千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

丑の刻ごろに


夜中に起き出して

満天の星空を眺めた

やせた月も眠そう

しばらく見上げてると十二月並みの寒さに震え

マルコは冬眠に入った

寝床はぬくぬくの極楽

いつも遊びに来る

野生猫 “はな二世” は

どないしてるんだろう

   f:id:Mtatibana:20161107171236j:plain

          まもなく上弦の月
         http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/