読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

巡る “よき人” の季節

来る道、行く道

 

おやすみモードになりかけの夜のこと。

ル・ル・ル・ル・ルッ
「へい、マルコです」

「Yは * 社のYです」
「は ?    なんでっしゃろ、エ?  Yはん?」

ブヨのようなセールスYはんに、とぼけマルコになった。

「近頃どうですか?」
「はァ    ?        なんのことやら」
「6月24日のブレグジットは****で、こないだのトランプショック、金どうですか?」
「なんですか?それぇ~」

全く関心ない金が下げたから買えといったのを思い出した。
ハハハ、その後もっと下げていたな。

「う~ん、最近何をされてます?」
「こないだ、椋の実を採ってきて酒に漬けましてん」
「いやぁ、相場です」
「とんと関心おまへん」
「株は上げ出しましたし、これから金で・・・・・・・・」
「そんなら、Yはん、ご自分で買いなさって
 大金持ちになって下されやぁ」

「・・・・・・・どうも、夜分遅く失礼しました」 カシャリ

Yの後ろでは、いつも甲高い女子社員が
言葉づらを繕って勧誘しているのがBGMで流れている。
これは人を食い物にする商売。

世の中、うんざりするほどくり返す。
人との付き合いも、会社も国や歴史も

大昔、高級車で乗りつけると、借金の感触を探りに来る友人がいた。
貧乏人のマルコにだ。付き合いはなくなった。
歳が墓場に近いトップがいる会合は
その人のよいしょ会合への道をたどる。
食事をおごってくれる交流が、裏に魂胆がひそむ
繰り返しをする人もいる。
結末になにかしら嫌な感情を残す交流を、
医者のエリック・バーンは「ゲーム」と名づけた。

 

        

            f:id:Mtatibana:20161122060912j:plain

              ジワジワと渋みが甘味に

 


そうした中で、清々しくもお互いが和やかに
次のステップを歩む喜びが生まれるものがある。

ある高名なピアニストからお手紙をいただいた。
電話の中で、明日を待つ楽しみが生まれる招待をいただいた。
高齢なのに日々成長されている。
それに触発されて私もヘンゲしてゆく。

あるお人は日々の中からきらめく知恵を見出す。
曰く「マルコよ、脳言葉より、からだことばだよ」
それはマルコの眠っていた感性を蘇らせる刺激となる。

マルコももちろん同じ事をくり返している。

でもね、終わった後に清々しくなる繰り返しにしたいなと
しみじみ希求するのである。
季節の巡りがそれぞれの恵みにあふれているように。

だから、だから、林住期に住むマルコは
こうした人や生き物やことに囲まれて
残り時間をゆたかにしたいのです。