読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

渡り鳥がゆく < 渡り鳥生き返る6/12 :ベトナム An Nhon Tay アンノン亭 >


クチン近くの、An Nhon Tayとい片田舎で憩うこととした

よく頑張ったものだ
暑さと寒さに耐えた

訳の分からん状況をもストレス半減で対処した
半減は、何も考えないということ

・ベトナムに入国するのに、帰りの航空券がいるって!

 なぜだ?? いまだに分からん。結果航空券を無駄にした
 日本領事館も知らない。陸路だったらどないする?
 次回はそうする、その方が安上がりだ。
 田舎への行き方も誰も知らん あれこれ違うことをいう

 ベトナム語しか通じない田舎で、宿舎も見つけて食事もできた。
 なんと地元ビールも飲めたしうまい食事を堪能した。

 予約しようとした宿舎が数週間後になくなったりする
 時代がつぶさに変わってる

 直径2センチの雨粒に濡れて、後かんかん照り 傘だ、日焼け止めだ
 蚊よけだ、かゆみ止めだ、サングラス、帽子だ、水だ、老眼鏡だ、
 プチプチクッション体巻きだ・・・・ようやる しんどかったなぁ

猛烈な炎天下、水なしで半日もったし、二食抜きでも倒れなかった

外気暑く、懐寒いが生きていた

二つのリュックを担いで、良く歩いたな。膝を撫でてやる

胃袋君も、喉君も良く耐えてくれてる

今から思えば、人が暮らしているところでは
それなりに、生きることができるということだ。

 

        f:id:Mtatibana:20160708205745j:plain

         のろのろと天をめざしてカタツムリ