読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

渡り鳥がゆく < あめふりホテル6/16 :ベトナム ホーチミン >



田舎の酷暑からたどり着いたホーチミン
なんだか涼しく感じる。

午後には宿舎に戻って、シャワーを浴びてくつろいだ。

英国の若いカップルは先ほど起き、これから市内見物だとか。

きしくも黒雲湧き上がり、大粒の雨が振りしきり出した。
それでも、二人はでかけた。
その光る若さが雨の向こうに消えた

メモを記録していると、天井から雨水が降り落ちた。
昨年できたきれいなミニホテル。

ホテルの職員がやってきて、「すみません」と

別の部屋に移った。前より良かった。

昔、カナダへ行く飛行機で、
椅子が壊れていて別席に案内された。

女兵士かとまがうほど堂々としたアテンダントの後ろを
よろけつつ従っていった先は、二階のファーストクラスだった。

災難や、不具合の後に訪れる吉祥は一体なにものか ?

   

f:id:Mtatibana:20160718215339j:plain


          天は結構 いたずらっ子    バリの舞踊