読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

夢見るシュトーレン

マルコは “はもの” を持っている。
母ゆずりである。

母は今なお全部自分の歯で、どんな堅い煎餅でもへっちゃらだ。
お陰でマルコは梅干しの種をかみ砕ける。

平和温室日本では、幼児用かと紛うほどのケーキだ。
軽すぎて空気を買うようやおまへんか?

    だから!
「手作りの堅~ぃパウンドケーキを食いたい」・・・

三十年来の夢が叶いましてん。

前の記事に記したように、超安値になってる小麦粉が
㎏100円位で数キロ買われて棚奥に積んでいる。
そしてその横に、こないだ手に入れた大量のレーズンと、ナッツが
たんまり控えてる。

太地の実りをふんだんにこねたパウンドケーキを、生まれて初めて焼いた。
甘さと油分控えめの800gの円盤ケーキ。

深いフライパンでゆっくりとこんがり焼いてのち、
普通のフライパンにヨッコラセとひっくり返して焦げ目をつける。
タヌキ色になり過ぎたけど、出来は合格、よろしおます。 

父も大好き堅実ケーキ。供えた仏壇でひときわ嬉しそうに笑ってる。
しばらくは、顎も体も喜ぶケーキを賞味する錦秋だ。

 

 

     f:id:Mtatibana:20161103111925j:plain

            座布団ケーキです・おこしやす

これでケーキ登竜門をくぐったつもり。

 


つぎの重厚な門はね、クリスマスのシュトーレン

ドイツで1㎏のシュトーレンを食ったことがある。
好きなマルチパン(*1)もたっぷり入っていて、身も心も目玉もため息が出た。
向こうはパンだって巨大で堅く、涙が出るほど味わい深い。

 

            

f:id:Mtatibana:20161103112044p:plain

http://www.chizuru-nakamura.com/single-post/2015/12/24/%E7%BE%8E%E5%91%B3%E3%81%97%E3%81%84%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6

 

 

これ 栄養と味100点

今回のにあれやこれや加えて、時が経つほどに味わい深くなる
マルコ・シュトーレンをドシッとつくるからね。

 

 

 


*1 砂糖とアーモンドを挽いて練りあわせた、餡のような食感のある菓子
  Marzipan 

 

       f:id:Mtatibana:20161103112149j:plain

                   ドイツの北の町特産