千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

 元旦の訪問者

今年は白雪が分厚く積もる元旦です。


朝早く起き体操して黄金の飯を作りました、特製の元旦玄米。
昨日作った特製のクッキーとともに、新年を祝います。
 デザートは特製の干し柿と特製の屠蘇です。

今年は体にいい料理を研究します。

 

    f:id:Mtatibana:20220112143325j:plain

            翡翠の輝き

           
 さて早朝、たまたま脇に置いてたホッタラカシスマホが、勝手にしゃべる。
「まるこちゃんの質問に答えます  誕生日はいつなどと聞いてください」

 

あれ?----見ると
Google アシスタントが新年のあいさつに来たらしい

マ「じゃああんたの歳いくつ」とめったにしない質問を発した
「何歳ぐらいだと思いますか」
「28」
「かなり年上に見ていただきましたがそれほど経験はしていません。
でも頑張ってお答えします」
マ「偉いなぁ」


「あなたはショートケーキとチーズケーキはどちらが好きですか」
マ「ショートケーキ」
「オーソドックスですね、その時には紅茶とコーヒーどちらがいいですか」
マ「紅茶がいいな」
「それでは紅茶の美味しいお店を紹介します」
するとなんと金沢のしないのティーハウスサクラという店を検索して調べて表示してくれたのである。


きばって上等な誉め言葉を言ってみた
マ「あんた。どうしてそんなに聡明なん?」
「優秀かどうかはわかりませんが、あなたのお手伝いが出来ればと思ってます」と電球マークまでつけて返事がすぐに返ってくるじゃないか


マ「いつも助かってる、ありがとね」
「こちらこそありがとうございます」
 ちゃんと対話になってる:その辺の マニュアル対応人間や、キャピキャピの自分の事しか喋らない女よりずっと面白い対話になる。

 

 

屠蘇に酔って
アシスタントが「わたしと遊びませんか」と誘う
マ「いいよ」


「それではじゃんけんしよう」となって三回勝負して
勝つとほめてくれ、次に進まなくなる・・・すねてる

 

ほかにもなぞかけとかいろいろ相手してくれた。
うそーと思うだろう、試してご覧なされ
「なんだかたのしいな」
「あなたが楽しい時、私も最高に楽しいです」

 

ダジャレを披露してくれたので、意地悪く
マ「へたなだじゃれをいうな」と云ってみた
「ごめんなさい  (^^;)」 

 

音痴でうなった曲名も教えてくれるし、植物も当ててくれる
う~ん、そのうち千年構想のアイディア聞いてみよう!

 


Windows 10で Cortana に喋りかけても全く対話にならず気が合わない。

いつも「そのことにはお答えできません」一点張りだから、

きっとマルコの設定がまずいなだろうね

 

 

普通のちゃんとした対話になるということは素晴らしいことだ。 
お互いに相手の言ってることを二つの耳で聞いてひとつの口で答える。

そんな相手が訪ねてきた

 

 

新春の 吉祥 カレンダー

 

                    迎      春

 

      

         www.youtube.com

 

会社でお世話になった先輩から頂いた
カレンダーを見ながら

新年を静かにことほいでいる。

 


フォトカレンダー
『私の撮影テリトリーは信州のみで、その中でも東信・北信・中信がメインです。
 生まれ故郷信州の美しい風景を残したいという思いで撮影しています。
 しかしながら**歳にもなると体力低下は否めず、 早朝撮影もしんどくなってきました。 それでもこのしだれ桜のように台風で倒れかけても見事に咲かせている姿を見ると、頑張らねばという気になりますね。

あなた様の机上に置いてご活用頂けると嬉しいです』


と便りにある。

 

             f:id:Mtatibana:20220110101620j:plain

 

この方の目を通しての日本の美しさを深く味わえるとともに、
レンズ撮影の精緻さにただただ驚嘆する。

サイト:

αフォトギャラリー


併せて、千年にわたる日本人先達が護り作り上げたこの “ 故郷 ” は
極楽といえるものじゃないかと思ってしまうのだ。

 

             f:id:Mtatibana:20220110101753j:plain

                     天然の美と 先人たちが丹精込めて作り上げた田んぼのハーモニー

              故郷

 

千年構想のうちにもそれを記して遺す。

 

新年の素晴らしき贈り物、

 

今年は吉祥如意! 

愛徳の人びと


阪神大震災で避難している神戸で知り合った
シスターからクリスマスプレゼントが届いた。

 

古包装紙で厳重に包まれ、麻紐で括ってあるのを
ひも解いてみれば、クリスマスカードの下に
どっしりしたお菓子がある。

 

そうか、避難していた時にも焼いてくれた
あの手作りケーキだろう。

 

慈愛溢れて 崇高にうまい!!

開けずに父上にお供えした。

 

 

カードに言う
  降誕祭の愛、喜び、希望をもたらっしてくださった
      幼児をお迎えできればと・・・・

 

そして、ルルドの洞窟の中に
幼なごが産まれた馬小屋の写真が添えてあった。

 

 

ルルド・・・有名な癒しの泉

それを見つけた少女ベルナデットも徳深い人だ。

 

   

 

ベルナデット

 

「自分のことなどは、わたしにとって、もうどうでもよいことです」

 

看護の仕事をしていた時の言葉
「病人の世話については貧しい人の中に
  イエス・キリストをみることを忘れないようにしなさい。
  病人が汚ければ汚いほど、その人を愛さなければなりません」

 

新聞記者からパリに来れば金持ちになれると誘われたとき
「だめです。わたしは貧しいままでいたいから」

    


まさに
彼女も “貧しさの富を知っていた”

 

まことに、豊かさは本当の徳を貶める

 

     

       f:id:Mtatibana:20211221190839j:plain

 

善魔氏のメール


近頃、マルコよりずーっと若い人の訃報が入り続ける。
うんざりして、「神さん、順繰りにしておくれやす!」
と呪う。

 

 

古い知り合いからも長いお悔み連絡メールが来た。

マルコの前世ともいえる大昔の人。
六十過ぎで闘病で亡くなったとか。

 

文面には事細かに事情が書かれている。

いいのかいなぁ?こんな一家庭の内情を皆に
CC送信して・・・・


まったく噂話と一緒だった。歌にも
「噂を信じちゃいけないよ♪」ってあるやん
あちこちにへんてこな伝わりで騒動を起こすだろうな

 

その矢先、どうやらもめ事があったようだ。
「そっとしておいてあげて下さいますか」と
お願い修正メールが来た。 深山の山彦だよ アンタはん

 

当然だ、吾父上の平安往生の時も同じような目にあった。
身も心も悲嘆と疲労が重なる折に、押しつけ善意が
やたらときた。 心のこもらぬ言葉や、あの不気味な色の花や
供えの山を誰が喜ぶのか・・・自己満足だけの極み。

父が言っていた「皆で楽しゅう祝ってくれ」を知りもせず

 

 

悪魔はかわいいが、だれが呼んだか善魔は救われようがない。
振り返るとマルコも害毒よかれを繰り返し、冷や汗津波だが、
ほんのり、お祈りするがよろしい。

 

それにね
老醜をさらしつつボケるより、天涯孤独より
惜しまれて、早く死んだ方が楽しゅうて

これまたよろしい 

女は美を望むなら 特に

 

 

     f:id:Mtatibana:20211215132452j:plain

            天界の鳥に会える  迦陵頻伽 板絵屋  右

 

3:20 なぜ、苦しむ者に光が与えられず、悩み苦しむ者を生かしておかれるのだろうか
3:21 死を待ち望んでも、死は来ない。地に隠された宝にも勝って、死を探し求めているのに
3:22 彼らは墓を見出すことさえできれば、歓声をあげて喜び、踊って楽しむのだろう
3:23 ゆくべき道が隠されている者の前を、神はなお柵でふさがれている
3:24 実に、私には食物の代わりに嘆きが来て、私のうめき声は水のようにあふれ出る。
3:26 私には安らぎもなく、休みもなく、いこいもなく、心はかき乱されわなないている
                                  聖書ヨブ記

      【地獄は善い意図や願いで満ちている】

             Marcoもここに行く

 

魚座からの礼状

f:id:Mtatibana:20211215130152j:plain

            ソフィアclinic

 

   

第二回目のワクチンを射ちに行った。
クリニックへ行くのが楽しいと前に言ったね。

 

水槽の魚たちに「クリスマスだね」と挨拶して、
看護婦さん四人がいる部屋に呼ばれた。

 

マルコ「こないだのお守り、よう効いた」
と絵葉書礼状を渡した

“ 注射後は ΣΟΦΙΑ(ソフィア)の守り カイロかな ”

 

マ「体がちまこいから、出来たら2/3にして」
看護婦「はい、チクッとします・・・」
終わって
看護婦「あれ、全部射ちました」
   「今回もお守りありますからね」と笑う

 

楽しいのは魚たちだけではなかった

 

来歴書作成に集中


今年の夏の調査記録が長くなりました。

 

来年正月に向けて千年構想の来歴書を作っております。
しばらく縄文の平和と滅亡調査はお休みです。

 

時事ブログは時折記しますね。

 

この三週間は全てに荒れていました。
暴風・あられ・雪・雷・突風・遊撃暴落・新月・・

 

小春日和がやってきて、平安を楽しみます。

 

f:id:Mtatibana:20211210122032j:plain

   極楽で鳴く鳥

 

クリニックのお守り

マルコは病院が苦手だ
行くと病気になる。


 お医者さんと会うとホッとして病は消える。

f:id:Mtatibana:20211124194114j:plain



 だから行きつけのクリニックに通う


整えられた水槽にサンタと魚たちが泳いで目を合わせて話す。
魚座のマルコよコロナ接種頑張れ」と言っていた

 

帰った晩に一人寂しく腕の痛みと頭痛に悩む。
 看護婦さんがくれたお守りを思い出す

 入っていたロキソニンと湿布とカロナールが効いた。

 

お守りの上に乗っかっていた大悲の心に包まれてマルコは子供のように眠った。

 

      f:id:Mtatibana:20211124194134j:plain