読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

 来る道、行く道 <イルカ人生> 

友人が一言さりげなく言霊を残した。
    そりゃ、欲や~

母宅で驚いたのが、同じものが多数あることだった。
酢は二十本ほどあちこちに隠れて熟成している。
色が琥珀色に変わっているのもあるのだ。

そっと、母に聞いた。
「なんで、こんなに沢山?」
「安かったからよ」
買い物上手の自信みなぎる返答だった。
お陰で吾らは育ったと気づいた。

あるご夫妻に話すと
「ウチも一緒や、沢山ありすぎて困る!」
「なにゆうてんのアナタ、安かったんやもん!!」
「それはちがう!必要なら買うべきや!」

再戦開始になりそうだから、
それはそれとしてぇと話題が変わる。
中東戦争のようなもので、この価値観が折り合うことはない

男と女の違いもあるだろうが、安いから買う心は何やろか?と
呟いたら、友が先の言葉が出たのだった

さて、花々に清明の息吹を感じさせるこの頃、
とある高貴な方が清らかにいった。

「欲しいものを手に入れるより
 必要なものを手に入れましょう」

そうか、次々新しいものを買うのではなく
最低限必要なもので十分だと、受け取る人もいるだろう。

美味しいものを、もっと、もっとと欲に任せて追い求める虚しさを
そっとたしなめていると取るのかも知れない。

損得ばかりではない時間に浸ろうと決意する人もいるだろう。

満たされることのない世界から、
自分磨きをすることだなと受け取るかも知れない。

どのように受け取ってもよいが、
もてあますほど手元に抱え込んで果ては忙しくなる心も分かる。

貯蓄だって美徳の時代もあった。
知識だって、簡単にインターネットで取り込みすぎると
本当に大事なことが見えなくなる。

付き合いも然り。金も、昇進も、健康もすべてそうである。
年配者が増えたから、健康への欲望を刺激する会社の多いこと。
肥満対策に○○を摂りましょうと甘く囁く。
節食すればすぐ治るとお医者はいうのだが。

       

f:id:Mtatibana:20160503184941j:plain


満瑠壺人生の後半の合い言葉

  そりゃ、ホンマに要るか
  便利も欲しいも不要

合い言葉がいるほど、欲ばりなのである