読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

懐かし吉野牛

変人寄人さあ大変


寒い朝の6時半、暗さが残る。

14年活躍してくれてるスクーターはエンジンがかからない。
そりゃ電池が10年も持ったからね。凍えた足でかける。

吉野屋のマークのノレンをくぐった。
まちがった・・・ノレンじゃなくて扉を押した

きっと手持ちぶさたやろと思ぅて
早く来たので客はひとり。

店員はひとり。
若いのににこやかに落ち着いている。

「朝は空いてる?」
「ええ、これからボチボチ増えます」

「昼間は?」
「ドカタが沢山見えられるので、ひとりで大忙しですわ」
「たったひとり?!」
「そうです、24時間です」
「・・・」

「晩は? 少ないんちゃう」
「そうでもないんです、夜勤帰りの人が来てくれはります」

みていると、朝食セットを三分ほどで出してくれ
他のお客が入ってくるとメニューを差し出し注文を取り、
レジもこなしている。この器用さが株価を支える。

すがすがしい若者だったので
持ち帰りメニュを見せてもらい、
牛すき鍋セットを作ってもらった。
お!どっしりしている

    

       f:id:Mtatibana:20161202215911j:plain

              1899年 吉野家創業

こないだドカタの音頭をアップしたけど、
吉野屋のお得意さんなのだ。
だから、味が結構濃いぃ!

 

帰って三倍に薄めて、スパゲティーを追加したりして
結局、三回に分けて平らげた。

暖まって旨かった十年ぶりの吉野牛丼、
往生しいやぁ。