千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

マヴィレット体験記 癌の芽  七週間目

                 f:id:Mtatibana:20180802070503j:plain

                                 朝靄

肝炎を発症したときと同じくらい
   しんどいです。

 

専門用語で「副作用等発現状況」中3%の人に
倦怠感がでるというけれど、毎度のこと
マルコに当てはまった。

 

やたらとだるい、眠い
力が入らない、やるきがおきないのです。

 

折り返しの今週、尋ねました。

「Dr.マビレ先生、よう頑張った褒美に
 ちょっとだけ酒で乾杯してよろしやろかいなぁ」

先生チト考え、にやっと笑って
「まぁ、いいでしょう」

 

年寄りの心わかる先生だなぁ

 

  ∞

マルコの疑問がずっとあった。

肝友で、過酷なインターフェロン治療に堪えて
晴れて完治した男がいた。

 

万歳ぃ!!!の乾杯もつかの間
すぐに肝癌を発症、死んでしまった。

 

どうして治ったのに?が疑問だった。

 

マビレ先生にそれを伝えると

 

「マルコどん、それはね。ウイルスがいた時に
 ガンの芽が出来ていて潜んでいるから
 たとえウイルスがいなくなっても
 ガンになることがあるんだよ」

 

マルコは長年に亘る疑問が解消した。

    f:id:Mtatibana:20180802070629j:plain

             木陰の昼寝

 

 

でもね長年"元々わが身"の細胞がガン化することを
なくそうとあれこれ工夫して努めてるからね。

 

 

そうそう、六週間終了褒美のさけはね、
甘酒にしたのです

 

“わが100兆個の細胞たち、がんばってくれたわぃ”
“ながぁーいつき合いのウイルス君よ激減さしてもうたなぁ・・・”

 

    f:id:Mtatibana:20180802070706j:plain