読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

渡り鳥がゆく

 渡り鳥がゆく < みんな家族さ 6/19 :マレーシア ジョホールバル >   



アジアの先端を走るシンガポールを目指して
渡り鳥満瑠壺は飛んだ。

直接行くと高いので、マレーシアのジョホール/バル(Johore Bahru)
Senai International Airportにバタバタ飛んで、
そこで一泊してから陸路でシンガポール入りすると早い。
二時間で51ドル

空路だけで、乗り継ぎで行く便もあるけど時間がかかる。
六時間ほどで。263ドル
探せばきっと別便もあるかもしれない

スナイ国際空港は、こじんまりした空港だった。
入国窓口は結構長い列ができているので、別の場所で座って待っていたのだが、
列はいっこうに短くならない。

 

   f:id:Mtatibana:20160726063742j:plain


ベトナムにはまずいない腹の出た恰幅ある空港職員にきいた。
「時間かかるなぁ」
「なにしろ、指紋を採るのに時間がかかるんだ」
「え、KLではすいすいすんだけどな、MM2Hビザあるのにな」
「そうか、日本人? こっちへ来い」

かれは別室へ連れて行ってくれた。胸に勲章をつけたような
いかめしい服装の係官がにこやかに「マレーシアへようこそ」と
手続きを初めてくれた。

あれこれ日本のことを聞かれ、のんびりと手続きしてくれる。
なるほど、指紋を採るのに時間がかかった。
機械が古いのか通信がのろいのかそうなってしまう。

終えて、「又来いや」と職員達が見送ってくれた。
列はいっこうに短くなっていなかった。

予約したホテルには三通りでゆける。
直行のバスを待ったが、予想時間には来ない。
若い空港職員は「運転手は疲れているから」と当然という風。

それなんじゃぃ ? ?

仕方ないから、到着して客を降ろしたタクシーと交渉した。
「35リンギ(マレーシア通貨RM)で行ってくれる?」 「Ok」

運転手は今朝会った、Myサンとそっくり。縁起がいい。
ほとんど迷わずにホテルの前についた。メーターは37rmだけど
35リンギに負けてくれた。

空港でのタクシークーポンを買うと44rmで、

タクシー待ちも時間がかかっていたのにね。

ホテルでは愛想のいいサリムというおじさんが、あれこれ教えてくれる。
すぐ近くで夕食を取って帰るとサリムが呼びかけた。
「マルコ、一緒に食わんか」

もちろん加わるのだけど
「あれ、ラマダン(断食月)てさっき聞いたけど?」
「その時間は過ぎたからね、
ささ、これは家からそれぞれ持ってきたんだ」

 

     

f:id:Mtatibana:20160726063802j:plain


職員達が持ってきた食事をみんな分け合って食べているのだ。
マルコは指で食うマナーを教わりつつ、
二回目の夕食をご馳走になって
腹を突き出しながら部屋に戻ることになった。


レストランより美味しかったな。
なんのためらいもなく、家族として分かち合う***
 これこそがアジアの温かな智恵だ