読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

 渡り鳥がゆく < さよなら、アンノンテイ 6/15 :ベトナム An Nhon Tay >

 


空はうろこ雲で美しい
気功をしてますます爽やかになった。

今日はね、最後の滞在日。
ようやく地元になれて、多くの人々と知り合いになったのにね。

馴染みの店にバンミーを買に行ったら、お姉ちゃんがこっそりささやいた。
「あの人には近寄らない方がいいわよ」
もちろんベトナム語だけれど、「そうか」と素直にうなずいた。
いつも、大声で人々に話しかけているおじさん。寂しいんだね。

バンミーをぶら下げて、道を戻って近くの静かな喫茶店に入った。
熱い豆乳を所望したが、コンデンスミルクが出てきたので
まあいいかと、ベトナムコーヒーにした。
もちろん苦い目のベトナム茶も付いている。

田舎だからか、コーヒーが40円だ。
バンミーが50円だから、ささやか百円朝食。
しかしとてもうまくて量も十分だ。

どこから聞きつけたのか、王さんがバイクで来て、
マルコの前に座る。
神奈川で二年働いていたという、綺麗な標準日本語の若者。
折り目正しい青年だ。日本では仕事があっても、ここにはないそうで、
毎日のんびりしているという。
王さんにホーチミンへの行き方を尋ねると、あれこれ調べて教えてくれた。

 

    f:id:Mtatibana:20160718150848j:plain

                      多目的道路   椅子などどこから沸いてくる?   なんでもあり

 

昨晩は、綿菓子を子供達にくばった。
95歳のお婆ちゃんや、隣の家のご老人にも渡して握手した。
いつもチョロチョロしている、ガリガリの自転車少年少女もやってきたので
メモをみせて、さよならをした。

裸足で粗末な身なりでも人懐っこい可愛い子供達。

夕方小雨降る中、いつもの食堂で早い目のご飯を食べる。

 

    f:id:Mtatibana:20160718150423j:plain

                 雨の食堂


食堂のおばさん達は「またおいでよ」と目でいってくれた。

 

     f:id:Mtatibana:20160718150454j:plain

             鶏+豚+卵の豪華定食


腹一杯でバスに乗り込み、クチンで乗り換えてホーチミンに着いたのは暗くなった8時だった。
バスの終点が、なんとホテルの目と鼻の先。

疲れは貯めぬよう、早々に眠りについた。