読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

 渡り鳥がゆく <再見Myさん 再見Vietnam :ベトナム>

 

    

f:id:Mtatibana:20160725084059j:plain

           アーティチョークのお茶


 ホーチミンの郊外に住むMyさんに電話した。
バイクにぶつかったよ」
「マルコ、痛かったろう」
「うん、でもね生きてるから又会える」
「フライトは?」
「明日朝の8時なんよ」
「そうか、体大事になさい」

翌朝、5時半過ぎにチェックアウトするため、
ロビーに降りていった。

玄関は開いたばかりの様子。涼しいな。

「マルコ」と声がかかった。

そこにはMyさんがにこやかな笑顔で立っていた。
横には武士の妻という、たたずまいの奥様まで。

十分ほど歓談して、何と土産までくれた
マルコ好みのCDを沢山と、先頃訪問したという
ベトナムの避暑地、ダラットのアーティチョーク茶、
早速リュックに詰め込んだ。

 

    

    f:id:Mtatibana:20160724060110j:plain

       アーティチョーク 朝鮮アザミ

 

奥さんの手料理のおいしさは忘れないだろう。
記念写真を撮って別れを惜しんだ。

沢山の好意を胸に詰め込んで、
ベトナムを後にした。

ベトナムよ、友人達よ、
そは懐かしくもなんと魅惑なのか。

 

 

f:id:Mtatibana:20160724060209j:plain

   これを料理したり、お茶にする 肝臓にいいとか

      アーティチョーク茶を飲むと、すべてが甘く感じる