千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

一ズキ 二しま 三なすび

 


古老が頓狂なお声で

「うそやぁ!それは」

とのたまうは、

どうでもいいこと、糠床ばなし

 

 

                  f:id:Mtatibana:20170719110851p:plain

                    どんどん漬け替え
              https://mechalog.com/nukatuke-yudetamago

 

 


糠床は毎日かき混ぜな、腐るってウソ

マルコ床は、乳酸菌、ビフィズス菌、納豆菌、
エビオスイースト、酒粕、ヨーグルト・・・入り

年中混ぜずに、ぬか漬け食っとんヨ

 


そうそう、

ズキ はね、ズッキーニ
しま は、 シマウリ

これが特に旨いんよね。

きのうもクボタの精米機へいって、
新鮮な糠をもろてきた ♪


  

    f:id:Mtatibana:20170719112201j:plain

            わたしゃ縞瓜君 サラダもいいねんで

 

 

 

 

 

なまけもの

 

 

     f:id:Mtatibana:20170715111700j:plain

           きばってますやろか?

 

『することなしや』

木にぶら下がってる

ナマケモノがいった

ああ、いいなぁ

 


“のんびり”
“ぶらりこ” という薬

        f:id:Mtatibana:20170715111923j:plain

         いつも この薬 飲んでるわ   食事は1日にgだけど
           https://petpedia.net/article/157/sloth

 


何にも勝る
天の妙薬

f:id:Mtatibana:20170715112000j:plain

                俺ももろた
           http://wwf.at/de/menu27/subartikel793/

 

 

 

ご近所わらしべ


近所の民生委員はんに

「死ぬ時の希望を書いてますねん」と

<私の診療に関する希望書 《延命治療に関する事前指示書》>
を渡したら、

「マルどん、めだかと梅あげるわ」- - -で


蚊に献血しながらふっくら梅を摘み取って

両手にずっしりこと、梅の実ぶら下げ
口にメダカをくわえて帰宅。


コロコロ洗ろうて、あちこちに配った。


すると、北側の新宅に引っ越してきた
若いご夫妻が訪ねてきましてな、

「これ焼きました」 と

梅のカップケーキをくれはりました。

     f:id:Mtatibana:20170710211420j:plain


              最 高 のお裾分け

マルコ欣喜雀躍!

マルコえんどう豆菓子をお分け(押しつけ)したら
恐縮して帰りはった。

 


そのあとね、園芸仲間から
キュウリと旨い椎茸煮付けをもろた。

だから、今日はルンとそうめん日和

こんなや、あんなや、がどんどん巡り回って、
これ、ご近所わらしべ循環といいますねん

そやからね、金はまるきり要らんね

梅シロップやジャムも作って配るつもり

丁度、ずぼらして生存確認の返答してないもんで、
   年金がストップしているから
      ご近所さまさま
        (^-^)"♪

       f:id:Mtatibana:20170710211520j:plain

               梅がとりもつ


長者になるかどうか分からんけど、なれんけど、

みんな笑顔になりますんや

 

 

古都  花筒

 


梅雨空は緑の趣を味わえる


嵐山を歩いていて
ふと目にしたのが

民家の玄関

 

 

f:id:Mtatibana:20170701220059j:plain

       丁寧に 雅心で

 


外国人が観光で道に溢れているが
少し離れると

閑かで落ちついたたたずまいが、
千年の歴史の洗練が、
ここかしこにある

 

f:id:Mtatibana:20170701220117j:plain

      ここは民家です、玄関で座りこまんといておくれやす:立て札

 

 

 

f:id:Mtatibana:20170701220145j:plain

          料亭 錦 の 紫陽花

 

 

 

 

        f:id:Mtatibana:20170701220201j:plain

              ステーキ三度

養眞でまいります

  

          f:id:Mtatibana:20170621205106j:plain

                ことばの奥には
                    深い味わいがあります

 


父を導いたお人、鈴木大拙師は学生時代気づかれた

「西洋では  “犬は四本の足を持つ(have)”  といい、
  私らは  “犬は四本足だ”  という」

不思議に思ったそのゆくてに悟りがあった。



こないだ、翔天宴をして戒名をもろうた。
いわれをよく知っている清らかな方から

「あたんねぇ、戒名というのは
   自らを調え修行するためのいましめとし
     守るべき名前なんだよ」と
 戒めていただいた。

   ははぁ!  
これこそ大発見 まことその通り

ハタと膝うつ、よき仕合わせに

 


スペイン人にもろた  “マルコ”  に続いて、三っ目の名は


    

f:id:Mtatibana:20170621204832j:plain

             父上の遺言


みなさまよろしゅう           m(__)m