千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

 精一杯     養眞-12 :金沢

 

会社で席を長年温めたせいもあって、
マルコは効利的に生きてしまっている。

効率を求めるため短い時間と少ない資源で
できるだけ成果をあげることに専念したのだ。

 

   

     f:id:Mtatibana:20180617213304j:plain

            格好いいなぁ トテモトテモ及ばん・・・        

 


あるときは睡眠時間を削り四時間にして
たくさんの仕事をこなす試みをした。

あげくの果て疲労困憊して休み、総じて見たら
何のことはない効率がた落ちだった。

 

 

さて、ここ金沢で心地いいことの一つに
地元人のゆとりの笑顔である。

 

ある日、南郵便局に母宛の郵便物を出しにいった。
顔を覚えてくれたのか、
「風景印ですね、心を込めて押しときます」と
顔をほころばせて受け取ってくれた。

 

以前押しているのを遠目で見ていたら、
席に姿勢を正して座り、両手でジンワリコっと狙いを定め
それこそ腕のよい職人さんのように手際よくも
一気呵成に押していた。

  

じつは、ここ数年大拙館に通っていて
気づいたことがある。

“ 今、ここで  ”  を頻繁にいわれていたが、
ハタと膝を打つ程ではなかった。


修行の中で、雲水(修行する人々)に食事を供養する典座(てんぞ )
人格円満、道心の篤い人に与えられる名誉職だという。

 

普通は飯炊き権助とかいわれて、どちらかというと
軽んじられる日常茶飯事のことだ。

 

ところが全く違った。

心を磨く精進は、なにかしら山のあなたの遠くにあらず
誰にでもある日常にあるというのだ。

大切な空気がそこにあるのと同じく
精進は今そこ、自分のいるところにあった。

  

調理を日々重ねている主婦(主夫)は
生き物としての身や心を健康に保つ最重要な仕事を
授かっているのである。

 

手元にある材料を手間をかけ、
健康ですくすく育てと心を込めて
乏しい中、工夫して創り上げる。

 

       f:id:Mtatibana:20180617215727j:plain

            身に栄養  心に豊かさ

 

これほど貴い仕事があろうか。

差し出されたいのち育む食事を
どうしておろそかに出来ようか。


この眞実を腑に落とすと、何の変哲もない
むしろ繰り返しの単純作業、味気ない
無駄とみていた時間はガラリと変貌する。

 

どんな“いま”もなんと輝きに充ちることか。

だから、郵便局の若い兄ちゃんは輝いていた。


人生の歩みは、ゴールのためにあるのではない。
いいかえますと、結果や成果だけを第一とする
効利は会社の目的であっても、人の目標ではないと
今更ながら気づいたのだ。

 

 

ひとたび意識が変わると、刻々なす行為は
砂漠に清水が湧き出るように意味を持ちはじめる。

 

忙しいといういらだたしさは消えうせ
多くの先人がさとしてくれるように
その道すがらの気づきや悟りが楽しみとなる。


ひとは草を見て、これは野菜あれは雑草と
勝手に区分けし、雑草を嫌う。

マルコは事を見て、これは重用、あれは雑用と
無知なことに、雑用を手抜きしようとした。

 

 

f:id:Mtatibana:20180617214301j:plain

             これ  マルコだけ

 

 

今この時は二度とはこない。今から
どんなこともまごころで仕上げよう。

きっとこれが一段上の
精一杯の仕事なのだろう。


        今のみぞ
         まごころ味の
        奥ふかく    

                               f:id:Mtatibana:20180617223320g:plain

 

 

 

 

 

 富のよき働かせ方 長期勤続型とジョブホッピング型

f:id:Mtatibana:20180616235823j:plain


拝啓、Mr.バフェット

 

この一月に、おたくのことをまとめた本
37冊を読みました。

 

20才の若い頃が、一番よい助言が出来たが、
誰も耳を傾けなかったそうですね。

 

おたくの素晴らしさは、よい師を選んだのち実体験から学んで
いまなお、自分の智恵に高められ続けていることです。

 

耳を傾けないのは、人が慣性による考えやら
社会通念とやらの古いしきたりと人まねなどで
自分を自由に放てないからです。

 

自由とは“みずからによる”ことですね、Mr.バフェット。
つきなみには眠る創造力を芽吹かせることができんのです。
特に変動し流転きわまりない金融の深い森では
柔軟さと創造性がないと青木ヶ原になります。

 

    f:id:Mtatibana:20180617000654j:plain

       チェリーCokeでご機嫌

    

Mr.バフェットは禅僧がのたまうような場面があって
ヨーロッパの賢人、インドや支那の賢人の境地と一緒なんだなあと
感じ入ってしまいます。自由人Mr.バフェットであります。


期間のリスクを限定するとの方針で
デートレードや時間トレードする人が大勢います。
そういう人達は数字の差益を狙うのが目的。
丁度、給料や待遇のよい会社をジョブホッピングすると同じです。

 

Mr.バフェット殿は「会社を買う。経営者を見、一緒に経営する」
という信頼と育成があります。
それは私たち日本人がかねて体験した家族的長期勤続の
仕組みの背景と同じです。

 

投資とはささやかな応援だとは思っていましたが、
育成と共同体の意識を持つMr.バフェットの境地に
敬愛をもって拝します。

 

マルコの残された時間を
安らかに、後進育成の心を温かくもって、
大道の投資を心がけ、千年先の“よかれ”になるよう
生きた使い方も試行錯誤したく存じます。

 

高齢でありながら若々しい感性の持ち主、
貴重な時間を心ゆたかにお過ごしあれ。

 

    f:id:Mtatibana:20180617000809j:plain

          おすきな  ラウンドサンド いかが?

 

 

 

 

 地鳥、渡り鳥  :金沢


まっ黒カラスが鳴いている
おはよ~ビービーひよどりよ

 

遠くでかっこう
カッコウコウ

 

ヒヨドリ
珠のこえ

www.youtube.com


https://www.youtube.com/watch?v=g18bdzfCd84

キジバトやさしゅう
クーコロロ

 

陽が射しだしたら
つばめの回転
お見事みごと

 

トンビは祭りで
子供の菓子狙う

 

背黒セキレイ
ピコピコ尾ふる

 

渡り鳥マルコが
あくびをしたら
そろそろコウモリ
ヒラヒラり

おやすみ

    f:id:Mtatibana:20180614204052j:plain

https://ja.pngtree.com/freebackground/halloween-bat-halloween-background-banner_153410.html

 

 

 

 マヴィレット体験記 7日目


毎朝、お医者の指示通り
大きな錠剤を三粒呑み込んでます。

 

               f:id:Mtatibana:20180612203032j:plain

              

http://yaemugura.hatenablog.jp/entry/lovelykittens

                   文字と錠剤はマルコ加工です

 

軽い頭痛がする。いつもだけれど
それが、気温急降下によるものか
薬のせいなのか分からない。

 

倦怠感が少しあり、食後しばらくすると
眠たくて仕方がない。

 

この1週間目覚めが早くなって
早起き鳥のように5時前後だ。

 

早く目が覚めるから、眠たくて
早く眠る。すると早起きになるという
循環かもしれない。

 

     何はともあれ、恐怖の悪作用は
      やってこなかったですよ。

 

明日は、手頃なケーキでも手にいれて
福作用を祝う。

 

                                   f:id:Mtatibana:20180612202943j:plain

                                  まいあさが誕生日

 

 

 ほたる :金沢


街の中心から5分ゆくと
マルコがしょっちゅう散歩した
白鳥路(ハクチョウロ)がある

 

金沢城の堀の先にあり
緑の路には小川が流れ
木陰に青銅彫刻が融け込んでいる

  

この静かなる路に
今月初めから蛍が飛ぶという。

すぐ横のホテル山楽にでかけ
蛍の催しに参加した。

 

  

     f:id:Mtatibana:20180611135224j:plain

 


障子格子の屏風を背にして
和服姿の品ある語り部
蛍の文学作品を蘇らせるのだ。

 

声にいのちが宿り、まるでほたるとが
戯れ飛びかうような幽玄に包まれる

 

 

   f:id:Mtatibana:20180611133604j:plain

                      ほたるを聞く

 

かすかなBGMは日本の横笛。その響きは
笛先にほたるの黄舞があるかのようだ。


源氏も平家も共に変わりものだという。
日本にいる五十種類の蛍の内
水性でかつ成虫になっても光るのは
源・平蛍だとか。

 


催しを終え、一番活発に光る八時過ぎから
白鳥路の散策をした。
子らがあちらこちらで歓声をあげる

 

空を飛びかうはほたるの君
葉陰に宿るはほたるの姫

 

都会の真ん中での初夏の
夜の闇にほんのり流れる
うす黄色の軌跡に麗美
私たち日本人は感じるのだろう。

 

そしてこの地の人々は、
飛びかう短命な小さな虫をいとおしむ

 

         f:id:Mtatibana:20180611134827j:plain

                     hotel 山楽 ロビー

 

そして、お隣席のご夫婦とほたる縁で知り合いになった。