読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

毎日が誕生日 来る道、行く道

 毎日が誕生日 < 安らか思考 >    

 


次男坊の満瑠壺は、ご幼少の時寂しかった。

年子の兄は親戚縁者からもてはやされていたからだ。

で、“人と比較せず、きのうの自分と比較して”
と見方を変えた。

だから、金メダルと取った人ばかりではなくて、
地道に成長している陰の努力者に拍手する。

 


老いた母の側にいると、できなくなることが増えてゆく。
それをこともなげに受け入れている。

前々回に日記した講演会で、
“今できることに光を当てるのです”という鈴木氏に
苦を乗り越えた人ならではの智慧を観た。

歳とともに、時と場面によって考えの視点を
カメレオンのように変えゆく。

      f:id:Mtatibana:20160828110358j:plain

               Time with change


それは、平安をもたらすよく生きる方法のひとつだ。