千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

いも・めし・だいこん  :金沢

         f:id:Mtatibana:20181203113658j:plain



“金沢おでんが、欲しいなぁ”

と念じていたら

 

夕方、アパートの上階のお兄ちゃんが
声をかけてくれた。

「マルコはん、能登の実家でもろた大根ドーゾ」

大きな野武士様の体格のお人で、
ゴミ出し方法など親切に声かけしてくれるひと。

受け取った二本の巨大根は
マルコの手にズシンコと、
力まねば落としてしまうほどだった。

それからというものの、
おでん・味噌汁・ふろふき大根・大根カレーなどに
嫁入りしてなんともいえぬ旨さをひきだした。

親御さんの慈しみがこもっていた。

 

 

  f:id:Mtatibana:20181203113736j:plain

        おおきなまな板なのにねぇ

 

友が収穫したきれいに洗った赤芽里芋と
真っ白な伊予芋を送ってくれた。

若い頃にはさといも?ってヌルヌルするだけだ
と思っていたが、なんとも美味しい。

赤のセレベス芋はほっくりして、
白の伊予美人はあっさりヌルヌル。

思わずよだれが湧く。


別の友が丹精込めた新米をくれた。
いつも茶色米を食ってるマルコは、
真っ白ご飯を炊いて食べた。
部屋中に懐かしき豊穣の匂いが立ちこめた。


ほかほかの
おでんと芋とご飯。

心あったまる旨さのご馳走だった。

 

   f:id:Mtatibana:20181203114050j:plain

      ばい貝、香箱、車麩入り金沢本式です<みちろん料理屋さんの>