読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

 心の雪解け

来る道、行く道 毎日が誕生日

  

        爽やかな映画だった

  ∞

米国の田舎牧場で育った世間知らずのカウボーイ、
青年ボー(ドン・マレー)は21才で自信満々怖いもの知らず、
傍若無人の振る舞いをする。

ボーの親ともいえる友人のヴァージルとともに
アリゾナ州のフェニックスへ勇んで来た。
生まれて初めて都会にやって来たボーは、
腕の覚えのあるロデオ大会で大金を獲得する。

ボーは酒場の裏町歌手シェリー(マリリン・モンロー)に一目惚れ、
嫌がるのを無視して強引に結婚を決めてしまう。


人々の言葉に全く耳を貸さないボーを恐れたシェリーは逃げまどうが
友人達の協力むなしく、田舎へ帰るバスに乗せられる。

その途中豪雪にあって、とある停留所に足止めを食うのだ。
運転手が「私は船でいうと船長、乗客を守る!」ということで、
シェリーの為にボーに挑んだ。

二人は大雪の中で拳を振るい、ボーは負けた。
ボーは迷惑をかけた乗客や店の人に謝る約束だった。

ヴァージルの温かな励ましも後押ししたのだろう。
ボーは純真で一途なだけに、潔さを持ち合わせていて、
悔しさをにじませながらも周りの人、一人一人に許しを請うのだ。

初めての敗北でどうやらボーには優しさと謙虚さが芽生えてきたようで、
それを感じたシェリーは結婚を心から受け入れる道をたどるのだった・・・・

 

 ∞
印象的だった点は;


ルールをわきまえた喧嘩がいかほどに男を結びつけるか。
私らが若いときよく喧嘩したが、理解と友情を結ぶきっかけとなった。

戦った後での男の潔さ、吾が人生の師である范蠡将軍の生き様に通じる
本物の潔さに惚れぼれする。

また、心が入れ替わるといかに行動が変わって、人々によい影響を与えることか。
まるで雪解けが春を呼ぶように。


清々しいハッピーエンドの映画だった。


              バス停留所 より

   f:id:Mtatibana:20170128154801j:plain

                  ボーと友人のヴァージル
           http://ameblo.jp/jahyon2002/entry-12113864958.html