読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千 年 の み ち

“渡り鳥” が描く今と未来               たちばなマルコ

米粒のつぶやき

来る道、行く道

滋賀でオニギリをのどに詰まらせて
あの世へいった若衆がいた。

ま、大食い早食いが好きなんだから
本望だろうな。ん?バチあたりだって

最後の五個目を食べていてひっくり返ったそうな。
マルコなら三個目で気絶するのに、よう頑張った!

    

    f:id:Mtatibana:20161125202206j:plain

        粒「食って死ぬ奴、食わず逝く奴」


両親から聞いた不思議な実話で、マルコは腹七分目を心がける。


 ∞

太平洋戦争の話だった。

父「わしと同じ年頃の親戚が、フィリピンに出征したんや」
マ「フィリピンって大変やったとこ?」

「ご多分に漏れずやけどな、過酷な戦いやったな

 ある晩に若妻が夢見たんや。どんなかとゆうと
 突然夫がやせ衰えて帰ってきて、涙の再会。
 その夫は目をぎらつかせ“飯!飯!”とせかすんやて」
「余程飢えてたんやね」

「そうや、大きなオニギリをガツガツ食べて、“もっと炊け”
 と云ったそうな。その時若妻は目が覚めた」

戦死公報の薄い紙がまもなく若妻に届いた。

   f:id:Mtatibana:20161125202239j:plain

      藤田嗣治画伯 (陸軍美術協会理事長) サイパン島

 ∞

その痛々しい話をよく想い出すから、三分は餓死した
若き200万戦士のためだ。
もっとも二分とか一分になるけどね。
新米はうまい・・・許せ

衣食足りても、礼節を忘する