千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

マヴィレット体験記 服用を工夫 八週間目

 

      f:id:Mtatibana:20180815072510j:plain

            みまいに来たぞ

 


目がすぐに疲れる、呼吸が浅くなる、脳みそに霞がかかったよう、
足が重くて、よーっこらしょ!といわなくては立ち上がれない。

 

そう、マルコの現状は20才ほど老けたようなのです。

 

もともとマルコは病気ではなく、ヨタヨタする性格だと思ってました。

肝炎より副作用による苦痛や、その連鎖に苦しめられてきました。

 

だから、色んな工夫をしました。
その中の一つを記しておきます。

 

マヴィレット服用時刻を朝から晩に変えたのです。


---
薬剤師がいった。

「飲んでからある時間が経つと血中濃度が高まって
 それがウイルスを退治する」


<服用する時間から18時間たっていなければ、飲み忘れた分を服用。
18時間以上経ったなら、服用せずにおく>

マルコは一度飲み忘れたので、1日飛ばして

12週間後に1日追加することとなった。

 

なぁるほど、そのために18時間以内。


すると血中濃度が大切なのなら・・・

 

問い合わせて聞いてみた。
服用後に血中濃度がどのように上がるかだ。

 

☆単回投与データー(外国人データ)
  成分   tmax(中央値)時間  t1/2(h)半減期時間
グレカプレビル  1.5h~5h(3h)       6h
ピブレンタスビル  2h~5h(4h)      13.3h

 

☆反復投与データー(日本人データ)
成分   tmax(中央値)時間  t1/2(h)半減期時間調和平均
グレカプレビル  2h~5h(4h)      6.53h
ピブレンタスビル  3h~6h(5h)      24.6h

 

tmaxというのが血中濃度が最高の時間をいう。
反復の場合、服用後4-5時間経ったときということ

 

ついでに治癒率も載せておく。

 

     f:id:Mtatibana:20180814070720j:plain

 

いずれにしてもデーターの母数が少なすぎる。
一桁多くなくてはわからないだろうね。

 

---

 

ということで・・・

先週まで指示通り朝食後に服用していたのを、
夕食後にしました。もちろんマヴィレ先生に了承得て。

 

すると血中濃度の高い時間は眠っているときになります。

 

朝の体調は今までとかわらず
昼食後のけだるさが軽くなった感じがしています。

 

そのほかにいろいろ対策を打っているので、
服用時間をかえたのが効果有りかは分かりまへんが、
やってみる価値はありますね。

 

 

さて、このやっかいな倦怠感が
5%しかないというがほんまかいなぁ??

体重からすると2錠でいいのではおまへんかぁ?

 

マビレ先生にそれを問いました。

「う~ん、体重と関係なくそのように飲んでもらう方が・・・」

元気いっぱいの先生の声が、低くなっていました。


そして目がいってます。

そうかもしれんしそうでないかもしれん。

試してみるしかないか・・・

 

 

     f:id:Mtatibana:20180815072656j:plain

        お見舞いに参った 

             最近は蝉君がつぎつぎと

 

 

 真理(まこと)と慈しみの絆  :養眞13

 

 

                  f:id:Mtatibana:20180808115800j:plain

                                     真理    美しい写真は 真島氏撮影


                     一隅を照らすもの
                     これくにの宝なり

 

 

---
寄り道、迷い道の中で
マルコは感慨深い縁(えにし)を見つけた・・・


インド洋の真珠と謳われ美しい島国
といえばセイロン。今はスリランカ

 

サンフランシスコ講和条約時に
日本四分割占領案が紛糾していた。

 

そのとき、セイロン国の
J・R・ジャヤワルダナ氏は不朽の名演説をした。

 

日本の自由を奪ってしまおうという煮えたぎる熱気の中で

「憎悪は憎悪によって消え去るものではなく、
 ただ慈愛によって消え去る」

と何千年も前からの尊者やブッダ、インドの思想を謳い
「自由にしてかつ独立した日本の復活」を力強く提唱し、

 

賠償も日本から取り立てないので
「他国も日本には寛大な措置をお願いする」と
世界を感動させた。

 

                 f:id:Mtatibana:20180808122554j:plain

 

大人数を持って押しかけたある戦勝国の強硬な分割案は破棄、
現在の統一国家として繁栄の道筋ができたのだ。

 

 

ここら辺までは皆さんご存じ・・・・・

 

 

           f:id:Mtatibana:20180810070023j:plain

                            http://www.geocities.jp/f230mashima/

 

 

  ----


そして、裏話があった。

ジャヤワルダナ氏は明治時代に日本を訪れていて
鈴木大拙博士の本を愛読していたそうだ。

イギリスの植民地だったセイロンを
日本をモデルにして独立を図ろうともした。

 

 

蔵相だったジャヤワルダナ氏は
サンフランシスコ講和条約へ行く途中に

日本に寄って多くの政治家や人と会ったそうだ。


その中で鎌倉で執筆していた鈴木大拙を訪ねて教えを乞う。

穏やかな大拙師に深い感動を覚え、
スリランカと同じ仏教国である日本に強い絆を抱いて
この国を滅ぼしてはならぬとの名演説につながったという。

 

虐げられたアジアの植民地国民にとって、
日本は希望を与えてくれる存在だったし、
深い霊性的つながりをももっていたのである。

 

特にセイロンでは「佛陀入滅の2500年後にジャヤ・セーナ(勝利の戦士)が
東から来て仏教を助ける」という言い伝えがあり、
昭和17年(1942)4月に日本軍がコロンボとトリンコマリーを空襲したにもかかわらず
「ついにやってきた!」と歓迎したともいう。

 

 

えにしは個人的にもマルコの父を救い、
そしてマルコを導こうとしてくれている。

 

      “ 世界人” と自称した大拙

 

                   こころを照らすもの
                   宇宙の宝なり

 

 

        f:id:Mtatibana:20180808122233j:plain

 

 

 

 

 

 竹の林  :金沢


部屋から、南に竹林が眺められる。

サラサラそよぐこの竹の林が気に入って引っ越しした。

林には色々な息づかいがある。

 

 

 

   f:id:Mtatibana:20180803111744j:plain

            爺様手入れ ご自慢竹林 

 

 

地面には多くの植物と昆虫やトカゲ類

 

スズメもついばみ、セキレイがしっぽを跳ねる
キジバトカップルとカラスの夫婦がすぐ側で食事している

 

時折カッコウや、ヒヨドリ、ツバメそれに
こないだは鳶が来て休んでいた。

 

持ち主のじい様が懐かしげに顔をほころばせた。
       昔はのう、ムササビも飛んでたわいな

         風呂敷のようになぁ

 

時にカエルが細々鳴くが、流れている小川には蛍も飛んでいたそうだ。
今はコンクリートなので蛍もきえた。

 

 

朝餉はベランダにはこぶ

竹葉のキラめきを見ていると
どんな素食も天恵のグルメになる

 

 

     f:id:Mtatibana:20180803111849j:plain

         これが今じゃ 青竹隆々

 

 

 

Googleアシスタント


     将来人は何をするのだろうか???

 


実は戯れにGoogleアシスタントアプリをスマホに入れてみた。

 

      f:id:Mtatibana:20180803110049j:plain古いスマホ

「はい、どんなご用ですか」

 

マルコ「金沢の天気は?」
「今日は穏やかで現在32度、ずっとかわりません、・・・」

 

マ「なにができんの?」
「こんな事が出来ます。例えば、電話をかける・・・
下にあるアイコンをスワイプして下さい・・・・」

 

マ「あんた、色々できるんやね」
「お役に立ててよかったです」

 

マ「ベトナム語の翻訳は?」
「翻訳のアプリを立ち上げます、話して下さい」
マ「私の名前はマルコです」
「トイテンラ、まるこ」
マ「まぁ、何と早くてきれいな発音!!!」

 

マ「カッコウはどんな鳥?」
検索サイトされたHpを開くと、絵から鳴き声まで出てくる。

 

マ「今日のスポーツのハイライトは」
スポーツナビを開きます」

 

マ「わたしゃ今日何したらええかいなぁ?」
「ナイトプールでパーティーはいかが ?
    パリピってウエイウエイするのも楽しそうですよ」

マ「はぁ?なんじゃいな??」

 

なんとこの分からん言葉を聞くと
正確にそれも直ちに答えてくれるのだった。

 

      f:id:Mtatibana:20180803110225j:plain


茶化していった。
マ「あんた、嫁さんにいいね!」
  「検索してみますね ♪ 」

 

---

    戯れにiPhone Siriと対話させているオモロイ人もいる

 

       マニュアル話でなくて、対話になってるね・・・・

 

 

マヴィレット体験記 癌の芽  七週間目

                 f:id:Mtatibana:20180802070503j:plain

                                 朝靄

肝炎を発症したときと同じくらい
   しんどいです。

 

専門用語で「副作用等発現状況」中3%の人に
倦怠感がでるというけれど、毎度のこと
マルコに当てはまった。

 

やたらとだるい、眠い
力が入らない、やるきがおきないのです。

 

折り返しの今週、尋ねました。

「Dr.マビレ先生、よう頑張った褒美に
 ちょっとだけ酒で乾杯してよろしやろかいなぁ」

先生チト考え、にやっと笑って
「まぁ、いいでしょう」

 

年寄りの心わかる先生だなぁ

 

  ∞

マルコの疑問がずっとあった。

肝友で、過酷なインターフェロン治療に堪えて
晴れて完治した男がいた。

 

万歳ぃ!!!の乾杯もつかの間
すぐに肝癌を発症、死んでしまった。

 

どうして治ったのに?が疑問だった。

 

マビレ先生にそれを伝えると

 

「マルコどん、それはね。ウイルスがいた時に
 ガンの芽が出来ていて潜んでいるから
 たとえウイルスがいなくなっても
 ガンになることがあるんだよ」

 

マルコは長年に亘る疑問が解消した。

    f:id:Mtatibana:20180802070629j:plain

             木陰の昼寝

 

 

でもね長年"元々わが身"の細胞がガン化することを
なくそうとあれこれ工夫して努めてるからね。

 

 

そうそう、六週間終了褒美のさけはね、
甘酒にしたのです

 

“わが100兆個の細胞たち、がんばってくれたわぃ”
“ながぁーいつき合いのウイルス君よ激減さしてもうたなぁ・・・”

 

    f:id:Mtatibana:20180802070706j:plain