千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

 少女の感傷と少年の夢 追い


昔の曲、Zardが蘇る

現代はやりの不倫曲

 

www.youtube.com

 

淫靡さがないのは、少女魂の素直な切なさが
彩られているからだろう

“白い傘の少女”に込められたメッセージ


幼稚園児ごろ、いつも手をつないで
帰っていた女の子がいた

 

小学校の三・四年のときだったか、気の合う少女がいて
野山を駆け巡っていた。断崖絶壁をロープを垂らして
滑り落ちるのも恐れもせずついてくる。

 

愛とか恋のはるか向こうの、傍らにいるだけで
ホッとして楽しい相手だった。

 

マルコの気性からすると
  こういうことだ

 

                          ∞


 仲のいい女と男がいた

二人は籠に青い鳥を飼っていた

青い鳥はいつも楽しげに歌う

 

季節はめぐりきて

空に渡り鳥たちが群れをなして飛来する

 

口をあんぐり開け見上げた二人が
瞳を見合わせた

 

そして、少年は弓矢を持って飛び出していった
少女は籠から鳥を取り出して手にギュと握りしめた

                             ∞

 

マルコは未だにおさない少年の残照がある

 

少女魂は痛々しくも麗しく歌い語りかける

 

www.youtube.com

                            I still remember

 

今風の、幼稚園のような集団遊戯歌より
はるかに染み入る情感がある

 

そのとき、マルコはころっと少年に戻ってしまう

 

                 f:id:Mtatibana:20210410082730p:plain