読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

冒険少年のほのぼの

 

父が残した高枝切りバサミを担いで
山に入り、渋柿を28っこ採ってきた。

珠々だけど、皮むきついでにTVをつけたら
おもろうて、そっちに集中し最後まで見てしまった。

 

f:id:Mtatibana:20161122110509j:plain

       冒険少年 脱出島 in インドネシア

   http://www.tbs.co.jp/iamboukensyounen/


2対2のタッグマッチで
かたや柔らかモダンの<IMALUと紅蘭>組、
野性味あふれる<あばれる君とチャンピオン大毅>組。

無人島からサバイバルして、どっちが早く12キロ離れた
本島へたどり着くかの競争だ。

両組とも柔軟で知恵と体力勝負。まことに見入ってしまった。

学生時代に探検部に入ろうとしたが、
「そやなぁ、大体4,50キロ担いで・・・・」と聞くや、
極細のマルコにゃぁ死を意味すると、涙して中止した。

渡り鳥中も、ボルネオ島へは皆の反対があって出向いていない。
そんなところで、ようやるわぁ!?

IMALU&紅蘭組には最新の防災アイテムが支給され、
あばれる君&世界チャンンピオン大毅組にはナイフだけが支給される
ハンディキャップ戦やねんて。

紅蘭が錦蛇をつかみ、あばれる君達が蛇を
たき火であぶってうまそうに食うのをみて、
そや、は虫類はうまいのだと、膝を打つ。

ブルネイで気の合う坊や達と、150センチほどのトカゲを追って
食おうとしたが逃げられたなぁ。(逃げたトカゲは段々大きくなる?)

印象的だったのは、両組とも知識と体験からとらわれない発想を
複数出して試して見る勇気と、次善の策をちゃんと用意してたこと。

ほのぼのしたのは、食料係として責任を感じた大毅が夜に
眠っている魚をきっと漁するぞとでかけ、幾度も幾度も潜った。

その意気に感じたあばれる君が、大毅は冷えるだろうと
見つけたドラム缶風呂を沸かしたことだった。

苦労の末ようやく、大きな伊勢エビを突いて戻った大毅は、
身も心も温まったに違いない。

       f:id:Mtatibana:20161122110523j:plain

           大毅・これ極楽
       http://www.tbs.co.jp/iamboukensyounen/

伊勢エビはもとより、へんちくりんな貝や蛇は
共に目指す四人にとって、忘れ得ぬ思い出のご馳走だろうなぁ。