読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

 来る道、行く道  < 春の風 >


曇天で寒い金沢の町を自転車で走った。
趣のある長町武家屋敷跡を通り、
いにしえを想い馳せた。
     

   f:id:Mtatibana:20160223205933j:plain


この金沢が産んだ鈴木大拙老師の記念館で
今日は四時間ばかり過ごした。

1963年、ノーベル平和賞候補だった師は
南禅寺元管長の芝山全慶老師をして
「どこか春風駘蕩といったお人柄・・・」と
いわしめた。

ひとは芝山老師をそうだという。

つまり鈴木師も芝山師もともに春風のひとなのだ。
  

   f:id:Mtatibana:20160224070828j:plain

          春風駘蕩のお二人


この世にはなんと品格の高い人々がいるのだろうか・・・