読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

変人寄人さあ大変

変人寄人さあ大変 <悪寒の始まり>

夕方都会から田舎に帰ってきたら、
急激にぞくぞくした寒気に襲われた。

夕食は旨いなと思いつつ味わえた。

ところが、寝床に就く頃から、体中がガタガタ震えだして
阪神大震災の時に例えると、震度3。

筋肉痛を伴って、背中も肩も脚もかってに震える。
腹も神経性でシクシク痛む。
初めての強烈な震えなので、どうしてよいか分からなかった。

ペットボトルに湯を入れて、脚を温め、電気毛布を強めにする。
歯はカチカチ鳴るので、歯ぎしり防止のナイトガードをつけた。

喉は痛くもない、熱もない、頭痛もない、吐き気もない。
首筋が痛いだけ。

実体の分からぬ不安と孤独はこうした時には堪える。

ええぃ!眠るが一番と、震えながら眠りに就いた。

眠ることについてはマルコの大得意・・・・


朝陽のなかで、ごく普通に目が覚めたのである。
作晩の激震は一体なんだったのだろうか??
熱がある気配もない。

今年は、訳の分からないことが起きる年になるだろう