千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

毎日が誕生日

 少女の感傷と少年の夢 追い

昔の曲、Zardが蘇る 現代はやりの不倫曲 www.youtube.com 淫靡さがないのは、少女魂の素直な切なさが彩られているからだろう “白い傘の少女”に込められたメッセージ 幼稚園児ごろ、いつも手をつないで帰っていた女の子がいた 小学校の三・四年のときだったか、気…

間違った!すべてよし

前回ブログした Microsoft Windows 10への悪口。 よくよく考えてみればマルコの捉え方の間違いだった。 Microsoft さんあれこれと利用する人に考えさせてボケ防止の機会を与えてくれとんだ! 世の中、便利というものが最高にいいというわけじゃない。まあ適…

独占は驕りの源

1年以上前に手に入れた MacBook を,そろそろりと出して,気が合うように飼い慣らし始めた。 Bootcamp機能を使って Mac OSとWindows10が両方が動く。実務と多少芸術的なことのためだ。 ようやくゆっくりしてきてのんびりと楽しめる、なんて能天気に思っていた…

ワインも生まれ変わる

ときたま変なことを思いつく。 コンビニワイン 若い時からドイツワインが好きだった。もちろん赤いワインも好きだ。 そのルーツを辿ると、母上が大量に作った赤ワインにある。いつ頃からかは覚えていないけれども、少なくとも中学生時代には秋も終わりになると、ほ…

痒みが智恵をよぶ

夜中に足が痒くて目が覚める時が近頃ある。老人性の乾燥肌。 こないだ温泉に入った時、特にひどかった。 イラスト/オカモトチアキ イラスト/オカモトチアキ 懇意にしている薬剤師が教えてくれる。 「ヒルドイドクリームだけでは間に合いませんね」 「そう…

匂いうまし

徳島出の友人が金時芋を贈ってくれた母上の腕で磨いた伝授「美味しい焼き芋作り方」で火にトロトロかける。 するとしばらくしたら甘さを含んで焦げかぐわしくもいい匂いが部屋を満たす。 両親が言っていた「あんたは芋が好きやったね」幼稚園に行く前に公園…

匂いかぐわし

ウイルス君との付き合いは四十年ほどだったのでコロナ君とも仲良くしている。 「 まあ、酒飲みねぇ カレー喰いねー 」 そろそろ梅が咲く。 ベッドの上で死にかけていて戻ってきたとき頃は今、 寒風に梅の花が何と可憐で美し咲くことか! 加賀百万石、金沢の…

 若さは怖れを知らなかった

鬼は外!福わ内 ♪ そしてこの年になり気づいたのは 鬼は内福は外 “鬼なるもの”は内に潜んでいる 自分で自分を痛めつけている すこうし気づいていたが“福なるもの”は目の前のすぐ足元に見つけられるのを待っていた 節分より早く 真っ先に米国では青鬼と赤鬼が…

 雪見正月-1

ス 「おはようマルコ、寒いこっちゃ」ブルブルまルコ 「 スーちゃん新年おめでと。大雪、豪雪、あの世行き・・」 ス 「なんのこっちゃ」ま 「屋根から1メートルの雪が落ちてきてドスーン、恐ろしわ」ス 「僕も軒下でみんなと丸くなっていた」ま 「あんたら暖房なし…

 マニュアル人間とは踊らない

コールセンタ窓口には、素人が半数以上はいる。 色々な業者とやりとりしていて、いまだマルコは「代わってちょうだい!」ときつ~くたしなめる 彼女らはまったく素人で、経験もないからよすがはマニュアルだけだね「OSE先物値幅制限は?」「権利落ちはどうな…

たまゆら

じいちゃんばあちゃんが眠っているという墓にお参りをした。 金沢の色んな人から頂いた菊花を携えて。父上に花は供えた。好みの「こぼれ梅」は忘れた。 その菊花の姉妹が一輪机にあるなんと一月近く可憐に・・・笑顔を向けてくれる。 老人施設からの枯れた胡蝶…

エヤードロップの贈りもの

airdrop次のことが何のことか お分かりなら、最先端を行っているね! 『 Ripple社の投資部門「Xpring」からの支援を受けて、 XRP Ledger上にスマートコントラクトの実装を 目指すプロジェクトです。XRPの保有者に対し、 1:1の割合でFlare Networks上の…

ストレスざんまい

おもろい友からのメール 「・・・・・・・・・・・・ 仕事が出来ず、 息抜きも出来ず、 ストレスざんまいの毎日です・・・」 ハハ!!! 御仁の背景を知っているから 大笑い! 禍の中にザンネンをひねって ザンマイ 発見 ナイス

きつね

この山では朝5時には目が覚める。朝日がたなびく雲の間から漏れ輝くと、心の隅々まで照らしてくれる。 ある朝下の庭園の茂みに動くものがチラリと見えた。視力が弱くなっているので凝らしてみると、狼?たぬき?・・どうやらきつね君だった。 目を少し転じると…

 松茸

渋川市総合公園を散歩する。マルコがこもっている山から出て歩いて10分のところだ。高台にある60ヘクタールという広大な公園の展望台から眺めると、 右から赤城連峰 、子持山 、小野子山と広がってそれは雄大な絶景だ。 子持山 と 赤城山 ちらほらと地元の人が…

茶の花

秋の晴天、夕日が眩しく輝く。 散歩している時にお茶の花がひっそりと咲いていた。 いつつほどそっと摘みとって机の上におく。橘の花を思わせるうっすらと爽やかなの匂いが漂う。 しばらく眺め、酒に漬け込んだ。これこそお茶けである。 日陰のか細いお茶の…

疑矢が飛ぶとスタコラにげよう

ハイ 殻に閉じこもるんだゾ 私は変人だから人と同じようなことをしないときがある。すると下心があると疑念を持つ人が現れる。 疑念は人間の毒矢である心配は自他への腐信である 近所のお年寄りが、気軽にあれこれマルコに頼む。こっちは身軽だから、ヒョイヒョイ…

∞ 「原因はすべて自分にあるのです」 田中ウルヴェ京 ∞ そして続く 楽しいとか、落ち着く、嬉しい等のポジティブな感情怒りとか、焦りとか、心配などのネガティブな感情すべてそうなった自分にあるという。 これはまぎれもない事実、だが人のせいにするのが…

 地滑り

近頃は 雨降って地すべる いろんな常識も地滑り 人並みとか、横目ちらちらをモットーで生きているとひどい目に遭う これ、潮のかわりめ 体も心も柔らかく 何千年も変わらないものだけを見抜いて、自分の人生の灯にしないとひどい末路になってしまうなぁ

 マルコのトリ友

早朝の散歩どきは、挨拶に忙しい 春先には小川で鴨やら背黒セキレイが朝食をしているおはよー 彼らがこっちを向く 閑かさに沈む町に、ウグイスが朗々と朝を告げるカッコー声が心地よく響く東南アジアでのにわとりに代わって 竹林ではスズメがにぎやかにさえ…

老いの慟哭-2 老いゆく父上母上への贈り物は?  長文

活躍の果てに ある大銀行の保険窓口で妙齢の行員がシクシク涙を流した。 保険の勧誘説明を受けていたとき突然のことだった。 「マルコはね、保険金残す必要ないんよ」とゆるりと申しわけなくいった。「母しかおらんし、死んで残す人がいないんよなぁ。 母上も一…

 ゴム紐

年初からですけれども、ゴム紐が緩んで下着も、トレーナーもずり落ちてばかりです こんなのがずり落ちる 買い物に行くさなかに、しょっちゅうたくし上げるんで会う人が笑います もう八ッつほど入れ替えをしたのですよ緩めにすると結び目が外れてまた一からや…

 大拙博士お好みの花  :牡丹

園友が「マルコ、一本あげるよ」とみごとな一枝をくれた。 「ほのかないい匂いでしょ」マ「なんと、あまい・・・」 父の大恩人、鈴木大拙先生の掛け軸前にいけた。大拙先生もにっこりされるだろう。 二日して満開前に近くの友人に開花お裾分けした 森田画伯

早朝の素美

朝早いときは タケノコも同じように 露珠でよそおう すすったら、竹の子が身ぶるいした

 手作りは心造り

ふとしたきっかけで知り合った旧友が手作り品を送ってくれた マーマレード オレンジピール マルコが作る陳皮と違って、菓子になってる ちかくの友と抹茶菓子にしたら、“ うまいねぇ”といった。 ジャムはakari苺で作ったのだろうか蓋を開けたら、苺の甘くもかぐわしい…

  体力勝負・気力勝負を乗りきろう  時事記事

サボテンの種が芽吹いた ドミノ倒しのような社会現象や経済現象が続き“まさかそんな事が” がつぎつぎ起きています 人間という人の間にいるべき生き物が否定されるなか Ny原油先物では驚く現象が起きた ∞ 原油は305.97%暴落 マイナスでの取引=NY…

山や川海の恵み、そらの恵み変わらず

シャク 天気予報では明日からしばらく雨が降るというから、午前の仕事を早い目に切り上げて山に散歩をかねて山菜とりをしようと準備した。 スクーターは阪神震災で避難している最中に手に入れたもので、地球を一周以上しているわたしの旅伴だ。ときおり方向…

 流動性よさようなら

コロナがあちこちに広まってはびこる世の中。 人類だけは、国と国、州と州、人と人の交流を閉ざしている 経済活動も流動性を失いつつあり、寄り集まる活動はなくなりテレワークやロボット生産が中心となる。需要も消えるほどの減退 学生さんもアルバイトを失…

一番の楽しみ      養眞-24

病は数々あれど、苦しみをもたらすものは勘弁して欲しいなかってインターフェロン治療の長い長い苦痛では死んだ方がましだと感じたよ やむ人々の過去への後悔、先行きの不安と、今の苦痛これがないことは本当に第一の利とうなづく Kさんはいった「りんご狩りにいった…

 コロナウイルス薬になれば!

KEI(平井教授)がおっしゃいました K「今こそ発見したフラノナフトキノンが RNA型ウイルスの新型コロナに効く 手がかりとなる!」 M「わたしゃ、助手を務めます」 情報提供文書と資料を送る助手です ノーベル賞のiPS細胞研究所におられる山中先生に手紙を…