読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

渡り鳥がゆく

 渡り鳥がゆく < バイクにヒット6/8 :ベトナム Tay Ninh >

 


猛暑でぼーっとした一日、夕食をしにいった。
昼の猛暑中にカオダイ寺院で礼拝を続けたり、
夜中に起きたり、寒暖の差で汗と震えで
自律神経不調だからぼーっとしている

大粒の雨の中出かける前、両足先にはプラ袋で覆った。

夕食はいつものふっくらおばさんのフックラ屋で

“うまいなぁ”と感心しつつ頂き、
その足でドリアンを買いにいった。

     

  f:id:Mtatibana:20160629174637j:plain

    臭いという人もいるが、マルコは何ともない


ビタミンB1などとても豊富な果物の王様で、
疲労回復によいからだ。

「今日は安いよ」と果物屋の若者が嬉しげに言った

300gを右手で掲げて道を渡るときに、馬鹿なことをした。

夕闇の小雨時なのに立ち止まったどころか、きびすを返したのだ
“あ!傘を忘れた!・・・ ” 
道中で止まったり方向転換するのは死を意味する。

スピードを上げたバイクが果物袋を掲げた腕を強烈に打った。

相手は「オ!わオ!」と大声を出し、満瑠壺はアァ!と悲鳴を上げた。

右腕ははじかれ、顔と右手はドリアンまみれとなったのだ
拳は右胸上部をしこたま打った。ちょうど、ゲンコツを頂戴した感じだ。
運転手もきっとドリアンにまみれ、マルコの骨が刺さったろう。

ホテルに生きてたどり着き、腕と、右胸が痛むので、マンにいった

「明日の朝、痛みが酷いようだったら、病院教えて」
「もちろん、何かあったら、何時でもいってよ
病院へ連れてったげる」と在籍時間帯をいってくれた。

その一言だけで心安らいぎ、、痛みが和らいだのだ