読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

  来る道、行く道 < しあわせ :ベトナム >  

 


朝の陽とともに目覚めた。

わたしは“幸せ”を求めたことは余りない。
それは女のものだからだと思っていたからだ。

今朝は、幸せだなぁと直感した。

     ☆

緑の農園に薄もやが漂い
陽の筋が真っ直ぐに浮き出てる
鶏が鳴く
虫のか細いBGMに小鳥が謳う
大家族の犬たちが足元にじゃれつき、朝の挨拶をする
仔猫が恥じらいつつニャといい、その横を六羽の雛が列をなす

     

        f:id:Mtatibana:20160531120114j:plain

            おそいな ワン         

 

なによりも、なによりも、3才から6才ほどの子供達が
一斉にこっちを見て歯を見せる

     

  f:id:Mtatibana:20160531120218j:plain

               マルコ げんき?


じいちゃん、ばあちゃん、若夫婦がそれぞれ家事をこなしている

孤独などどこにもなくて、全てが揃っているやんか 
  !!!!

バリ島のワヤンもいった   「貧乏はイヤだ、いやだ」
マレーシアの真ん中、世界一古いジャングルの女もいった
ベトナムでもそれを聞いたし、インドネシアでも

     ☆

しあわせには二種類ある

幸せと、仕合わせ。

私たちは足元の、それに気づかなかったり、

いとも簡単に捨て去ったりする。

“貧乏”を忌み嫌って

 

       

    f:id:Mtatibana:20160531184014j:plain

 

 

 

 

 

    

      f:id:Mtatibana:20160531121154j:plain