読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

憧れの 起 業

変人寄人さあ大変 毎日が誕生日


マルコは25で起業するつもりだった。

フラフラゆくは気まぐれ道・・・
入った会社がおもろすぎて長居し続けた。

代わりに離婚してしまった。
サラリーマンの安定をよすがとする女には
マルコは向かない。

半世紀ほどのち、世は変わった。

兄とも慕うお方の孫さんが新聞一面に載った。

総務省「起業家甲子園」で、中学生でありながら
審査委員特別賞を受賞したのだ。

 

  f:id:Mtatibana:20161119221054j:plain

   ある中国の人嘆じて曰く 「ん~、金持ちになる相じゃ」


この樹莉亜ちゃん、ドイツから友人が来たとき
妹さんと空手演舞を披露してくれた。



拍手喝采!したのち、
医者から止められているシェリーの祝い酒した。

なにごとも、若いときの柔軟な体験は将来の大きな礎となる。

嗚呼、眠り続けてミイラになっていた吾が血潮が騒ぐ騒ぐ。
ン? さよか・・・シェリーのせいか。

f:id:Mtatibana:20161117194417j:plain

            中央が友人、左が若き起業家