳ 好意の法衣に包まれて:ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 >--- 辛いことは、さながら、 ひとつまみの塩のごとくして 私どもの行く末を甘くするのであります ---トウックさんとの固い握手で、この調査も終えたかに思えた。午前の暑くないうちに…

来る道、行く道 < ⑲記念サイン6/11 :ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 > いつもの穏やかで、恰幅ある司祭のお人が朝の礼拝のあと、握手を求めてきた。「明日は、帰りますねん」と言った「あえてよかったぞ。異国のお人よ」と応えつつ慈愛深い眼差しを向けた。 そ…

来る道、行く道 < ⑱ 礼拝一筋 :ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 > 朝陽とともに起きた。雲をあかね色に染めいづる。鶏が高らかに鳴く。 今日も酷暑 ふっくら屋は開いていて、ご飯をしこたま食って、昼飯用にバンミーを買った。夏眠中の食料だ。 日本人は、ベトナム…

渡り鳥がゆく < ビール・ケーキ 味比べ :東南アジア> 少し息抜きタイムとゆきましょう 世の中いろいろ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪ ケーキ *マレーシア:いつも食べた後、「ん~ん、からいな」と舌がいう 結構材料はいいんだけど 450g 200円 *ベトナム :すべて日本…

来る道、行く道 < ⑰ 言葉は要らない :ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 > 気づいたことがある。それは、聖堂にも礼拝にも言葉が少ないことだった。普通なら、教義の書かれたパンフレットやら本があるけれど、カオダイにはない。前に画像を載せたけれど、入り口正面にある…

来る道、行く道 < ⑯ 命の宣言(のりごと) :ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 >日々思っていることが祈りだと聞いた。能力開発の視点からもね、そうだとおもう愚痴を言ったり、思ったりするとますます愚痴を漏らさざるを得ないことが起きる金儲けにあれこれ労する…

渡り鳥がゆく < 思いやりの深さ6/8 :ベトナム Tay Ninh > マンのさりげない気遣いに、異国の地元人の、温かさが身に染み入った。タニンの最新病院『Benh Vien Dakhoa Le Ngoc Tung Hospital』 http://bvlengoctung.com/about-us/へ連れて行ってくれた時のこ…

来る道、行く道 < ⑮ 喜びの時 :ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 > 床について休んだ後、夕刻の礼拝には痛さを道連れに参加した。カオダイ聖堂では普段通りの礼拝が、淡々と執り行われていた。 大鐘のゴーンという合図とともに、ひれ伏す動作が痛くて仕方がない…

渡り鳥がゆく < 最新医療体験 :ベトナム Tay Ninh >翌日午前のフロントで、マンの母上にメモを差し出した。『マン、右胸が相当いたいので、時間のあるときに病院に連れてってください』母上は身振りで、マンは勤務中で今いないという。仕方ない、夕方勤務が…

渡り鳥がゆく < 負の連鎖6/9 :ベトナム Tay Ninh > 傘オオキニ 猛烈な暑さで、外に出ると数分で汗まみれになる。日焼け止めと、虫除けを塗って帽子を被り、サングラスと日傘の武装で、サンダル履いてペタペタ歩く。日本なら道行く人に避けられる出で立ちだけ…

渡り鳥がゆく < バイクにヒット6/8 :ベトナム Tay Ninh > 猛暑でぼーっとした一日、夕食をしにいった。昼の猛暑中にカオダイ寺院で礼拝を続けたり、夜中に起きたり、寒暖の差で汗と震えで自律神経不調だからぼーっとしている大粒の雨の中出かける前、両足先…

渡り鳥がゆく <駆け引きごっこ6/6記 :ベトナム Tay Ninh > 宿泊しているホテルでは、意思疎通がままならない。関西弁が通じへん! ブータンとは違うけれど、慣れてるし、お互い「そんなもんや」と思っているから問題には発展しない 救世主が現れた、ホテル経営者の…

毎日が誕生日 < 種はどこへ消えた:ベトナム > ある東洋人が、じろじろと西洋人を見つめていた彼らは西瓜をよう食べるなとそして、皿には黒いもの一つもない、床にもないなとその東洋人は幼いとき西瓜の種を食べると、へそから芽が出てくると父からいわれ、恐…

来る道、行く道 < ⑭真夜中の祈り 6/7 :ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 > 古武士風紀委員のおっさんの誘いに従って夜中11時半に目覚ましで起きた。眠いなぁこんな夜中に祈りをするなんて酔狂な!と、ブツブツ思いつつ大通りを行くと大型トラックもほとんど通らず、…

来る道、行く道 < ⑬夜中74時のお誘い :ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 > 黄青赤三色腕章をつけた、キリリとした行者顔の風紀委員が親しげにいった「今晩はね、セブンティフォーの礼拝にいらっしゃい」「74???」「そうだ、是非に」「74???」手が勝手…

来る道、行く道 < ⑫派手さ加減 :ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 > 日本人の大多数が、カオダイ聖堂を「派手だ」「ど派手」「過装飾すぎる」という。今の日本と比べると確かにそうだ。平城京は元々は『あおによし』と云われるほど、色彩豊かだった。シンガポー…

来る道、行く道 < ⑪司教と司祭僧と面談 :ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 > 麗しの聖堂いつも、にこやかに迎えてくれる行者顔の風紀委員が昼の礼拝の時、一人のおっさんを連れてきた「まるこ、彼は英語ができる。役立つと思うよ」握手した相手は、商売人のボッタク…

1億円クラブ < 為替大荒れ;マレーシアSepang > 一月半ぶりに為替を見た。目をうたがった (*.*;)一ドル100円を切ってる!何でかわからぬが為替が動く、変動が激しい 一日で五円も六円も動くなんてアルゴリズム取引の特徴だろうな。ロボットが感情を交えずに…