読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

 来る道、行く道 < 最初と終わりの恋人 >   

 


男は決まって、女の最初の恋人となりたがり
女は決まって、男の最後の恋人になりたがる

どこか西洋の有名な人の言葉だった。


それで思い出したのが、東京で開いたパーティーだ。

とある事業家Kさんを祝ってびっくりパーティーを催した。

驚き登場第一弾は、Kの親しい友人の事業家Yさんと
新聞社の編集長Sさんをそっと招いていてのびっくり。

第二弾は、Nさんという謎の美女を招いて
きれいなドレスでシャナリコと登場。
マルコはかってそれで気絶したことがある。



当たった。

Kさんは感激して満面の笑みだらけだった。
滞りなく進む催しで一コマがあった。

二人でやり合っている

Y「女は絶対、ショジョがいいね」

N「そんなのはあり得ないわ」

Y「男はそんなもんだね、嫁にするのはそれがいい」と
  むきになっている

N「・・・身勝手ねぇ、フフフッ」

S「それはそれとして、Nさん、ドレスといい、妖艶ですねぇ」

みんな酒が入っているから、よけい謎の美女めいて妖艶だった。

      

        f:id:Mtatibana:20161004214526j:plain




ハハハ~ん、これだね 誰かの名言は。 世の東西を問わない。

いずれにしても、女と男の人生ドラマを永遠に描き出す大元だ。


え、マルコ?

この年になるとね、幼な帰りする。

小さな頃、姉とか妹が欲しかった。男ばかりだったから。

安定した姉か妹のようなとこが半分と、
日々成長変化(ヘンゲ)する恋人部分がのこり
いいねぇ。

毎日誕生日だから最初で最後であるし。