読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

天麩羅


野菜を目の前にして

「後始末なんかに時間がかかるんは、やっかいぃ・・

 そやけど毎日誕生や、   やろ!」

                 とつぶやいた。

それがてんぷら。



床上の日本人参、蓮根そしてカボチャを薄切りにした。

小麦粉米粉に好みの味付け、塩やダシ粉、香りつけを混ぜた。
具材とともにビニール袋に入れてガサガサ振ると白化粧。



百円ショップで出会った天麩羅温度計を見ながら
キャノーラ油を  う~ん、160度にしょうか・・・と独りごと

次々とこんがり、できあがりましてん!




人生初のから揚げ天麩羅にしては上出来やおまへんか
   自料理自賛    ニンジンも旨いな


      f:id:Mtatibana:20170216145139j:plain

             手前味噌ではございまするが

       合格

   案ずるより、揚げるがよろしおまっさ


 

        f:id:Mtatibana:20170216145217g:plain

             なんでやろ?この名
            http://www.nisshin-oillio.com/q_a/5_q2.shtml
        大阪から魚のつけ揚げを売りに江戸へ来た男に“天麩羅”と
               看板を書いてやった京伝曰く、
      「天竺(てんじく=インド)浪人がふらりと江戸に来て売るから天ふら、
             そして麩は小麦粉、羅は薄い衣である」

 

          f:id:Mtatibana:20170216145411j:plain

               プロの盛りつけ