読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

来る道、行く道 <夕立。。木の葉 そして土筆 ;金澤> 

オイゲン・ヘリゲルの著書『弓道における禅』で
 鈴木大拙は序文を次のように美しくまとめている。


人間は考える葦である。
だが、人間の偉大な働きは、彼の計算していないときなされる。
無心(childlikeness)が長年に亘る、吾を忘れる修練の後に
回復(restore)されねばならない。
人は考えながらしかも考えない。

彼は空から降る夕立のように考える。
海原にうねる波のように考える。
よぞらに輝く星のように考える。
爽やかな春かぜの萌える葉のように考える。

まことに・・・
彼は夕立であり、
海原であり
星であり
木の葉である      
     <増田文雄訳>

 

   

        f:id:Mtatibana:20160330211653j:plain

                  天則の土筆