読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

 渡り鳥がゆく < Dream Lodge 小指の思い出 : シンガポール>  



大昔、伊東ゆかりが悩ましげに
うたった『小指の思い出』

マルコは悩ましげに
反省する『小指のうずき』

宿泊所の階段で滑った。
アッと左手を手摺りに、とバランス感よいマルコは
手を出したが、間に合わず手摺り下の固い網に小指を挟んで
怪我をした。二か所から血が出た

宿の女主人・ジョイっ娘は Oh My God!と眉をひそめ
男主人・にこやかサムに見せたら、
応急処置箱を持ってきてさっさと手当てしてくれた

 

     f:id:Mtatibana:20160728064207j:plain

       
今回の出張はほんと要注意、Pay attention の旅だ。

この宿は Dream Lodgeという、高級ドメトリーだ。
満瑠壺があっちこっち宿泊したドメトリーの中では最も居心地がいい。

   

 

   f:id:Mtatibana:20160728064315j:plain

              居心地 200%

 

理由は三つ


A.すべての職員が家族のように親切でにこやか
 掃除のおばちゃんまで、満瑠壺の好物、朝の生姜湯を
「これ、タイのお土産なの」とお裾分けしてくれ、
おまけに、帰りにも余分にリュックに詰めてくれた。

B.観光でも、仕事でも適切なアドバイスを解りやすく説明してくれる。

C.清潔で静かで驚くほどプライバシーが保たれる。

 

       f:id:Mtatibana:20160728064410j:plain

           なかよし Wife & Husband


Trip Adviser へは満瑠壺の最高点をつけたね。

いまだに、小指の傷跡で思い出す。

 

 

       f:id:Mtatibana:20160728064515j:plain