千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

 盛夏・水なす


近所のお人が
冷蔵庫でひんやりさせた包みをくれた。

 

「マルコ、水ナスときゅうり」
M「そりゃ豪勢な」
「さっき収穫したばかりやから。水ナスはな、
 海水と同じか少し濃いめの塩水につけて1~2日目がおいしい」
M「ダンケ!サンキュ!あんやとう」

 

早速、海水の濃度を調べて200ccの水に塩を8g (^^♪

 

    

 

ツケこんで二・三日 ミョウバン入れたから色はナス紺


なんとサクサクとした歯触りにつつましやかでみずみずしい夏の味
なすの甘みとあっさりとした後味が加わる

 

あれこれ手の込んだ味の対極にある、素朴な日本の味だ

 

巨大きゅうりのまっすぐさにも脱帽敬礼!

 

 報道にマユツバを   <重要>

2011年福島の原発事故で上や下への大騒ぎの中、
マレーシアへ飛んだ。
人は「落ち着いて、落ち着いて」とニュースと同じことを分別臭くいっていた。

マルコはマレーシアのMM2Hビザがあって、縁者を連れて長期避難ができるからその準備のためだ。

 

向こうで知り合ったお人から、「福島第1原発は米国のGE製マークI型原子炉で安全性に対する懸念がもともとあった」と知らされた。そのインターネットサイトは確かに沢山あったが、そのうちどんどん消え去っていった。

日本国の人々は、“東電悪者”説を信じ込んで、GEへの追及は一切ない、政治家たちがもみ消したのだろうね。

 

 

NHK「受信料払ろうてくだされ」
マルコ「いや!」
NHK「テレビがあれば義務です」
マルコ「時々、嘘つきNHKになるからねぇ」
NHK「?」
マルコ「それに、あんたら“59歳無職の男、**犯”なんて
定型文句繰返すから、疑われて迷惑」
NHK「エ?」
マルコ「変なニュース流すからTVつけん。なんで男は悪人で男性は善人や」
NHK「は?」
マルコ「近頃、“数字と確認”ばかり羅列して語彙がないんやな」
NHK「ホ? 支払わんなら裁判になることも」
マルコ「結構なこっちゃ、いい番組あるからその番組に払いたいな、どうせ下々のこと聞かんから、裁判所でゆうたろ、そうしてそうして」
NHK「また来ます」
と足を棒にして家々を回ってくる集金人と歓談した。

 

      

        玉虫色の答弁 わたしゃごまかさんよ

今マスコミ、嘘を報道している。玉虫色だけどね。

 

穀物価格上昇を
当初「ロシアとウクライナ戦争も加わって穀物価格が高騰」となかなか中立表現が

「ロシアのウクライナ侵攻による食糧価格高騰」になって

「ロシアのウクライナ侵攻による原材料高騰」と癌表現に至る。

G7ではさすがに「ロシアの侵攻を背景とした・・・」とぼかしている。

 

原材料高騰なんて、とうの昔、二年前から始まっている。
マルコは羹ものに懲りて、なますチャンスをフーフー吹いたので
チャンスを逃がしたのでよくわかる。


大きく上げだしたのが昨年半ば

店で物が軽くなったのをヒシヒシ感じているから“実感”ちゅうもんもある。

 

 

今では銅などかなり下げたし、ウクライナの輸出品小麦価格は高値から 大きく下げている。
大体マスコミが騒ぐと逆にゆくものだね。なんでもかんでもロシアが悪いと叫びまくる。

 

 

それにもっと大事なことはね、こっそりいうけど (@_@)
本もののインフレが続くかも! すると
むつかしぃ~い表現だけど 【金融抑圧政策】に突入かもしれないよ。

 

 

選挙民主主義ではね、こっちのほうがもっと重大。

ま、いずれにしても報道は

3、四割方、眉に唾しましょうね。

 

 戦争好みの“政府”

偉大なる宗教者達が輩出して二千年---

 

大きな争が戦争、それも大戦へと拡大してる。
政府が始めているのが歴史。

 

      

 

 

近頃、戦争で政府要人は、快適なオフィスで口の体操をしているだけ。

リーダーとして先陣を駆け巡ったのはいつの日だったか。

 

汗水、血みどろになり苦汁をなめるのは
名もない庶民というのがお決まりだ。

 

       

              息子よ・・

どんな体制でもね、政府が争いを始めたら
誰かの利益や狂信、狂執によるもの。

 

そんな気配を感じたら、扇動に操られることなく
距離や間合いを取ることでっさ

 

 

       

 

吾らだけでなく後進の人生も破滅だからね

 

 

ダンマパダに曰く

       「彼、われをののしり
        彼、われを打ちたり
        彼、われから奪えり」
                     心にうらみ
          執する人々に
          怨みついにやむことなし
                     Danmapada3

 

      

 

 

 

 

えんどうまめさん

 

尊師が畑の実りを贈ってくださった。

 

以前お送りしたツタンカーメン豌豆を育てたもの。

 

この種は皮が固いため、水に浸したあと

「ちょっと、重曹水で泳いで」としばらく置いて

熱湯温泉に入ってもらった

    あぁ~うまいなぁ

 

尊師曰く「クレオパトラも食べたかも」

マルコは、クレオパトラちゃんと一緒に「うまいわい!」と

想像しながら食したら、心身共に宴会モード

 

       

             左マローハット  右ツタンカーメン(色は様々)

 

ツタンカーメン豆はたとえ緑色でも、煮るとあずき色になる。

だから、赤飯にも使える。

 

尊師の教え「納豆にして結構おいしい」

それは !

 

エンドウ納豆作ってみましょう !  !

 

手に入れた

青大豆・レンズ豆・レッドキドニーひよこ豆・ポップコーン

マロンハットえんどう・カリオカ豆でも作ってみよう

 

尊師「自然は偉大です。納豆菌が時間をかけて調理してくれます。

   後は食すだけです」

 

まるこ、大自然に礼拝、それを発見してくれた先人に感謝

お教えもありがたいなぁ

 

 

 

 給付金を生かそう 時事


安易な金が入ると、身も心も持ち崩す---

 

10万円の一律給付金をもらった。

その折、民主主義はいらんことをするなぁと頭をよぎったことを覚えている。

 

 確かにパンデミックという訳もわからん外国語などを使って大騒ぎした
政府のお詫びの心持ちは感じる。 その裏には選挙の票がちらつくけどね

 

はるか太平洋の対岸では失業していると就業時よりも
ずっと良い週休給付金がもらえた。
そんなのいいのかなぁ??

 

 

今持続化給付金返還問題で浮き足立っている人たちが多いと聞く。 
大々的な詐欺師もマスコミを騒がせている。
これだけ国際的に活躍できる知恵がいい方へ向かえばと思うな

 

我が社でも足元を見ると完璧な大赤字だけど申請しなかった。
 パートナーが「一番困難な道を」と助言してくれたこともあるが、
直感的にへんてこだと思うからだ。

 

この十年間、先楽後憂ばやりを感じてる。 
安易で楽なことをまずして、後のツケはだれが どのように払うのだろう。
生き物の直感からすると、 天の鉄拳が下されるように思う。
 その時人は誰かのせいに必ずする。決して自分が悪いとは思わない。

 

マルコは託された十万円の使い道をあれこれ工夫している
     使い方の研究 おもろいなぁ

 

愛と富の福音に生きた大富豪アンドリュー・カーネギー
智慧と努力に咲いた富者・本多静六のようにいかしたい

 

      

            Mr.Honda

白金の潜在可能性


    不可解なことは、何かの予兆。

     



5月終盤に白金のリースレートが急騰して10%となった。
場末のマルコには、その背景がわかるはずがない。

 

二十年とってグラフ化している、CFTCの取引大手ファンド筋の動向は
底値の可能性を示しているね。

 

    

                      経験的に底かな

 

目先底値から上昇助走へと示唆
人気の金がもたもたしているのを尻目に、堅調さには驚く。

 

動向は、アジアやユーラシアにあるのではないか?と憶測する。
     動物的直観だ (笑)

     



それは2-3年前から力を入れている中国だ。
十三億の人民に白金取得を促しているのでは?
と夢に出た。
かって政府は金を買えるように諸制度を整えて後、中国庶民は全員潤ってる。
次は次世代の国家戦略物資の白金をと、要人はこっそり次の戦術を画策してもおかしくない。


単に、中国だけではない。東南アジアの若々しい国々とインド、パキスタンが控えている。
ブラジルなど南米やらロシアも大きな需要国となる可能性が高い。


自動車の触媒、水素社会の要、退蔵用投資などが予想される。
つまり“有事の白金”に変身する可能性はおおきいからねぇ。

 

 

     パラジュームは20倍になった

      白金だけトリノコ族  干しアワビって王様価格

 

折しも
英国のプラチナ・ジュビリー(platinum jubilee)70周年の記念式典があった。
過去ルイ14世、ラーマ9世も在位七十周年を祝っている。 

 

ずっしり重い白金(プラチナ)は、二百年前に「ピント川の小さな銀 (platina del Pinto)」と云われているほど、希少だ。


そして銀そっくりだからまちがえる。
ある友人に記念に上げたら、てっきり銀貨だと誤解していた。
だから、硬貨を買うならPLATINUMと目立つように
書かれているものを選ぶことを勧める。

 

ただ、目先4200円(税抜)はボックス圏の天井だから、

もたもたする可能性が大きい。

五年・十年の先をのんびり見ましょう

 

             

                           若き日のエリザベス女王

プラチナの復活

クレジットカードで、ゴールドカードは持ったことはない
まして、プラチナカードなんて!

 

 

    

          どうして黒いのか?

 

千年構想の中でもここ十五年云い続けている。
「 日本の皆さん!プラチナcoin、一枚持ちましょう 」
  ◇ 分散型発電エネルギーの要になるからだ ◇

 

ところが今、金ブーム
そういう時はじんわり金をうる

 

そして、昨年春から白金を積み立てしている。
インフレさ中、今まで上昇がなかった

最後のコモディティーは白金だけだ。
(Cocoaもそれに近い)

 

それで利を得るというより、後進たちのエネルギー自給戦略として
貴重な触媒として明るい未来を築くことが大きな報いとなるね

 

お若いの、黄色い金より白い金だ。

 

 

威風堂々    加賀百万石まつり

             出発式

さわやかな週末に三年ぶりの祭りが実行された
祭り大好きマルコの竹林亭には友人たちも泊まりに来て
一緒に味わうはずだった。



その十日前の天気予報では 雷雨強風の予想
五日前では 曇り。
当日は五月晴れで肌寒いほどだった。

 

来訪予定前日「自転車でこけて、MIR撮影し医者から安静のお達し」で
急遽、来訪中止。
当日、近所の人と話していたら、「すごい混雑死ぬで、テレビが一番の観覧」
と断言。真昼間に梅酒を飲みながら観覧、楽ちん安楽だった。
なんと35万人が祭りを見に来たとか!



武家の町、金沢の華咲く伝統に血が騒ぐ

そして、流れに従い、すべて吉祥

 

            これは英国伝統行事