読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

 来る道、行く道 < 恋の逃げ道、荊みち >   

 


夏だったろうか、祖母の生家に行ったことがある。

広島の竹原市だった。

旨い海の幸を食べて、食堂の座敷で昼寝した後、歩いて行った。

頼山陽の隣の家だというが、こじんまりとした古屋で、
頭を打ちそうな低さであった。

「昔のことなら檀家の寺に行ってみなされ」と
近隣の人が勧めるので、緑深い寺に行った。

そこで何を聞いたか忘れた。
しかしご住職との雑談の中で

「縁者の中での、道ならぬ恋に出奔した若いおなごがいての」
とぽつりと言った。

道ならぬ恋・・・・

www.dailymotion.com


きっと家と家の結婚を強いられ
夫とは心通わず、舅姑に冷たくされ
絶望の日々から逃れる道が
道ならぬ恋だったのであろう。

どうなったのですか?と問えども、
言葉を濁す住職。

石もて追われたに違いない。

縁者であった昔人の魂安らかにと
線香を点そう

      f:id:Mtatibana:20160827221650j:plain

            道ならぬ荊道 荊帯