千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

老いの慟哭-2 老いゆく父上母上への贈り物は?  長文

 

       f:id:Mtatibana:20200519094949j:plain

           活躍の果てに


ある大銀行の保険窓口で妙齢の行員がシクシク涙を流した。

保険の勧誘説明を受けていたとき突然のことだった。

 

「マルコはね、保険金残す必要ないんよ」とゆるりと申しわけなくいった。
「母しかおらんし、死んで残す人がいないんよなぁ。
 母上も一生懸命年取っても生きなあかんのよ」と口にしたとたん

行員「わたし、母が大好きだから、どんなに植物人間になっても
 生きていて欲しいの」と涙を急に流しはじめた。


マ「さよか、さよか、そうやろな・・・」
わたしはオロオロするしかなかった。

 


三宮地下駐車場での出来事もまだ鮮やかに憶えている。

 

懇意にしている歯医者さんに母上を連れて行って
その帰り自動車にゆっくりと乗せているときのことだった。

 

「このばか!一体何回いったらわかるの!!!」
それはすこうし離れた向かい側での自動車の横で発せられ
キンキンと響き渡ったののしりの絶叫だった。

 

どうやら状況からさっするに、車椅子に乗った老母を自動車に
乗せようとしているさ中に、怒りが爆発したのであろう。
娘さんらしき人が鬼の顔をしていた。

 

マルコの母上は耳が遠いから気づくこともなく、自動車にえっこらしょと
乗り込んでいた。耳が遠いことはよきことだねぇ。

そして、先ほどの銀行員の40年後が見えるようだ。

 


三十年ほど前に、ある老人施設の出来ごとも焼きついている。

 

知り合いの奥さんが倒れて老人施設にいるというので見舞に行った。
入口から入ったとたんのことだった。
窓からの陽を浴びて、車椅子に乗せられた5、6名の高齢者が
そこかしこにいるのが目に飛び込んできたのだ。

 

          f:id:Mtatibana:20200519095444j:plain

              夢物語

その時の印象は強烈だった。なにしろ、ほとんどのご老人は
とけた餅のように力なく車椅子にとろけ込み、
みんなが一斉にマルコに視線を向けたからだ。


目が叫んでいた 
「たすけてぇ!そこのニイさん」「どうにかしてぇ!!!!」

 

       

     f:id:Mtatibana:20200519101801j:plain

       ゴッホ  永遠の入り口にて

つい近頃、死を願われる老人の話しも聞いた。

 

マルコにふんだんな智慧をくれるあるお人が仲間内で会合を開いたという。
すると次第に親の介護の話になって、その大変さが話題の中心となったそうだ。

 

頭は惚けて体が生きている親の“そんなはずではなかった”長寿にあわて、
金の計算をしてえらいこっちゃ!と本音があとで出てきたそうだ。

 

その先に「はよう、死んでくれたらほっとする」などと
笑うことのできぬ本音が酒の入った仲間内から
ぽつんと出てくる始末だったとか。

 

          

f:id:Mtatibana:20200519100036j:plain

 

それが現実なのである。そうした現実を若い人は体験も少なく、
自分は元気だから先を体感や実感することは少ないだろう。


過去の延長での思慮のない感傷に身を任せ気楽に泣き崩れる先行きが
いずこに向かっているかも気づかないのだ。

 

 

まったく同じように、竹林亭に遊びに来た女の人は
菓子を差しだすマルコ手をみて「しわが寄ってる」と自分と比較していった。


また、くさいとかきたないとかいって、皮相な感覚印象をのべ
生き物として誰しもがたどる道に思いを馳せることのない見方に
がっかりを通りこして憐れさえ感じた。

 

 


それはさておき、マルコは何十年も前から父上母上といっている。

その意図は二つあって、一つは見返りをまったく求めぬ無私の慈愛を注いで下さる存在に
あるいは、身を削って子らや後進のために死に行く存在に、
キリストやゴータマのような崇高さを観るからだ。

 

自らを振り返って反省するけれど、自分中心に考えてしまう。

そうならないよう慎みと慚(ハズカシ)しさを持ち続けるため、
無私の慈愛を惜しげもなく降りそそいでくれる存在を一般化して、
ありがたみと我が身もとの憧れを抱くためである。

 

多くの父や母、先祖達、または今の社会で陰徳を積む人々。
さらには、社会の父上母上、宇宙の父上母上・・・・

 

私たちが無私の慈愛をふんだんにいただいたその人々に
どう向かい合うのか。その老いにどう対処するのか・・・
人それぞれで方法は70億通りある。

 

マルコは消去法で、老人施設のご老人のような
うつろな人生を送る老人にだけはしたくないと
三十年前に思ったのだ。

 

www.youtube.com

 

人には死に時がある。
おしまれ、悲しまれ、よき思い出を紡ぎ
きっちりとした結び目を作ることが
無私の慈愛に対するお礼ではないかと感じている。

 

一時の自分勝手な感傷で、尊い人々を
人生のない悲惨な状況にだけは
おとしめてはならないように思うのだが。

 

 

そして欲張るならば、父上や母上がこの世でやりたいこと希望を
叶えるお手伝いをすることではないだろうか?

 

     ☆長生きではなくて善逝
      蟄居ではなくて希望を叶えて

           さし上げることだ☆

 

      f:id:Mtatibana:20200519101424j:plain

 

 老いの慟哭-1 序曲 ゆくみち


  ある物語

   

人の世界で悪事をなし、死んで地獄に堕(お)ちた罪人に、
閻魔王(えんまおう)が尋ねた。

 

「おまえは人の世界にいたとき、三人の天使に会わなかったか」
「大王よ、わたくしはそのような方には会いません」

 

眉をひそめた閻魔様は
「それでは、おまえは年老いて腰を曲げ、杖にすがって、
 よぼよぼしている人を見なかったか」
「大王よ、そういう老人ならば、いくらでも見ました」

 

「おまえはその天使に会いながら、自分も老いゆくものであり、
 急いで善をなさなければならないと思わず、
 今日の報(むく)いを受けるようになった」

 

「おまえは病にかかり、ひとりで寝起きもできず、
 見るも哀れに、やつれはてた人を見なかったか」
「大王よ、そういう病人ならいくらでも見ました」

 

「おまえは病人というその天使に会いながら、
 自分も病まなければならない者であることを思わず、
 あまりにもおろそかであったから、この地獄へくることになったのだ」

 

「次に、おまえは、おまえの周囲で死んだ人を見なかったか」
「大王よ、死人ならば、わたくしはいくらでも見てまいりました」

「おまえは死を警(いまし)め告げる天使に会いながら、
 死を思わず善をなすことを怠って、この報いを受けることになった。
 

 おまえ自身のしたことは、おまえ自身がその報いを受けなければならない」

                   (パーリ、増支部 3―35)
             『和英対照仏教聖典』185頁14行-187頁15行

   

 

移ろいかわる浮き世で、へらへら生きていた若いマルコは
三十代にいろいろな三天使に会うはめになったのです。

 

百年も長たらしく生きなくてはならない不幸な現代では
長くもつらい老いの時をどうして送らなくてはならないかを
かこち嘆くのです。

 

       f:id:Mtatibana:20200511134937j:plain

            フン!わたしゃ違う

 

そこでマルコが工夫した一つは、七×でした。
一年は0.7年とします。一月は三週間、七十才は人生五十年の頃と同じ。
世の変化は早まるけれど、時間の密度を希薄にしたのです。
あとは人生密度で人それぞれといえましょう。

 

これからしばらく、長寿を願った人類の行き着く
老いの嘆きについてシリーズで記事します。

 

 

    佳人薄命  Whom the Gods love die young.

 

    本当の神に愛されたいものです

  

 ゴム紐


年初からですけれども、ゴム紐が緩んで
下着も、トレーナーもずり落ちてばかりです

 

       f:id:Mtatibana:20200510112707j:plain

         こんなのがずり落ちる

 

買い物に行くさなかに、しょっちゅうたくし上げるんで
会う人が笑います

 

もう八ッつほど入れ替えをしたのですよ
緩めにすると結び目が外れてまた一からやり直し。

逆にきつ過ぎるといつも腹が苦しくなってもちません

 


社会のゴム紐がきつく締め付けられるコロナ騒動時は
ゆるむお人に厳しいお達しが飛んでくる

 

ネバナラヌからの脱却を父から訓戒としてずっと意識してるのですが
世の中の常識の縛りは父や大拙先生の仰せの通りです。

 

特にうるさい“道徳家”の人々は自分の鏡なのにやたらと人に
ああせい、こうだと得意げに非なるものとしてあげつらうのです。

 

マスコミの報道でもめ事をきくにつけ、エライこっちゃなぁって
きついゴム紐の実感がします

 


島田の大いなるものに沿って生きている修道師さんは
マスクせず日々豊かな心と笑顔で暮らしているとのメール。

 

キリストさんが仰せの通りなのです。
「あなたがたはなにに驚き騒ぐのですか」

 

ネバナラヌの世界では、ほとんどが人ばかりみている

狭い人の世半分、大いなるものの世界半分などにしたいと
マルコは心がけます

 

さっきほどけたゴム紐を快適なきつさにしあげて
平安に過ごしたいと念じました

 

       f:id:Mtatibana:20200510112959j:plain

        ハハハ

 大拙博士お好みの花  :牡丹


園友が
「マルコ、一本あげるよ」と
みごとな一枝をくれた。

 

「ほのかないい匂いでしょ」
マ「なんと、あまい・・・」

 

父の大恩人、鈴木大拙先生の掛け軸前にいけた。
大拙先生もにっこりされるだろう。

 

 

 

    f:id:Mtatibana:20200506155818j:plain

 

二日して満開前に近くの友人に
開花お裾分けした

 

 

 

     f:id:Mtatibana:20200506155839j:plain

          森田画伯

ツケは誰に??

      f:id:Mtatibana:20200429101910j:plain

           空高く



どこの国でも、1930年当初の大恐慌以上という国難
この際!と、驚くほどの種類と額の給付金をばらまき始めてます

 

目先の金巡りの困窮に、飢えに、社会混乱防止にと
大義名分はよくわかります

 

さて、政府とは国ではありません

政府が“金”ばかり払うのだけどそのツケは誰が負担するのだろう?

 

決めた政治屋さんが払ったという歴史は一度もない

 

緊急性より重要性の方が長い目でみると大切だけれど
    見向きもされないのです

 


さてさて、老いぼれたマルコは

これから十年間の思いもかけない激変を

きっとため息をつきながら眺めることとなるでしょう

 

 

     f:id:Mtatibana:20200429101936j:plain

             おのこは泰然と

  

 

  独り言: よし、千年構想のほんの一部を政治家さん達に

       提案しよう  ツケではのうて贈プロジェクトをね

 手作りは心造り


ふとしたきっかけで知り合った旧友が手作り品を送ってくれた

 

 

  f:id:Mtatibana:20200426220851j:plain

       マーマレード      オレンジピール



マルコが作る陳皮と違って、菓子になってる

 

ちかくの友と抹茶菓子にしたら、“ うまいねぇ”といった。

 

ジャムはakari苺で作ったのだろうか
蓋を開けたら、苺の甘くもかぐわしい匂いが部屋にみちた。

 

     f:id:Mtatibana:20200426221011j:plain

 

 

大きな瓶はマーマレードらしい?
これらはぜんぶ、マルコ好みだね   手作りほど嬉しいものはないよ

 

“いちご園に行くと、わたし用に一本の八朔全部くれるんです”
なるほど、いいなぁ     これが分かち合いのいい所

 


よし!! とマルコも刺激をうけた。

何年かぶりに“マルコ・座布団ケーキ”を作る

小麦粉に糠やスキムミルクをたっぷり加え
卵とオールスパイスを混ぜる

さて、ここにクルミやひまわりとかカボチャの種やらアーモンド、麻の実その他
さらには、サンザシ、レーズン、乾燥りんご・・・・二十種類を混ぜ込む。

あとはチョイチョイとバニラエッセンスなんかでてきとーに香りづけ

できたのは巨大1.3㎏の座布団シュトーレン

今回は芋キントンやらマルチパンは入れなかった。

 

    f:id:Mtatibana:20200426221109j:plain

         座布団 マルコシュトーレン

 

これで一週間の主食が出来上がり。

 

      参考:最初、最弱火で焼いて保温箱で芯まで熱を届けてのち

         ひっくり返して短時間焼く  といいのができる

 春を感じる梅や杏のように


マーケットの魔術師という本は
1992年に手に入れて、そう
十回以上読んだなーぁ

 

市場(マーケット)に参戦して、生き抜いた人々の述懐だ

それらの本質を的確にまとめている

 

  ∞

自分のトレード・ルールを守る自己規律

絶好のチャンス到来を待つ忍耐力

相場に入っていく勇気

潔い損切

勝ちたいという強い願望

  

 

 

     f:id:Mtatibana:20200426220547j:plain

 

本の帯に書かれているこれらをじっと眺めていると
マルコは人生の道を見た       それは

“縁により生じ、縁の集積によって消える”
ことわりを観たからだ

 

 

病院で生死の境を行き来してのち
散歩を許されたときが初春だった

 

梅の香が漂い、かくもうつくしくも甘美な!と
ただただ目頭はうるおって時を忘れた

 

天地の摂理にそう梅は、十二月でもなく一月でもない
そう二月頃から咲き始める

 

全ての条件あるいは縁がうち揃ったときに
楚々とつぼみを開くのだった

 


おなじように世界の諸資産も天の摂理にそって底をうつ

全てそして、人生も同じ

条件が揃えばはじめて大いなる気づきも腑に落ちる

 


若い人々は、ほんの少し下げた世界の諸資産が安いとばかり
買い進むが  なにとぞ  お気をつけなされ

 

戦場に出るときは、裸で出てはなりませぬ

武士モノノフは武装する以上に大切なことがらは
まさに上記のことですよ

 

      老婆心マルコ