読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

みんなちがって、みんないい

               

      ∞

    わたしが両手をひろげても、
   お空はちっともとべないが、
   とべる小鳥はわたしのように、
  地面(じべた)をはやくは走れない

         わたしがからだをゆすっても、
          きれいな音はでないけど、
        あの鳴るすずはわたしのように
          たくさんのうたは知らないよ

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい

          『わたしと小鳥とすずと』金子みすず

      ∞

 

 

    f:id:Mtatibana:20170102192452j:plain
             小鳥はあなたに挨拶
       https://matome.naver.jp/odai/2144247334183273701

                   *******

 


正月にふと 父が賛辞を送っていた
詩(ウタ)を唱えてみました

薄幸なのに、高貴な詩人金子は
鈴木大拙老師のいわれる“妙好人”ではないでしょうか

市井の希有人ということです

 

 

      f:id:Mtatibana:20170102195233j:plain


人生の道すがら、高みは想像をこえているのです