千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

南の島 便り < 再見!ウイルス君 >

深いのにこのように澄み切っている 我が心の濁りを感じてしまうなぁ 永らく、マルコの楽園 南の島に出張している。 大都市では変異ウイルスで盛り上がっている。 ちっさな田舎の漁村では、全くよそ事である。 年寄りマルコにも「コロナウイルスワクチン予防…

 少女の感傷と少年の夢 追い

昔の曲、Zardが蘇る 現代はやりの不倫曲 www.youtube.com 淫靡さがないのは、少女魂の素直な切なさが彩られているからだろう “白い傘の少女”に込められたメッセージ 幼稚園児ごろ、いつも手をつないで帰っていた女の子がいた 小学校の三・四年のときだったか、気…

間違った!すべてよし

前回ブログした Microsoft Windows 10への悪口。 よくよく考えてみればマルコの捉え方の間違いだった。 Microsoft さんあれこれと利用する人に考えさせてボケ防止の機会を与えてくれとんだ! 世の中、便利というものが最高にいいというわけじゃない。まあ適…

独占は驕りの源

1年以上前に手に入れた MacBook を,そろそろりと出して,気が合うように飼い慣らし始めた。 Bootcamp機能を使って Mac OSとWindows10が両方が動く。実務と多少芸術的なことのためだ。 ようやくゆっくりしてきてのんびりと楽しめる、なんて能天気に思っていた…

ワインも生まれ変わる

ときたま変なことを思いつく。 コンビニワイン 若い時からドイツワインが好きだった。もちろん赤いワインも好きだ。 そのルーツを辿ると、母上が大量に作った赤ワインにある。いつ頃からかは覚えていないけれども、少なくとも中学生時代には秋も終わりになると、ほ…

 来歴書完成  2020年版

あれこれしている内、こんなに完成が遅くなった。 第七来歴書を完成した。 千年構想の昨年の足取りと戦略だ。 同志達と賛同者にお贈りする。 毎日毎日、昨日昨日より0.1歩0.3歩前に前に

 積水の千仭の谷に決する

資産バルブもかなり宴が盛り上がってきた。 マルコの半生前の昔、ある塀の上をフラフラ歩いていた。右は極楽あの世行き、左は娑婆世行き。なんとまあ左に落ちてしまってここにいる。 このバブル宴見かけは太っ腹で、なんでもかんでも食い放題アルコール飲み…

痒みが智恵をよぶ

夜中に足が痒くて目が覚める時が近頃ある。老人性の乾燥肌。 こないだ温泉に入った時、特にひどかった。 イラスト/オカモトチアキ イラスト/オカモトチアキ 懇意にしている薬剤師が教えてくれる。 「ヒルドイドクリームだけでは間に合いませんね」 「そう…

匂いうまし

徳島出の友人が金時芋を贈ってくれた母上の腕で磨いた伝授「美味しい焼き芋作り方」で火にトロトロかける。 するとしばらくしたら甘さを含んで焦げかぐわしくもいい匂いが部屋を満たす。 両親が言っていた「あんたは芋が好きやったね」幼稚園に行く前に公園…

匂いかぐわし

ウイルス君との付き合いは四十年ほどだったのでコロナ君とも仲良くしている。 「 まあ、酒飲みねぇ カレー喰いねー 」 そろそろ梅が咲く。 ベッドの上で死にかけていて戻ってきたとき頃は今、 寒風に梅の花が何と可憐で美し咲くことか! 加賀百万石、金沢の…

 若さは怖れを知らなかった

鬼は外!福わ内 ♪ そしてこの年になり気づいたのは 鬼は内福は外 “鬼なるもの”は内に潜んでいる 自分で自分を痛めつけている すこうし気づいていたが“福なるもの”は目の前のすぐ足元に見つけられるのを待っていた 節分より早く 真っ先に米国では青鬼と赤鬼が…

新楽の幕開け

新年 まずはグチでまくあけです。 ベトナムの友人の結婚式にも出ることも叶わずオーストラリア・タスマニアにも行けず おまけにほんとは今、船に乗っての世界一周でワイン片手に大海原を眺めているコロナのに 一昨年から、中国を半年は見て回りたいとずっと念…

マヴィレット体験記:服用終了後二年余り

かぶれる漆は珠輝き、病ウイルスは人生磨き ★過去の経緯 たちばなマルコの肝炎ウイルス君は珍品で C型 Ⅲa、Ⅲb混合型 住み心地がよかったせいかウイルス量は大変多くて HCV RNA定量TaqManPCR法7.0LogIU/mL=十の七乗 でした。 肝炎時最後のMRI検査結果は 、特に…

マヴィレット体験記のカテゴリー作成

近頃、閲覧数が激増 マヴィレット体験記を見たい方のため 右下に分類を新規作成しました。 ここだけを読めば事足ります ☆ 今なお肝癌の種を抱えても元気にしていますよ 40年ほど前、「60台で肝硬変&肝癌になって 70過ぎに死ぬ」といわれていたのに・・・・・ 皆さ…

 雪見正月-1

ス 「おはようマルコ、寒いこっちゃ」ブルブルまルコ 「 スーちゃん新年おめでと。大雪、豪雪、あの世行き・・」 ス 「なんのこっちゃ」ま 「屋根から1メートルの雪が落ちてきてドスーン、恐ろしわ」ス 「僕も軒下でみんなと丸くなっていた」ま 「あんたら暖房なし…

ホワイト大晦日 to ユー

マルコはこん年、多用でゆっくりする暇がなかった。 まだ仕上げていない色んな仕事の中で、霜月からマーケットの戦況がガラリと変化したしね 特に期待している暗号通貨リップルの激騰と断崖墜落の対応にはお目々を白黒させた。なにしろ二ヶ月で三倍、すぐ後1…

 マニュアル人間とは踊らない

コールセンタ窓口には、素人が半数以上はいる。 色々な業者とやりとりしていて、いまだマルコは「代わってちょうだい!」ときつ~くたしなめる 彼女らはまったく素人で、経験もないからよすがはマニュアルだけだね「OSE先物値幅制限は?」「権利落ちはどうな…

チョークの心、抹茶のこころ

今なお心がチクチク痛む昔のことがある 生徒の時だった。歴史の授業が始まる前に、教室では大騒ぎ。チョーク投げ合いとなって喜んでいた。調子に乗った私が投げたチョークが教室の入り口の方に飛びまさにその時入ってきたカッパ先生にコツンと当たった。マル…

たまゆら

じいちゃんばあちゃんが眠っているという墓にお参りをした。 金沢の色んな人から頂いた菊花を携えて。父上に花は供えた。好みの「こぼれ梅」は忘れた。 その菊花の姉妹が一輪机にあるなんと一月近く可憐に・・・笑顔を向けてくれる。 老人施設からの枯れた胡蝶…

くしゃみ

山から町に降りた、冷房によわいマルコ・・・・ くしゃみでて 集める人目 寒さかなくしゃみして 昔はうわさ 今コロナ クシャン どもども 政治家を真似て、きちんと・ちゃんと・しっかりと マスクしてても うるさいお人がたんといる もうこれは、心の病ですわ・・・ 息…

エヤードロップの贈りもの

airdrop次のことが何のことか お分かりなら、最先端を行っているね! 『 Ripple社の投資部門「Xpring」からの支援を受けて、 XRP Ledger上にスマートコントラクトの実装を 目指すプロジェクトです。XRPの保有者に対し、 1:1の割合でFlare Networks上の…

「すう」の雨      <長文>

www.youtube.com “降るとなれば、まるでスコールのように豪雨になる” 世の中に数字の豪雨があちこちで降りそそぐ 多くの人たちが補助の雨だと思って酒盛りをする。大国では失業者に、マルコの五倍ほどの気前よく生活費を支給する。世界中に何千兆円もの補助金の…

ストレスざんまい

おもろい友からのメール 「・・・・・・・・・・・・ 仕事が出来ず、 息抜きも出来ず、 ストレスざんまいの毎日です・・・」 ハハ!!! 御仁の背景を知っているから 大笑い! 禍の中にザンネンをひねって ザンマイ 発見 ナイス

きつね

この山では朝5時には目が覚める。朝日がたなびく雲の間から漏れ輝くと、心の隅々まで照らしてくれる。 ある朝下の庭園の茂みに動くものがチラリと見えた。視力が弱くなっているので凝らしてみると、狼?たぬき?・・どうやらきつね君だった。 目を少し転じると…

 松茸

渋川市総合公園を散歩する。マルコがこもっている山から出て歩いて10分のところだ。高台にある60ヘクタールという広大な公園の展望台から眺めると、 右から赤城連峰 、子持山 、小野子山と広がってそれは雄大な絶景だ。 子持山 と 赤城山 ちらほらと地元の人が…

茶の花

秋の晴天、夕日が眩しく輝く。 散歩している時にお茶の花がひっそりと咲いていた。 いつつほどそっと摘みとって机の上におく。橘の花を思わせるうっすらと爽やかなの匂いが漂う。 しばらく眺め、酒に漬け込んだ。これこそお茶けである。 日陰のか細いお茶の…

 飛ぶ鳥、跡をのこさず

同志の尊父が永眠した。 癌が全身に転移して、わが年頃で逝った 本人の意向を重視し、かいがいしく世話した。潔い女だから、悲哀も悔恨も涙で流しさるだろう マルコもいずれゆく道 わが父上は晩年に慈みの眼で「別に結婚せんでもいいなぁ」と、なしえなかったこ…

疑矢が飛ぶとスタコラにげよう

ハイ 殻に閉じこもるんだゾ 私は変人だから人と同じようなことをしないときがある。すると下心があると疑念を持つ人が現れる。 疑念は人間の毒矢である心配は自他への腐信である 近所のお年寄りが、気軽にあれこれマルコに頼む。こっちは身軽だから、ヒョイヒョイ…

 誕生日は頭突き・手飛び・刃噛み

母上の誕生日祝いに出かけた。 ☆☆☆☆ 今年は大雨で、手にした黄色と紫の花も、好物のバナナやお菓子なども濡れている。 ほんとは所望の焼き穴子ご飯でも作ってと思ったが、施設の抵抗をさけ、別の日にこっそりする。一年前、ウナギご飯を部屋でさし上げると目を輝…

∞ 「原因はすべて自分にあるのです」 田中ウルヴェ京 ∞ そして続く 楽しいとか、落ち着く、嬉しい等のポジティブな感情怒りとか、焦りとか、心配などのネガティブな感情すべてそうなった自分にあるという。 これはまぎれもない事実、だが人のせいにするのが…