読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

毎日が誕生日

 毎日が誕生日 < トマトの饗宴 >     

 


トマトを食べたいな、と母がいうので
ミニトマトを手に入れた。

相変わらず満瑠壺が選ぶのは、
カラフルミニトマトという妙なのを。


赤は誰でも分かる

黄色も近頃普通になってきた、

赤黒? マレーシアで食べた黒トマト:クマトのミニだ。

橙色もあったが緑のが一つあって、最後に残った

庭で熟してない緑のを食べたが、
もの食いのいい満瑠壺も避けたほどの代物。
(味噌漬け粕漬けにいいそうな)

      f:id:Mtatibana:20160911080842j:plain

最後のをおそるおそる食べたが、普通の味だ。
こんな緑で熟しているのかいなと種を探すと
数は少ないが、色は濃く固いのがあるではないか

緑のトマトに、日本人の飽くなき改良技術に拍手を送った。

さて、母は赤と黄色しか食べなかった。

満瑠壺の感想。
庭で出来た不揃いは、野性的で味が濃い。
好みである。

 

f:id:Mtatibana:20160911080859j:plain