千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

  富の托かり方

富の托かり方 34 < 帝釈天の涙 >いままで、この表題で33話を日記しました。今回は具体例ではなく、毛色を変えて、考え方の礎にまつわる話を一つ。若い頃に手塚治虫の漫画に熱中しました。そんな中で、何千年も前の、あるバラモンの不思議な話が今なお心に…

富の托かり方 < はてな? >この世は多種多様の豊かさに溢れています。物財、金、智慧、仕組みなどいろいろあります。巧みな先人達はその富を自ら手にして、上手に誠に智慧と先の洞察に慈愛を持って使っています。もちろん結果、人々の笑いの対象となることも…