読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

 来る道、行く道 < 蔭 :ベトナム >


昼下がり灼熱の道を、蔭を求めて彷徨う

太陽は容赦せず厳しく、陽差しは肌を焼き打つ

目が回る、喉が渇き声がでない

向こうに焼けただれた、鶏が数匹回っている

満瑠壺の未来がそこにあった

あ、店の丸焼きこんがり鶏か
縁起の悪い、真っ昼間に見せつけるな


影があった、  よっこらせ
    

       f:id:Mtatibana:20160613170610j:plain

              フーフー云って休む木陰

 

影を作るは、木々の緑

木蔭といい人々は憩う

木蔭って分かる気がする

木のお蔭

元気を取り戻して、

木の肌をなでて別れを告げた

なぜだか、しみじみと、父を懐かしく思い出した