読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

来る道、行く道 < 一羽のオウム >   


昔ある森に一羽のオウムが住んでいました。
           

f:id:Mtatibana:20160418073023j:plain

その森で火事が起きました。

オウムは口ばしで水を運び火を消そうとしました。
こんな小さなオウムが運ぶ水の量でどうやって
大火を消そうというのでしょうか。

山火事は燃えさかり、とうてい消せそうにありません。
オウムはそれでも、火の粉で翼を焦がしながらも、
懸命に何回も何回も口ばしで水を運びました。

その時、帝釈天がオウムに「あなたは一羽の小さなオウムに過ぎず、
こんなにも大きな森の火事は消せないのだよ」といいました。

オウムは「大火事を消せるかどうか分かりません。
けれど森の一員として、どうしても森を救いたいのです、
力の限りを尽くします」と灰や煙に燻されながら答えました。

オウムの大きな願力に帝釈天の心は揺り動かされました。
「あなたは小さなオウムだけれど、
こんなにもおおきな慈悲と願力がある。
私が手伝いましょう」と染み入るようにいいました。

そして、帝釈天は神力を使い一瞬で火を消したのです。
                    <古代インドのお話>

    

 

これをある崇高なお人より伝え聞きました。

九州でもエクアドルでも大地震で多くの人、
生き物たちが災難に遭っています。
そして、オウムが人々の心の中でがんばって羽ばたいています。

    f:id:Mtatibana:20160418072840j:plain



祈、オウムに幸いあれ!

 

         f:id:Mtatibana:20160418073634j:plain

                                       災難のドミノ倒し