読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

気づかぬ力

変人寄人さあ大変 来る道、行く道



寒波到来、朝白きものが降ってきた。

風吹きすさぶ中、母宅の庭からパプリカを室内に避難させた。

   ---        むかしむかし・・・

地震で避難中、家庭菜園で気づいたことがある。

それは色鮮やかで、なにやら笑いかけているよな
パプリカちゃん。

懐が「店頭のものを買えんなぁ」というので、
種をもらって育てた。
大きなのがなって、その甘い実を堪能した。

そうちょうど今頃やったな、アホなひらめきマルコは
「トマトが温室で何十年も育ち20万個実る・・・ひょっと・・・」

 

     f:id:Mtatibana:20161226173156j:plain

             パプリカの変わりモン トマピーも植えた
   ---

 


その時毎年屋内に避難させて四年ものパプリカとなり、
マンションへの引越で別れを告げた。

新たに母宅では三年ものを育てている。

急冷に慌て掘り出して、花咲そろうトマトと共に室内に
ご招待した。

最初4日はしんなりしていたが、今では葉もピントしてきた。

きっと年輪ができているかもね。

いったいどれ位まで生き延びて、
色とりどりの実を成らせてくれるやろ?

 

   f:id:Mtatibana:20161226173620j:plain

         わたし三色パプリカ

     http://chigai-allguide.com/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%83%91%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AB/

 


一年草だと思い込んでいるように、
自分の能力はこんなもんだと制限している。

草命も人生も、この世のすべて驚く可能性に満ちている。