読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

 渡り鳥がゆく < 早い朝食 >   


夜明けの鶏は、満瑠壺の目覚まし時計

薄暗い中、起き出して、湯を求める

4時には起きてる滞在先のお父さんが、
まるこい体を転がして教えてくれる。
まるこいといっても太ってはいない

水道水をアルミのヤカンに入れてガスで沸かす
ガスが静かすぎ、沸いてるか音で分からない

「**飲むか?」というので匂いをかぐと
うっすらとカレーの匂いの黄色い粉末

ベトナム語のみのお父さんだから
パソコンで調べてくれた英語は、ターメリック

それをたっぷりとコップに入れ、
ベトナムコンデンスミルクもなみなみと加え
湯を注ぐ。

    

   f:id:Mtatibana:20160602093510j:plain

           Vinaミルク  しばし待つ

 

ふ~ん、何とかいける
後で調べたら、ウコンだそうだ。

ウコン湯をのみ、体操して散歩。
一昨日の、バン・ミー(サンドイッチ)を食べた。

「一昨日のは止めたら?」との言葉を笑い飛ばして
全部食った。
コレを入れたら、と乾燥小エビ、魚でんぶ
豚のあっさりソーセージまで出してくれた。

お父さんはといえば、インスタントラーメンに
野菜と小エビをのせて、お湯をさらさら、三分待っていた。

これ、平和な家庭の早朝の出来事。