読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

 来る道、行く道  <自由人・世界人>

鈴木大拙を、魂あるいは霊性の高い人々がこう呼んでいる。

     “ 自由人 ”

     “ 世界人 ”

何にもこだわらぬ境地、ひたすら行に打ち込む姿


そして何よりも、東洋の心を奥深く具現化して
西洋や中東文明を自分の中で統一していった
たぐいまれな “ 真人 ” だったという。

マルコの父は若かりし頃、たった一通の手紙をもらっただけで
迷い道から、己の道をみいだした。

数知れぬ人々が、大拙老師の薫陶をうけ実績を残している。

その蔭では安宅産業の創業者、安宅をはじめとして多くの人々が
この世界人を支えた。

まことにもって世の不思議を感じてしまう。

 

f:id:Mtatibana:20160225073401j:plain

          天下の大道