読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

 来る道、行く道 < メダルの涙 >   


普段、テレビは見ないけど、珠々つけたとき
パラリンピックでメダルを取った若者の言葉が
やけに記憶に残っている

「私がやりたいことを我慢し、多くの時間を使い、
沢山の犠牲を払って、やっととれたメダル・・・」

彼女の目には涙こそうかがえないものの
心にはこないだの豪雨のごとく降っているのが観てとれた。

「感動しました」
「皆さんのお陰で」
などのような付け足しのような言葉以上に、
心を打つ映像だった。

本物の達成感とか感謝とか、感動は言葉にならない
魂の奥から身を震わすものである。
彼女は体も人生も震わして泣いていたのだった。

      f:id:Mtatibana:20160922105118j:plain

 


そして、いつもの通り満瑠壺はすぐさま
メダルを取ることもできず、ニュースにも載らなかった
多くの選手たちは、どんな心の模様を描いているのだろうか、
と思ってしまう。

もちろん世界の祭典だからいいのだが、
スポーツマンシップをかなぐり捨て
メダルを取るため、記録を競うだけのスポーツとやらに
疑問を感じることもある。

それはそれとして、人生だって同じだなと思う。
メダルを取る人生はなかなかないのだろうな。

まぁ言い訳として、目指している過程が大事なんやぁ
と言い訳して日々安らかに暮らそぉ---