読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

 来る道、行く道 < ⑱ 礼拝一筋 :ベトナム Tay Ninh カオダイ調査 >

 


朝陽とともに起きた。雲をあかね色に染めいづる。
鶏が高らかに鳴く。 

 

 

      f:id:Mtatibana:20160703223504j:plain

              今日も酷暑

ふっくら屋は開いていて、ご飯をしこたま食って、
昼飯用にバンミーを買った。夏眠中の食料だ。


日本人は、ベトナムフランスパンをバインミーというが、
全く通じない。
唇をはじかせ、イ~っと口角を上げると通じる。
おばちゃんもおじちゃんも、発音先生をしてくれる
「バンミーだよ」と。


さて、満瑠壺のとっておきのマジメ顔して、
カオダイ聖堂へ向かう。

朝6時というに、すでに暑さが押し寄せる。
バイクには今まで以上に用心しながらよたよた歩く。

鶏屋のおっちゃんが、オイ!今日はどないや?とか
カフェにたむろするオッサンが声をかける。
門前の食堂の出戻り小母様も手を振ってくれる。
そっちに気ぃとられたら、命が危ない。
 
門番に印を組み礼をして、聖堂に向かう。
すでに、礼拝は始まっていて、信徒達は整列座している。

二階の気の抜けたと思っていた演奏は、
徐々に荘妙に聞こえだしてきた。

一番後ろの最前列に案内され、
蚊に刺されながらも、皆の真似をして礼拝をする。
まだまだ右胸が痛い。

あちこちに描かれる左目が、
何か優しげに見まもってくれる。

f:id:Mtatibana:20160703223602j:plain

                  回廊の左目 三角形の中で見えにくい ↑

      

      f:id:Mtatibana:20160704080714j:plain

                                                        これなら分かる?


夕刻も居住まいを正して礼拝したが、
演奏がいつもより雑で
響きに乱れやトゲがあった。

さて、カオダイ聖堂での信徒達は礼拝の後、
飲食したり、だべったりはしない。

家路へ急ぐのだろうか、
やり残している仕事に戻るためだろうか、
30-40分の礼拝を終えると、徒歩やバイクで
散会する。

礼拝だけ、礼拝一筋なのである。

この日、朝晩とも、多くの信徒達が
印を組んだ礼やら、握手をしてくれたりした。

 

f:id:Mtatibana:20160703223725j:plain

          手入れされた庭園に犬が軽やか散歩